長島有里オフィシャルブログ Powered by Ameba

長島有里オフィシャルブログ Powered by Ameba


テーマ:

年内最後の12月定例会が始まっています。


今回は国民健康保険料の改定の議案や緊急財政対策に伴う特別職職員の減給の議案など重たい内容の議案が多く、また議会としても一定の削減案をまとめなくてはならず、日々神経を使いながら仕事をしていますあせる

 

さて、もう出尽くした感もありますが、熊本市議会の子連れ議会についてニコ

 

逗子市議会議員の間でもやはり話題にのぼっています。

 

あれはアリかな?ナシかな?

 

同じようなことが逗子市議会でも起きたらどうしようか?

 

などと雑談の中で話をしております。

 

ほとんどの地方議員からすると、やはり〝ナシ〟という意見になるのだと思います。

 

なぜならば、議会のルール=会議規則というのは重たいものです。

 

議員みんなでつくりあげた議会運営の約束事であり、席順から日程、持ち物、発言の仕方などなど。

 

あらゆることがこの会議規則で細かく決まっていますビックリマーク

 

{D022EC59-B758-4161-966C-7EEFE984FB59}

(会議規則にないものはこうした議会運営の本を参考にしたりもします)

このルールがないと、例えば一人が時間を守らず延々と質問をしてしまったり、表決したのにやっぱり今のはやーめた、と変更してしまったり、と議会そのものが成り立たなくなってしまうおそれがあります。

 

条例や法律にのっとったものではないけれど、会議規則に何か付け加えたり、変更したりする場合は、議会の議決案件になるほど、重たいルールなのですねにやり



私もかつて、平成19年に次女を出産する際、それまでの逗子市議会史上初の出産をする女性議員であったため、会議規則の欠席の理由の中に『出産』という文言を加える必要がありました。

 

そのために、全議員に話をしてまわり、ご理解をいただき、議員提出議案として提案をし、全会一致で可決して変更しました。

 

{73DAB8F7-DC64-4EB5-9659-E5D5D2553E12}

裏話としては、すんなりとはいかずにとある長老男性の元議員の方から「公人なんだから公務は休むべきでない・・」というようなニュアンスで難色を示されたので、そこは膝談判をして、ごりごり丁寧に笑ご説明し、ご承諾していただきました。

  

このように、若い女性議員が圧倒的に少ない地方議会では、出産や子育てといったことを想定していない会議規則になっている場合がほとんどなのではないでしょうか。

 

 

というわけで、こういうことを踏まえると、本来であれば緒方市議は、全議員の合意を取り付け、会議規則の変更をした上で、乳児を連れて本会議場に入ることが適切であったといえます。

 

 

さて、では私の意見ですが、私は今回の彼女が取った行動は〝アリ〟だと思います。

 

 

なぜならば、多分これは私の推測ですが、正攻法でいってもご本人が望んだように議会が変わるまでにはかなりの時間と労力がかかるな、と判断したのではないでしょうか。

 

 

ルール違反になるかもしれなくて、批判も殺到することを見越した上で、適切ではないかもしれないけれど、前例にないパフォーマンスを行うことで世論に一石を投じ、これだけ短期に広く議会のあり方、子育て議員の働き方について問題提起ができたということは、とても意義のある行為であったと私は思います。

 

もしも、私が熊本市議会の議長であったならば、私が赤ちゃん抱っこしてますので、今日はとりあえず議事進行します~にやり赤ちゃん🍼としたいところですね。

 

その方が、熊本市議会議長の神対応となって、全国に熊本市議会は子育てしやすい街アピールができますし。


20年後、もし緒方議員が議長になったとしたら、赤ちゃんを産んだばかりの若いママ議員が議場に赤ちゃんを連れてきたら、やさしく抱っこして昔はね大騒ぎになったのよ、とこの時のことが笑い話になったらいいと思います。

 

その頃にはタブレット議会があたり前で在宅でも議会にビデオチャットで参加できるようなそうした議会もつくっていかなくてはですね。

 

いずれにせよ、今回の件をきっかけに全国の地方議会で子育て中の議員が議員活動しやすい会議則の柔軟な見直しがはかられるとよいかと思います。

 

批判するのは簡単です。

 


大切なのは、そこから対案を考えていくこと。

 


熊本市議会としても、処分だ、懲罰だ!ではなくて建設的なお話し合いがなされることを注目しています。


 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

長島有里さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「ブログ」 の記事

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース