早いもので公演が終わり、1週間ルンルン

51人の子どもたちが参加してくれた、先週金曜日のワークショップも、盛況で嬉しい悲鳴😆夏休みの間に再び体験を希望しているお友だちも多く、ぜひ来年一緒に舞台に立ちましょうね💚と、強く強く願わずにはいられません!

さて、第16回公演となったピエロ「ピエロ人形の詩」ピエロは、なんと!!過去最多のお客様をお迎えすることができました。


昼夕2回公演で、1,294人のご来場!!

地域の方々をはじめ、遠方からも観劇に来てくださり、ほんとうにありがとうございましたラブ当日の打ち上げで、その人数を聞いたときは、びっくりしすぎてびっくり、一瞬の静けさのあと、大人も子どもも大歓声!!拍手の音がしばらくやみませんでした。ほーーーんとうに、ありがとうございました😊

ご来場いただいた方からのアンケートに書かれている言葉は、来年にむけてレッスンを励む子どもたちにはがんばる気持ちを、そしてそんな子どもを支える父母にとってもさらなるカンフル剤になりますおねがい

嬉しい気持ちを忘れずに、これからも楽しく、まじめに、ステキな時間を過ごしていきたいと思います!

先生方と喜びの1枚!
流山子どもミュージカル、恒例になりつつある「変顔」写真!ここで恥ずかしがっていては、ダメダメw
主宰の青砥先生(後列中央)と、歌唱指導のかおり先生(2列目右端)、次週からダンス指導の中沢先生(2列目左端)がかわいい笑顔なのは、、、ニヤリ

この日をもって退団する子もいたので、みんなで笑って爆笑泣いてえーん、1日を通してさまざまな表情を見せてくれた子どもたち。素直な気持ちがそのまま育っていくよーに、父母もバックアップ頑張りますグラサン