カラオケいくの。

テーマ:
うはー。
カラオケ行くよ。

モヤモヤしたり、イマイチ疲れが抜けきらなかったりしていたのでストレスが溜まっていました。

夫氏は今日会社の人と飲みに行く予定だったのですが、それが流れたので、カラオケのお誘いにもあっさりOKが出ました。


やー。楽しみ。

歌いたい歌、アーティストさんをぶあーっとスマホのメモアプリにメモしました。
これどんな歌だったっけ?っていうのはチェックして聴き直しました。


カラオケって、行きたいなーって思った時じゃないと楽しめなくなってきていて。
高校時代とかは毎週行って行く度にプリクラ撮って、みたいな、いつも同じことしてたのにあんなに楽しかった。

大人になったんだねぇ。

仕事してからは、仕事の一環というか、会社の人と行くことが多くて。
でも、社長のいる前で社長の存在を無視して騒いだりとかしてた。
若い体育会系の職場だったしね。


とりあえず、楽しんできます。
夫氏も早く帰ってくれるって言ってたしー。


でも、今まで行っていた店がつぶれちゃって、他の店に行かねばならないのです。
それがちょっと面倒だわー。

気のいいおじさん?

テーマ:

最近ちょっと悩んでいることがありまして…。

自分的にはあまり笑える話ではなくて。

 

 

最近、知らないおじさんに声をかけられます。

ちゃんとした格好の、真面目そうな眼鏡のおじさんです。

 

 

今日、外階段の掃除をしていたら「お掃除ですか、ご苦労様」と声をかけられました。

水曜日、出かけようと思って外に出たら、「お出かけですか、行ってらっしゃい」と言われました。

 

一番初めは、「こんにちはー」と自然に声をかけられて、ちょっと前に引っ越してきた下の部屋の人だと思ったので、普通にお返事しました。

 

そのおじさんに声をかけられるっていうのが、下の人が引っ越してきた後から始まったので、ずっと下の人だと思っていたんです。

下の人には会ったこともないし話したこともないので、どんな人か知らないんですよね。実際は。

 

 

でも、「お出かけですか」と声をかけられたとき、下の人の自転車はなかったんです。

下の人は家にいないってことですよね。

おじさんは自転車引っ張ってなかったし、乗ってもいなかったし。

下の人じゃないのかも…と。

 

 

うちのアパート、道路に面していないんです。

アパートに入るための取り付け道路を通らなきゃいけないんですね。

そして、通り抜けができない。

 

だから、入ってくるのは道を間違えてたまに入ってくる車と、本当に用事がある宅配業者とか郵便配達の人、ガスや水道の検針の人くらい。

 

 

だから、何なんだろうなと思って。

 

 

駐車場が広くて舗装されているので、たまに向かいの家のお孫さんが自転車乗ってたりとかはよくあるんですけど、それは知っている人だし。

こないだ、向かいの家の小屋の陰で中学生か高校生が隠れてるのかわかんないけど、ずーっとスマホいじってたことがあって、それはちょっと怖かったですけど。

 

 

ちょっと怖いなと思っていて。

なんか嫌じゃないですか?

 

 

うちのアパートはTVインターホンじゃないので、呼び鈴が鳴ったら出なきゃいけないわけですよ。

ドアスコープから見て判断して、宗教とか新聞の勧誘だと思ったら出ないのですが、判断に困る場合もあって。

出たら、何かの勧誘だとしても追い返しづらいでしょ。

昔、新聞の勧誘の人を断ったらドアに足突っ込まれたことがあったのでトラウマです。

 

何かあったらいやだなと思って、ドアに後付けできるTVインターホンを買おうかなと思ったのですが、うちのドアの形には対応していなくて。

 

前は「出て行ってください」とかいう怪文書が来たこともあるし、もう6年くらい住んでいますが、なんか面倒くさいというか、怪しいことが多くなってきていて。

 

嫌だなぁ、引っ越したいなぁと思い始めています。

でも、お金かかるでしょ。それも嫌で。

 

 

どうしたものかしら。

どう思います?

引っ越すのが一番簡単に逃れる方法かとは思うのですが、引っ越した先で何が起こるかはわからないし。

 

悩みどころです。

ただの気のいいおじさんだったらいいんですけどねぇ。

冷凍庫の片づけをしました。

テーマ:

今日も眠いです。

 

半分寝ながらやりました。

冷凍庫の引き出しの整理。

 

 

こうなりました。

 

片付け前の写真はいつものことながらありません。

大きい袋でそのまま入っていた冷凍野菜も、同じ大きさのジッパー袋に分けて入れて、中身を書いたマステを貼ったクリップをつけました。

これで引っ張り出さなくても中身がわかります。

 

あ。チーズそのままだわ。

チーズって冷凍庫に入れておくと固まりませんか?

入れ方がまずいのかな。

袋のまま入れてるから固まるんだろうか。

 

 

この状態をいつまで保てるかっていうところですね、あとは。

これで見やすくなって、ダブり買いも減るかしら。

 

 

買ってきたものをすぐに切って下味付けて冷凍するとか、そういうことはしないと思いますが、本当はやったら便利なんだろうなーとは思う。

塩こうじに漬けて冷凍しておけば鶏むね肉もすごく柔らかいよーとか、焼肉のたれに漬けて冷凍しておけば焼くだけで便利だよーとか、よく見ますもんね。

 

でも、やらないだろうな。

 

 

うちの夫氏の実家の冷蔵庫はすごいです。

地層です。

 

こないだ、「冷凍庫の整理してたら手羽先あったから、揚げておすそ分けします」っていう連絡が夫氏にあって、もらったんですけど、10本ありました。

 

冷凍庫に手羽先10本もあったの?

おすそ分けで10本ってことは、もっとあったってことだよね?

 

おばあちゃんは、まんじゅうとか、そういうものも食べきれなければなんでも冷凍庫に入れちゃう人でした。

それで母さんが怒っているのを何度も見たのですが、ま、私からしたらどっちもどっちだなっていう感じでしたねぇ。

 

人のことは言えないけども。

 

 

今日は宅配買取の集荷が来るので、それが来たら段ボールが一つ無くなってすっきりします。

外階段でも掃くかな。

 

ちょっとイラっとするのが、隣のおばあさんが外階段のところでバッサバサと何かの埃を落とすのですが、その埃を掃除しないことです。

 

ま、するわけないなと思ってはいるけどね。

自分でやります。はい。

読書中

テーマ:
本棚の端っこに置かれていた本を読んでいます。

本屋の新井本屋の新井
1,404円
Amazon

どこで見たんだろ。
何で見たんだろ。

とにかく、どこかの何かの広告で見て、面白そうだ!と思って。
本屋さんを巡っても見つからず、そのうち閉店してGEOになるらしいという噂のある本屋さんでやっと見つけて買いました。

おこづかいが足りなくて、予備で財布に入れてあるお金を使って買いました。


なのに。


あんなに探し回って、「本屋の新井」だから本屋で買わなきゃ!とか意味のわかんないことを考えながら買ったのに、私はこの本を3ヶ月ほったらかしにしていました。

ごめんなさい。

で、やっと今読んでいるというわけ。

変わった本です。
左から開く、横書きの本です。
教科書気分ですよ。
経営学のテキストを思い出すわ。


連載をまとめたものだとのことで、1本の話は短いです。
でも、本が好きだとか仕事が好きだとか、そういうことはちゃんと伝わってきます。

スポーツ用品店でまだ働いてたら、私もマニアックな本が書けたかもしれないなぁとか思った。

「ミズノのこのグラブのオイルの匂いがいい」とか「このザナックスのスパイク、格好よくなったと思ったら、デザイナーさんが変わったんだね」とか、「このデサントの手袋、ギザギザしてるから、手袋の中で手が滑って皮が剥けるかもしれんくらいグリップが滑らないよ」とかさ。

全部当時の私がメーカーさんやお客さんと話したことです。
先輩には一時「マニア」と呼ばれていました。


そんなことはどうでもいいが。


私は小説を読まなくなって久しいのですが。

昔は、「スタンド・バイ・ミー」の映画を見たことがないといったらえらいバカにされて、本を読んだら「本出てんの?」とか言われてね、なんだよ、と思うくらい本が好きだった。

でも、この新井さんがおすすめしてくれる本なら読んでみたいなと思う。

そういえばテレビで、「こういう本が読みたい」と指定すればそれに合った本を選んでくれるお店があるって見たことがある。
いいなぁ。

「新井賞」調べてみるかな。

机の棚を片づけました

テーマ:

机の棚片づけました。

 

BEFORE

 

AFTER

 

きれいになったかな?

 

しばらくこれで過ごしてみて、要らなければまたレシピ本は撤去します。

家計簿はいつもここでつけるので、これは動かさないな。

昨日は買い物をしたのに、家計簿を出すのが面倒でつけていませんでした。

これでサボりも無くなるかな。

 

あな吉手帳とかジブン手帳は、机の逆側に開いて置いてあります。

 

 

あー。

眠い。

 

病院で先生に見せる体調管理シートには、今週の月曜日から毎日眠い眠いと書いてありました。

毎日1時間の昼寝。

昼寝は短いほうがいいのは知っているのですが、どうしても15分や30分では起きられなくて。

 

夜の睡眠に難があるからなのかなぁ。

それとも単純に疲れているからなのかなぁ。

 

 

まあいいや。

そのうち何とかなるかな。