「ビルボードクラシックスフェスティバル2018」に行ってきました | 女性社労士 長沢有紀の believe in myself ~自分自身を信じて~
2018-09-28 19:10:38

「ビルボードクラシックスフェスティバル2018」に行ってきました

テーマ:映画・DVD、コンサート等

またまたコンサートに行ってきました音譜


「billboard classics festival 2018
 in Tokyo」

東京フィルハーモニー交響楽団&クワイア(合唱)
総勢100名余と共演の豪華舞台キラキラ

 

八神純子、NOKKO、辛島美登里、
Crystal Kay、福原美穂、手嶌葵、川井郁子

 

 

image


会場は「東京文化会館 大ホール」
この大きな会場で、2列目ほぼセンターを取りましたビックリマーク
ちょっと優越感です口笛


舞台まで近くて見上げてしまう席ですが、
自分に向かって歌ってくれているようで、
シワもネイルもはっきり見えますし、最高の贅沢です照れ


image


この数ヶ月で見に行ったコンサートは


山崎まさよし→徳永英明→杏里→ビルボードクラシックス2018




若かりし頃、あるバンドのコンサート数回
数年前、葉加瀬太郎
最近 特選落語会
(三遊亭円楽 林家たい平 二人会)

 

 

こんなに行くのは、今年限りだと思います。
突っ走り、そしてそのうち熱が冷めるタイプです。

恋もそうですが…爆  笑爆  笑

 


みんな、歌が上手というか凄すぎました。
はじめて知った人もいましたが、名曲の連続ですラブラブ
(川井郁子はバイオリニストです)

コンサートは、プロの歌唱力をもった人のに行きたいです。


八神純子「みずいろの雨」「パープルタウン」「明日の風」

手嶌葵「テルーの唄」「東京」「La Vie En Rose」
川井郁子「チャールダーシュ」「エル・チョクロ」

辛島美登里「サイレント・イヴ」「愛すること」他
Crystal Kay 「恋におちたら」「Kiss」「Forever Young」

福原美穂「THANK YOU」「Oh Happy Day」他
NOKKO「フレンズ」「人魚」「卒業写真」

 


このオーケストラの中に、私のバイオリンが入ったら、

きっと誰よりもすごいだろうな

誰よりも目立つだろうな

退場かな?なんて考えていました笑い泣き


どの曲がよかったかというと、

本当に甲乙つけがたいのですが、

辛島美登里「サイレント・イヴ」
(この曲を聞いて、何度ないただろうか…ナマで聞けるなんて)

 

そして、すごい人の中でもさらにすごい
コンサートのラストの曲

NOKKO「フレンズ」は、鳥肌が立つ感じです。

 

 

上手い人は、
CDで聞くより何倍もナマの方がすごいことが、
コンサートにいくようになってわかりました。

 

 

最高に贅沢なな時間です。


※最高に贅沢な時間といえば、近くの日帰り温泉にいって
旅行に行ったと錯覚するのもいいですドキドキ


温泉だけなら、ヘタなホテルよりよほど豪華ですしね。
それで食事までしたら、完全旅行気分。
定食屋や居酒屋程度の食事しかないですけど…あせる

 

長沢有紀(社会保険労務士)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]