お隣、西尾市で珍しいトンボロ現象が見られる、東幡豆海岸、トンボロ干潟へ行ってみました。


トンボロ現象とはふだんは海で隔てられた陸地と島が、干潮の時にのみ、隔てていた海底(砂州や瀬)が現れる現象です。


愛知県でトンボロ現象を見ることができるのはこの東幡豆海岸だけであり、干潮時にはトンボロ干潟の先端にある無人島の前島(まえじま)へ歩いて渡ることができるみたいです。


ただ、潮干狩りシーズンはこの海岸に入れるかと思いますが、シーズンオフは海岸には入れず渡ることもできないのか、少なくとも今日は海岸に入ることも、干潟を渡ることができませんでした。


今日は干潮時のトンボロ現象と潮が満ち海面の状態両方見ることができましたが、いつかこの干潟を渡ってみたいものです。