今日はFC伊勢志摩、白井選手のコンディショニングを行いました。

 

 今回は股関節の動きの改善を中心に行いました。

 

 公式戦に良い状態でプレーしていただけるように今後もサポートしていきたいと思います。

 

 

【タイトネス評価】

コンディショニング前

 FFD(床と指の距離):0㎝ SLR(ハムストリングス):右65°左65°

 HBD(臀部と踵の距離):右7㎝ 11

 股関節内旋:右30°左30° 股関節外旋:右35°左35°

コンディショニング後

 FFD(床と指の距離)0cm  SLR(ハムストリングス):右90°左90°

 HBD(臀部と踵の距離):右1㎝ 左3

 股関節内旋:右45°左45° 股関節外旋:右55°左55°

 

              【側面像】

重心が前方と骨盤前傾位(黄色:体幹軸 赤色:大腿軸)。骨盤前傾をできる限り戻すことでハムストリングス・大腿四頭筋のタイトネスの改善。

 

               【正面像】

 骨盤が右に捻じれ(矢印)、身体が少し右に傾いている。股関節の動きを良くしながら、できる限り重心を中心に近づけて身体の傾きを直す。