安倍首相が全国の小中学校と高校、特別支援学校に臨時休校を要請したことについて。


正直驚きました。

感染者が出ていない地域も含めての全国一律の休校要請に、ここまでやるか⁉︎やりすぎ⁉︎と思えましたが、

ただ一方で、今のこの時期に、理解できないわけでもなく、今は基本受け入れて、対応していくべきと考えます。


発表が昨夜。

しかもほとんどの関係者も寝耳に水。

昨夜は学校や教育委員会はその対応や決断で大変だったかと思います。

今日もそれは続くと思います。


私たちもまだ報道でしか知らされていませんし、正式には連絡はまだありません。


学校も大変ですが、同時に、これから必要な子どもたちを受け入れていく「児童クラブ」「学童保育」もその対応方針、体制整備、問い合わせ対応など恐らく大混乱かと思います。


特に連絡ない、現時点での私の考えですが、


まず、学校では、

卒業式は(縮小開催する)予定通りに、在校生はなしで、行うべきだと思っています。


保育園、児童クラブ、放課後等デーサービスは今まで通りに、年齢が低い子であること、共働き世帯など配慮、ある程度社会を維持する必要性などから、引き続き開園していくべきと考えます。


むしろ、夏冬休みなど長期休み同様に、朝から一日開所することを早急に検討し結論を出し、その体制に務めていくべきだと思います。


ここまではさほど難しくない対応かとは思います。



そして、ここからは独自の対応になりますが、今回は国からは小中高校の休校要請でしたが、安城市としてプラスの独自の判断としては、小中高と同様な理由で幼稚園においても春休みを前倒しした、準じた形で休みにするべきだと思います。(但し、預かり保育利用者には配慮するべき)

このことにより小中高同様の感染拡大防止と共に、幼稚園の保育士、教員を児童クラブの一日実施の人員に振り分けることもできます。


そして、ここからは難しいかもしれませんが、できれば、学校という施設を使って、市長の責任により、低学年やひとり親家庭、その他必要とする子どもたちを預かることも本来必要かと思ってます。


もちろん、人数の制限、距離など濃厚接触や感染対策は万全にした上でです。



あと、今回のことについても、もっと正しい情報、理由を説明するべきだと思っています。


今回のことは、もちろん子どもたちの感染防止など健康や安全を一番に考えてのことではありますが、


同時に、重要なポイントは「集団感染」を出さない為です。

一般的に集団感染が起こりやすい場所として、医療機関(病院)、学校、電車と言われいますが、その中で子どもたちの健康や安全も含めてこの学校での集団感染のリスクを無くしたことにあるかと思います。


今の時期、段階で、社会全体でコロナウィルス対策として重要なこと、必要なことは、


感染拡大を抑えて、流行のピークを遅らせ、医療体制の整備等のための時間を確保

すれ。

流行のピーク時の患者数等をなるべく少なくして医療体制への負荷を軽減するとと

もに、医療体制の強化を図ることで、必要な患者が適切な医療を受けられるようにす

る。

こうしたことで医療崩壊や社会パニックを防ぎ、適切な医療の提供により重症者数や死亡者数を減らす。

ことです。


そうした意味では、今回のことも、今の時期にすることで(もちろん遅いという指摘はある)一定の効果があるかと思います。


あくまでも、集団感染など感染拡大を抑えて、ピークを抑えて遅らせることが目的で、

決して「感染者をゼロ」にすることではないかと思いますし、実際に感染者をゼロにすることは不可能です。

実際に休校にしても、家族などが感染をすれば子どもも当然感染する可能性は高いわけですから。


繰り返しになりますが、今回の対応の一番の意義、狙いは集団感染など感染拡大を抑え、ピークを抑えて遅らせること。


感染は抑えることはできても、すぐにゼロになることはないかと思います。


こうした中で医療や社会が受け入れられれ程度に抑えて、共存していく必要があります。

その医療や社会の「耐性」が必要であり、耐性をつくり共存していくことになるかと思います。


その為のことであり、そこをしっかりと国民、社会にも説明し、正しく理解してもらう必要があります。


感染をゼロにすることではないことを正しく説明、理解してもらわないと、

子どもの健康や安全だけで(もちろんこのことは重要ですが)全国一斉休校したとなると、


恐らく休校明け、春休み明けの4月になっても、感染者がゼロになっていない、感染リスクがゼロではない、もっと言えばあってはほしくはないが今以上に感染者や重症者、死者が増えた場合に、

より感染リスクが高い中でこの「休校をやめる理由がなりたたなくなります」


あくまでも、今のこの時期に、今述べてきた理由により、休校にしたと、正しく情報を提供、説明していく必要があります。


誤った情報、間違った理解、認識、価値観が広がるとよりより社会が混乱してしまいます。


このことに限らず、今までも、そしてこれからも、適切に、丁寧に、正しい情報提供、説明し、正しく理解してもらうことが求められるかと思います。


この全国一斉休校はある意味同時に、国民の危機意識が高めた、ある意味そうした意義もあるかと思います。


私自身、市役所でいても管理職職員ですら、直接の担当でない限り、危機感の低さ、薄さを感じています。


このことを感染の拡大と同時に危惧しています。

だから、私自身、こうした危機意識を高めると共に、危機対応について個別に対応にあたっています。


今は有事、国難、つまりは大規模災害時と同じような状況です。

ただ、地震や風水害、また戦争などと違い、「目に見えない」ことから、なかなか実感、イメージが湧かない災害でもあり、こうした中で危機意識を持ってもらうことが難しいかもしれませんが、大規模災害時と同じような状況です。


こうした状況と理解して頂き、多少の不便や不都合なこと、混乱はあるかと思います。

ただ、そのことを理由に大きな方針、やるべきことを見失うことなく、この不便や不都合をどうしたら解決できるかを、まさに、国民、地域あげて知恵を出して、協力していければと思います。


例は適切ではないかもしれませんが、大規模地震や風水害など大規模災害時には、今までそうしてきたかと思います。


私は日本には、安城市にも、そうした社会秩序や人の優しさ、強さ、賢さがあると思っています。


最後にこのコロナウィルスには、


自分が感染しないことも重要ですが、

同時に、いやある意味それ以上に、


「いかに人に感染させないか」


大切な人を守る為に、心掛け備えてほしいと思います。


批判や検証は後からできます。

そして時計の針は戻すことができません。


とにかく今は、前向きに皆さんで力を合わせていきたいと思います。