先日、2/10にコンディショニングを行った、41歳市民ランナーの選手が3/25日に行われた、第16回おおだいチャミーマラソン大会男子の部で優勝し、報告に来てくれました。

 

 コンディショニング後も比較的調子の良い状態を維持し、良い結果につながってくれたと思います。

 

 

 今後も、少しでも良い結果が残せるようにサポートしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 2/20のコンディショニング時の写真です。

 

                    【側面像】

骨盤前傾位(矢印黄色:体幹軸 矢印緑:大腿軸)あり。骨盤部・股関節・肩甲骨の動きを改善し、骨盤前傾位をできる限り戻すことで柔軟性の改善あり。

 

                    【正面像】

 身体が少し右側に傾いている。重心をできる限り中心に戻し左右差をなくす。

 

 

 

 

【タイトネス評価】

コンディショニング前

 FFD(床と指の距離):0cm SLR(ハムストリングス):右70°左70°

 HBD(臀部と踵の距離):右0㎝ 左0

 股関節内旋:右15°左15° 股関節外旋:右45°左45°

コンディショニング後

 FFD(床と指の距離):0cm SLR(ハムストリングス):右90°左90°

 HBD(臀部と踵の距離):右0㎝ 左0

 股関節内旋:右40°左40° 股関節外旋:右55°左55°