タトゥーの近代化はいつなのか? | 不思議旅行案内 長吉秀夫
2006-02-28 01:26:14

タトゥーの近代化はいつなのか?

テーマ:タトゥー・エイジ

 著書「タトゥー・エイジ」の中で、僕は、タトゥーの歴史は、人が人として自覚した頃、つまり、人間が生まれた時にさかのぼるのではないかということを書いた。

 では、現代のタトゥーにつながる、タトゥーの近代化は、どこでおこなわれたのだろうか?

 僕は、その舞台をポリネシアではないかと考えている。

 そんなことを、僕はツバルへ行ってみて感じた。

 特に、ニュージーランドからサモアまでのラインは、強力にそれを推し進めてきたと実感している。

 ポリネシア地方がタトゥーと深い関わりがあうということは、トライバル・タトゥーの源流をたどれば、一目瞭然である。

 しかし、この、ポリネシアのタトゥーは、それまでの時代のものとは、明らかに違うところがある。

 それは、言ってみれば、意志を感じられるということだ。

 それまでの文身(いれずみ・ぶんしん)は、一言で言うならば、神と一体化するための証だったと言っていいだろう。しかし、ポリネシアのそれには、自己というものが存在しているように感じられる。

 己と家族、一族のために、命を懸けて、太平洋の荒波を、カヌーで航海してゆく時、人々は、己を見つめ、      神に語りかけ、そして、最後には、己の力で全てを乗りきって行ったのだろう。

 ポリネシアに住む人々は、全てが、そんな勇者たちの末裔なのである。

己の証としての現代のタトゥーは、彼らが生き抜いたという証から始まったのだと、僕は考えている。

nagayoshiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス