2005-10-29 03:31:33

僕らは宇宙の真ん中にいるんだよ

テーマ:タトゥー・エイジ

おかげさまで、幻冬舎から出版した「タトゥー・エイジ」が、この夏を中心に、多くの人たちに読まれているようだ。そして、そろそろ増刷されそうだと、先日、担当編集者のC氏から連絡があった。

じつは、以前に自分の本を皆にプレゼントしようと、著者扱いで数十冊買い込んだはいいが、

ズボラな僕は支払いもうっかり遅れてたりしていたのだ。

そんな矢先の、C氏の電話に、借金取りの催促と同じような反応で、電話口にでてしまった自分が情けない。

「あっCさん、久しぶり。ごめん、今月末には支払うから許して!」

と僕。

「いや、そんな事じゃなくて、タトゥーエイジが、この夏に結構売れてまして、そろそろ増刷しようかと思って、その相談の電話でした。うれしいですね!ベストセラーの兆しですよ」

僕は、一揆にハイになり、口調も一変!!

「そうですか!ありがとうございます」

出版し終わった著者は、その後は実質、成す術などなく、ただただ、書き終わった原稿の粗だけが目に映り、反省もそこそこに、次の題材に嗅覚を澄ましているものなのだ。しかし、そんな時に、読者の皆さんからの反応が伝えられると、心の奥から力が湧いてくる。

今、僕は、「移動する民」についての何かを書こうと、イメージを凝らしている。

それは、トライバル・タトゥーという、刺青のひとつのジャンルとの出会いから始まったインスピレーションだ。

人間は、いや、生物は、地球上に誕生してから、僕らの想像をはるかに超えるレヴェルで、移動を繰り返している。もしかしたら、その移動は、3次元的な移動だけではなく、時空すらも超えているように感じられる。

カルロス・カスタネダとヤキ・インディアンの呪術師であるドンファンとの対話や、僕が出会った多くのスピリチュアルな導師たちの発言などを引用するまでもなく、最近、僕が出会った、多くのITプログラマーやビジネスマンとの対話などを思い起こすと、時空を超えた己の魂の移動ハイヤーセルフとの交流について、本気でリアリティを持ち始めている人たちが出現し始めていることを実感している。もちろん、アーティストやストリートライフに生きているSexyLadyたちは、20世紀からすでに、そのことを体感していたわけだが‥

21世紀も数年が過ぎ、確実にこの世界のパラダイムは魂の領域にシフトしたようだ。

そして、そのことを肌で感じている若い感性たちが、新たな表現としてのタトゥーを刻み込み、命を張って表現している。まぁ、おおくの若者は、屁理屈などはぶっ飛ばして、ストリートに生きているのだろう。それは、今も昔も変わりはしない。

ただ、これだけは、僕は感じている。

なぜ、スピリチュアルの時代を迎えているのか?

それは、この世界の、この世での生命力が、ゆっくりと弱くなっているからなのだろう。

20世紀にピークを迎えた、マテリアルなパワーポリティクスは、東西の壁の消滅に象徴されながら、急速に力をうしなっていた。唯一のIDといての民族の主張は、新世紀に対応しようと苦しむアメリカとワールドスタンダードの価値観と対立するようにみせかけながら、命の奪い合いを繰り返し、同じ魂のレヴェルで苦しみを分かち合っている。

今、僕たちに何ができるのだろう?

そんな事に迷った時、僕はあるイメージを思い浮かべることにしている。

目を閉じて、ゆっくりと呼吸を整え、生まれてから今までで、一番きれいだった風景を可能なかぎり微細な部分まで思い浮かべる。そして、いままでで一番つらかった自分をその風景に重ね合わせ、その時のやつらかった失敗についての具体的な原因力を客観的に見つめ、そこに立ちすくんでいる自分自身を抱きしめてやるのだ。

「大丈夫、君は良い方向へ導こうとして、この袋小路に迷い込んでしまたんだね。君である僕は、しっかりと理解しているよ。」そう声を掛けながら、過去の自分を抱きしめてやるのだ。それが、僕の、僕自身に対する具体的なヒーリングの方法だ。

今の地球、そして、この次元の空間は、明らかにパワーダウンをしている。それは、善悪の問題でも、吉凶の問題でもなく、宇宙のパワーの流れの問題なのだと、僕は理解している。

だから、この現象について、過剰に怯えることも、落胆することもない。すべては、自然のままなのだ。

ジョン・レノンも、ボブ・マーレイも、そう予言していたではないか。

20世紀を潜り抜けてきたアウトローたちは、直感的にそのことを理解している。だからこそ、例えば、ロックは、今、とても心やさしいスタンスで、僕らへメッセージを送っている。或いは、徹底的にエンターティンに徹した姿勢で、ワールドツアーを行っている。そして、彼らの多くは、口々に言う。「今の日本こそ、もっともエキサイティングな場所だ」と。

ジョン・レノンは前世紀にそのことに気づいていた。そして、多くの著名なロックアーティストが、密かに日本の文化的な地域に居を移し、ダイナミックに移り変わってゆく、パラダイム・シフトを体感し、楽しんでいる。

この時期にここに生きていることを、僕たちは、もっと認識すべきである。いや、それは義務とか責任とかではなく、体感しなきゃ損しちゃうでしょ!という感覚で捉えてほしい。

「灯台下暗し」だし、自分自身のことは見えないのである。そんなことは皆わかっている筈だ。だから、反省などする必要もないし、そんな暇もない。

世界のパラダイム・シフトの中心は、今の日本にほかならないのだ。

僕らが、この短い期間のダイナミックな出来事を、どこまで感じ取れるかは、これからの地球ライフと深い関係があるのだろう。

20世紀の不良たちが、命がけで優しさの大切さを訴えている今、倫理だけでエコを感じたり、その真逆に制度の範囲の中だけで不倫やプチアブノーマルに快楽を求めたりすることには、もう、なんの意味もないことを知るべきだ。

むしろ、僕は今、ドヴォルザークの見た、20世紀の夜明けである、新世界のメッセージにリアリティを感じている。

耳を澄ませ、風を感じろ。

生物本来の緊張感を少しでも思い出し、リラックスして、人類にしか出来ない、生命の知恵とは何かを、具体的に考え、生きているうちに、そのひとつくらいは実践してみようじゃないか。人のため、地球のためとは言わず、まず、苦しみ続ける自分の魂のために。

もしも、今地球にいるメンバー全員がそれを実践したら、想像を絶する変革が起きるだろう。

人類には、それだけの能力があるはずだ。

と、そんなことを本気で思いながらも、タトゥーエイジの増刷を夢見る、秋の夜長である。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-10-26 20:58:21

まったくもう!

テーマ:スケッチ

ご無沙汰しているうちに、すっかり秋ですね。

僕は相変わらずブラブラと散歩をしたり、秋刀魚を肴に一杯やったり、そろそろ熱燗もいいかなぁなどと、呑気に過ごしています。

そう言えば、最近、あるサイトの立ち上げの手伝いをしています。

音楽関連のサイトなのだけど、結構面白くなりそうですよ。

もう少ししたら、詳しいことを伝えられると思います。

期待していてくださいね!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。