長崎に住んでいる私たちにとって、とても大切な1日。

 

 

 

8月9日は登園日でしたニコニコ

 

 

 

久しぶりに、たくさんのおともだちが、登園してきてくれましたよ晴れ

 

 

 

みんなの元気な笑顔を見ることができて、先生たちは嬉しくなりましたニコニコ

 

 

 

10時50分から、平和についてのお集まりが始まりました。

 

 

 

平和???

 

 

 

どんなお話が始まるのか、何となくわかっているおともだち。

何の話だろう?はてなが頭の上に浮かんでいるおともだち。

 

 

 

園長先生が、おともだちにもわかるように絵本を読んで下さりました。

 

 

 

「あの夏の日」という絵本でした。

 

 

 

74年前の8月9日の長崎で何が起こったのか…

 

 

 

おともだちは、真剣に絵本を見て、聞いていました。

 

 

 

 

戦争ってわかりますか?

 

 

園長先生が聞くと、あるおともだちが「戦い」と答えました。

 

 

 

「戦いや喧嘩がなくなるためにはどうすれば良いでしょうか?」

 

 

 

おともだちはみんな一生懸命、考えていました。

 

 

 

園長先生が続けました。

 

 

 

「1番大切なのは、喧嘩をしたときに、仲直りをすることです。」

 

 

 

おともだちは、真剣な表情で頷いていました。

 

 

 

11時2分…

 

 

 

黙祷。

 

 

 

ひとりひとりの小さな心がけで、平和は守られるのかもしれません。

 

 

 

お子さん方がおうちに帰ったら、幼稚園で読んだ本や、聞いたお話について、話を聞いてみて下さい。

 

 

 

お子さん方が生きるこれからが、平和な世界でありますように。