3月定例議会に向けて、昨日の一般質問通告、そして今日の議会運営委員会を経て議事日程等が決まりました。


この3月定例議会の一般質問では当初予定していました質問から変更して「新型コロナウィルス対策について」だけで全て質問することにしました。


まさに今は、有事、国難でもあります。

そして、そんな中で地方自治体としても、市民の生命、健康を守る為に、やるべきこと、やれることがあります。


ただ、質問する日がまだ先であり、本来は直ぐにでも質問というより、協議や提案ができないもどかしさを感じているのも事実です。


質問時には少しでも明るさが見えることを願いながら、その時の状況、対策、必要なことに合わせて質問したいと思います。


今日の議会運営委員会では、このコロナウィルスに対する当面の安城市議会としての対応も決まりました。


1 発熱、風邪の症状がある議員は、定例会を欠席し、自宅での静養に努める


2 3月定例会におけるマスクの着用


3 傍聴の自粛の呼び掛け


4 卒業式や地域の集会など、多数の参加者が見込まれる各種行事への出席の自粛


そして、今日、高校や中学校から、卒業式への来賓出席の取りやめの連絡もありました。


他にも今日だけで、個人的にも、会議や各種イベント、飲み会等が中止や延期の連絡がありました。


観戦予定だった、34日のプロバスケットボールチーム「シーホース三河」の試合も延期になりました。


ご案内していました3月15日の「橋下徹 講演会」も延期のご連絡がありました。


様々なことが延期、中止になり、残念の気持ちもありますが、今は、有事であり、とにかく感染拡大を防ぐためにも必要なこと、賢明な判断だったかと思っています。


悲観ばかりするのではなく、こんな時しかできないこと、こんな時だからできること、考えることができることなど、この時間を前向きに捉えたいと思います。


私の一般質問は39日(月)15時頃の予定です。

議会ての傍聴は自粛をお願いしておりますが、ネットのLIVE中継はされますので、こちらでお聞き頂けたらと思います。