ふざけるな!


体育館で一市民として単に手続きしていたところ、ある議員に偶然、遭遇。


「永田さん、また、クレームつけにきたんですか!?(笑)」


は!!??


クレーム!?


私は今まで単なる言いがかり的な“クレーム”などつけたことはない。


市議として市民の為に、市民の味方になり、市民に寄り添い、おかしなこと、理不尽、不条理不合理なことには正当性を持って、強く、時に厳しく指摘してきたのは事実。

ただ、それは市議として当然のこと。


それを人を“クレーマー”みたいに言いやがって!


半分冗談で、軽い気持ちで言ったのだと思う。

悪意はないとも思う。


ただ、言っていい冗談と、悪い冗談がある。

私にとっては政治姿勢や生き方そのものを汚されたようなもの。



それに、別に期数が多いことを日頃からどうこう言うことはないが、この際だけは言わせてもらうが、期数も若く、経験や知識や情報が違うにも関わらず、よくお前、言えたな!!

礼儀知らずにも程がある!


それに冗談であってもそう思っているのは事実だろう。


人をクレーマー呼ばわりする前に、人の顔色見て二枚舌三枚舌、八方美人、風見鶏と、おかしいこと、間違ってることすら、まともに言わずにそれこそ議員の責務を果たさない人には少なくとも言われる筋合いはない!


嫌われかいようにと、善悪より損得を考えて、議員として正しいことを言わない、言えないなら、まだ、ある意味市民に寄り添うクレーマーのがまだましだわ。


私はいつもそうだが、基本的には自分からケンカを売ったことはない。

基本的には自分の進むべき道を拒まなければ、他人のことには干渉したくないタイプ。

個人の自由や自主性を大切にするタイプ。


ただ、売られたケンカは買うし、いっつもそうだが、こうして吹っかけておいて、売った側ではなく、買った側ん非難してくる。

だったら、最初から売ってくんな!


お前こそ、人の政治姿勢や生き方にクレーマーだわ。

そのクレーマーにほんと腹がたつ!!


ふざけるな!