今日は安城市内小学校では卒業式を迎えました。


中学校の卒業式での対応と同じように、コロナウィルス感染症拡大防止など観点から、在校生や来賓など参列者を絞ったり、内容も厳選したりと例年と大きく変えての開催となりました。


ただ、臨時休校が決まった当初はその開催そのものの危ぶむ声、懸念があった中で、こうしてこの日を迎えられたことでけでも本当に良かったと思います。


もちろん私たちの参列もなくなりましたが、外からお祝いの気持ちだけを届けてきました。


個人的には今年の卒業生はジャンケンおじさん"とかみどりのおじさんとか私をよく知る、また私もよく知る子たちが多い世代だけに、正直、直接お祝いしたい気持ちは強かったですが、ただ、こうした時期でありしょうがありません。


こうして卒業式が開催され、親子、先生方とお祝い、思い出が作れたことが何より嬉しく思います。


それに地元の南部小学校の卒業生はみんなそのまま地元の安祥中学校に進学されます。


また、中学校で大きく成長したみんなの姿を見れるのを楽しみにしていますし、3年後の中学校の卒業式では今日の分も含めてしっかりとお祝いしたいと思います。


今は何かと生活も心身も大変な時期かと思いますが、こうした時期だからこそ、できること、考えること、思い出の作り方などがあります。

すべてを前向きに捉えて、強い心を持って、新しい一歩を踏み出してほしいと思います。


そのことが間違いなく将来に活かされると思います。


ご卒業おめでとう!


中学校で会えるのを、また、ジャンケンおじさん、みどりのおじさんと声をかけてくれるのを楽しみに待ってるぞ!