疲れ目に効くツボ押し

テーマ:

秋は空気が乾燥しはじめ、目の疲れがひどくなりやすい季節です。

 また、日ごろパソコンや携帯電話を使っている人は、慢性的な目の疲労に

 悩んでいたりしませんか?

  簡単で意外に効果的なのが、目にいいツボを指圧する方法。

目をよく温めた後、とくに入浴時などの心身がリラックスした状態で

行うのがおすすめです             。

 そこで今回は、疲れ目の改善に役立つツボをご紹介します。

 

 ① 攅竹(サンチク)晴明(セイメイ)

  *目を酷使して視界がぼやけたり、ピントが合いにくい時に有効なツボです。

                                           

        *ツボの位置

            攅竹は眉頭と鼻の付け根の間で、触ると浅いくぼみを感じる部分です。

        また、晴明は目頭と鼻の間で、骨が最もくぼんでいる部分です。

       *ポイント

          中指を左右のツボに当てたら、下から上へ押し上げるように軽く刺激しましょう。

 

   ② 期門(きもん)                                                    

      東洋医学では、肝機能の低下は目の疲れにも影響すると考えられています。  

       そこで、肝機能をアップさせるツボも刺激しましょう。                  

    *ツボの位置                            

          バストのトップからお腹に向かって指を下ろしたときの、肋骨の端の部分です。                                                    

    *ポイント                                                              

         中指の腹を左右のツボに当てたら、身体の中心に向かってグッと押し込む ように刺激しましょう。                                    

 

    ③ 光明                                                  

     目の不調を改善し、ハッキリさせる効果があるとされています。

     また、目の疲れが原因の肩こりにも有効です。

                                            

    *ツボの位置 

         外くるぶしから指幅5本分上の部分にあります。

    *ポイント

          親指の腹をツボに当てたら、上からグッと押し込む様に刺激します。

 

    目の疲れの原因の一つに、ピントを合わせる筋肉の疲労があります。

     目を閉じてまぶたの上に蒸しタオルをのせると、血行が良くなり

     疲労回復に効果的です。