第44回語らいカフェを開催しました! | あけぼの流『みんなの幸せ』ブログ

あけぼの流『みんなの幸せ』ブログ

あけぼの会のマスコットキャラクター
花火の妖精『花太郎』が
あけぼの会からのイベント情報、取り組み、日々の出来事をご紹介しています。


テーマ:

テーマ:

 

大仙市 社会福祉法人
介護老人保健施設 なごみのさと
歩行と言葉のリハビリ空間なごみ
なごみ保育園
デイケア デイサービス 訪問リハ 居宅介護支援事業所

 

 

 

H31年1月19日(土)

第44回 『語らいカフェ』開催致しました!

お寒い中8名の方にご参加いただきました(*゜▽゜ノノ゛キラキラ

『語らいカフェ』とはあけぼの会での『認知症カフェ』の事です。

「認知症について地域住民、専門職等の誰もが参加でき、集う場」であり、

沢山の方にご興味を持っていただけるよう『認知症カフェ』でなく『語らいカフェ』としております。

 

 

今回は「運動と食事」をテーマに

身体を動かしたり、おやつを食べたり、お話したり、

和気あいあいな時間を過ごしました。

 

黄手足を使って旗揚げゲーム!

青マッサージの秘訣を教えあい、和気あいあいな様子笑顔

耳のマッサージも気持ちが良いですねキラキラ

 

本日のスウィーツは…

青旬の果物『いちごゼリー』でした!

酸味と甘みが見事にマッチしていてGOODでしたラブじゅるり

 

桃絵を見て連想音譜 昔の遊び・思い出語らいタイム

「こんなことを校庭でしていたね!」などと思い出話に花を咲かせました!

世代が違っていてもこんな遊びをしていたのかと知るきっかけになりました。

このように、昔の生活の絵を見て語らうことは

『回想法』と言って、認知症の方に効果的な療法になるそうです。

 

 

認知症の患者は昔のことについては覚えていることが多いので『回想法』によって

昔のことを思い出そうとしたり、他者と「話す」「聞く」といったコミュニケーションを図ったりすることで

自然と記憶力や集中力などが使われ、脳が活性化されます。

 認知症の症状の進行を遅らせることが期待できるほか、

蘇った思い出が楽しいものであるほど、心理的に安定する効果も見込めるそうです。

 

 

『語らいカフェ』は、毎月第三土曜日に開催!

次回の第45回目は、2月16日(土)『運動』をテーマに開催します!

ぜひ、ご一緒に楽しい時間を過ごしましょう!

多彩なドリンク、おいしいスィーツを用意して、

皆様のお越しをお待ちしております!

 

次回はコグニラダーキラキラで脳と身体を動かしましょう!

 

認知症チェックのテストも出来ますよ!

どなた様もぜひご気兼ねなくご参加ください笑顔

 

★=★=★=★=★=★ お問い合わせ先★=★=★=★=★=★

介護老人保健施設 なごみのさと

〒014-0057 秋田県大仙市大曲船場町1丁目1番4号

TEL:0187-86-0511
FAX:0187-86-0505

メール:nagomi@nagomi-a.jp
ホームページ:http://nagomi-a.jp/

 

 

担当・三浦ひろみ まで

 

 

 

花火の妖精『花太郎』さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス