8月29日(水)に、特別老人養護施設「美晴らしの里」で慰問公演会をさせていただきました!


30分ほどの発表の中で、流山KMのことや練習の様子を知ってもらい、先月上演した「ロビンソン*ロビンソン」の紹介と歌を披露しましたルンルン


子どもたちの立っている位置から観てくださっている皆さんとの距離がとても近く、すごく温かな公演会ラブラブ
発声練習では手拍子を、説明には相づちをしてくださって、フロアの一体感がすごかったです!
「見上げてごらん夜の星を」や「ふるさと」の利用者さんが知っている曲も歌いました流れ星
一緒に口ずさんでくれる方や涙を拭きながら見てくださる方もおねがい



最後に子どもたちから利用者さん一人ひとりにメッセージカードをお渡しし、手を振っての退場。
「上手だったよ」「ガンバってね」と声をかけてもらって、観ているこちらまでうれしい気持ちになりましたピンクハート
子どもたちも舞台での公演とはまた少し違う喜びを感じられたのではないでしょうかウインク

短い練習期間で準備をした子どもたちでしたが、3回のステージを集中してしっかりと努めましたよ!
初めてのイベントでドキドキした子たちもいたはずですが、ニコニコの笑顔でよくがんばったと思います!!

また、公演会の機会をくださった方々、設営の準備や利用者さんの移動をしてくださった施設スタッフの皆さま、本当にありがとうございましたキラキラ
子どもたちもとてもいい経験をさせていただきました!