今日はかわいい絵本をご紹介します。

 

 

とてもやわらかいタッチの絵で、表紙は上下左右で四季に分かれています。開いてみると・・・

 

 

かわいい小さな生き物と自然が描かれています。本文はとてもシンプル。ページをめくるたびに生き物と天気や季節が変わりますが、本文は同じパターンの繰り返しで、幼児さんにぴったりです。

 


絵のかわいさ、美しさに惹かれて手に取りましたが、最後まで読んでみて、英語学習の観点からみたこの絵本の優秀さに感激!


ポイントは生き物たちのいる【場所】にあります。上の写真にある ladybug (テントウムシ)は

on a flower (花の上)に。その後登場する生き物たちはそれぞれ


behind a leaf (葉っぱの後ろ

between vines (ツルの間

in a puddle (水たまりの中

by a stone (石のそば

under the ground (地面の中

 

にいます。




英語で習う単語といえば、dog などの動物や apple などの食べ物、つまり【名詞】が浮かびますね。絵で見て分かりやすく、子どもたちにとって身近なものや魅力的なものがたくさんあります。でも、名詞だけではたとえ100語覚えようと300語覚えようと、文章を作ることはできません。


なごみんの英語保育の特徴にある

「名詞に偏らず、いろいろな品詞をバランスよく」というのは、このためです。【動詞】って大切ですよね。そして、上の本にさりげなく出てくる【前置詞】は幼児英語教育の中で十分に注目されていないように感じますが、大変、大変、重要な品詞です。


「この単語の意味を覚えよう!」と思って覚えるものではなく、絵本に触れたり、普段の会話で耳にしたり、動詞とともに体を使って自然に習得できることが理想です。

 

 

この絵本は上に箇条書きにした【前置詞】を含むフレーズを歌詞にした歌もついています。お話と歌で様々な前置詞に触れることのできる最高の絵本に出会いました。


入園されるみなさんがこの絵本と出会うのも、もうすぐです。


(株)アプリコット

Picture Bookシリーズ⑤

Our Sweet Home 中本幹子著 初版2003年