この度の立候補しました「安城市長選挙」において、落選しました。


力及ばず、大差での敗戦は、全て私の力不足によるものです。


まずはこの選挙でお支え頂きました皆さま、応援頂きました皆さまに改めて感謝と御礼を申し上げます。

そして皆さまの期待をいただきながら結果が出せなかったことを本当に申し訳なくお詫び申し上げます。


ひとえに、私の市長として、政治家として、魅力や資質がなかったとものと、自らのふがいなさを感じています。


ただ、何度も申し上げてきましたが、今回の選挙では支えて下さったボランティアやスタッフの皆さまのお陰で、何ひとつ不満もやり残したこともなく、本当に満足いく戦いができました。

本当に理想とする選挙ができました。


また道行く車や人からたくさんの力強く温かい応援の言葉をかけて頂きました。


本当に幸せな選挙戦、幸せな1週間でした。


選挙では破れはしましたが、今だに1番心ある素晴らしい仲間や温かい市民に支えられ、1番理想とする素晴らしい選挙ができた、1番幸せな候補者だったと自信と誇りを持っています。


これらは私の一生の宝であり、誇りであり、忘れることはありません。

本当に感謝と御礼を申し上げます。


選挙戦そのものには全く悔いはありません。

だからこそ、お支え頂いた皆さま、応援やご期待くださった皆さまの想いや気持ちにお答えできなかったことが、ただただ申し訳なく思います。


今後については、今はすぐに決められる状況にないので、先程申し上げましたが、この選挙結果を踏まえて、市民の皆さまから政治家として必要とされているのか、また、どんな道があるかなどを含めて家族や仲間の皆さんと相談しながら、じっくり考えて決めたいと思います。


まずは、改めて、多くの皆様にお支え頂いたことに心から感謝と御礼を申し上げ、そしてご期待に応えられなかったことに心からお詫び申し上げます。


ありがとうございました。