生徒らの感染が判明したり、濃厚接触者と特定されたりした場合の「出席停止(欠席扱いしない)」のは当然のこと。


もっと重要なことは

「発熱などのかぜの症状がみられれば登校させないこと」であり、

この子たちも「出席停止」つまり「欠席扱いしない」ことも絶対に必要なこと。


欠席することが成績や受験、皆勤など不利益があるようだと、無理をして出席してしまう子も出てしまう可能性もあり、初期症状の可能性があるその子から感染拡大の可能性もある。

それにそもそも社会防衛の為に犠牲"我慢してくれた人、子どもが不利益や不平等な扱いを受けるべきではない。


今はとにかく大人も子どもも

「発熱などかぜ症状がある人は外出を控えるべき」


このことは学校に通う子どもと共に、子どもを通じて家庭や保護者など大人にも明確なメッセージを発信し、呼びかけるべき。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200323-00000591-san-hlth