今日明日と開催されています「安祥文化のさとまつり」に行ってきました。


安城市歴史博物館、市民ギャラリー、埋蔵文化財センター、安祥城址公園の一帯の総称を「安祥文化のさと」と言い、美術と歴史を気軽に楽しめる文化ゾーンになっていますが、毎年この一帯で開催されるおまつりです。


同時開催でお隣の安祥公民館では「市民陶芸まつり」も開催されています。


毎年土日の2日開催ですが、昨年は台風で2日目は中止、初日もステージなどが中止等あめに祟られましたが、今年は保育園の運動会同様に打って変わっての晴天の下で開催できました。


ただ今年は歴史博物館が改修工事の為、最初から今日1日だけの開催になっています。


一昨年から今までのみたらしだんご、ポップコーンなど模擬などに加えて、癒し体験、キッチンカーなどの「マルシェ」的な要素も加わり、内容が充実、会場も賑やかに雰囲気も変わり、来場者がより楽しめるようになっています。


今年は何かのウォーキングイベントと重なり今まで以上に多くの人で賑わっていました。


「見る、学ぶ、遊ぶ」がテーマのこの「安祥文化のさとまつり」です。

私自身は様々な文化に触れつつ「食文化」を一番楽しみ、ゆっくり過ごしてきました。