交通安全に対する市民要望の現地確認へ。


こうした気になることや市民からの要望等にはほぼ現地、現物、現認の「三現主義」を大切に、現場に足を運ぶようにしています。


また様々な市民の声などに対しても、単なるメッセンジャーボーイになるのではなく、まずはいろんな人や角度で事実などを調査し、事実の裏側にある真実や本質的問題を掴むように心掛けています。


それを腹に落として、自分の言葉や想いで政策としたり、関係部署等に働きかけれるようにしています。


やはり生の声、現場の声、そして現地現物現認でしかわからない、空気や温度、厚みや深さなど、事の本質に気づかされることがたくさんあります。


やはり現場第一主義が大切です。