どうしても眠りたいのに1日3時間しか眠れない不眠症だった人間が2週間で6時間以上寝れて朝スッキリ起きれる安眠術

どうしても眠りたいのに1日3時間しか眠れない不眠症だった人間が2週間で6時間以上寝れて朝スッキリ起きれる安眠術

眠りたいのに1日3時間しか眠ることができず、ストレスが溜まりまくって鬱になりかかり、不眠症だった私が、2週間ほどで6時間以上のしっかりとした睡眠を取ることができ、朝をスッキリと迎えられるようになったメソッドを書いていきます。


テーマ:

こんにちは、スリープです。

 
 
 
 
今回は、
 
何色の寝具を利用すればよく眠れるか?」
 
ということについて、書いていきたいと思います。
 
 
 
あなたもこれを読むことで、
 
 
それぞれ適した寝具の色分けができるようになり、
 
快眠にまた一歩近づくことができるようになります!
 
 
 
逆に、寝具の色に全く気を使っていない状態だと、
 
あなたの眠りを今後ますます阻害してしまうかもしれません…。
 
 
 
しっかりと合った色を選んでいってくださいね!
 
 
 
 
それでは、本題に入っていきましょう。
 
 
私たちは日頃から様々な色に囲まれて生活をしていますが、
 
それぞれの色にはイメージがあり、
 
 
 
心理的に影響を及ぼすものだとは、
 
すでにお分かりのことと思います。
例えば、赤色を見ると神経が興奮したり、
 
 
緑色を見ると落ち着いた感情になったり、
 
 
黄色を見ると気分が明るくなったり…
 
 
 
 
様々な心理効果があると思います。
 
 
 
 
アメリカの企業であるTravel lodge社が行った、
 
 
 
2000件の家の内装や寝具など、
 
 
寝室に使われている色や生活習慣を調査したところ、
 
 
 
色によって睡眠の長さが異なることが発見できたそうです。
 
 
その結果がこちらで、
 
 
一位   青色   7時間52分
 
二位   黄色   7時間40分
 
三位   緑色   7時間36分
 
 
 
四位   銀色   7時間33分
 
五位   オレンジ色   7時間28分
 
 
六位   赤色   6時間58分
 
七位   金色   6時間43分
 
八位   灰色   6時間12分
 
九位   茶色   6時間5分
 
十位   紫色   5時間56分
 
 
 
という結果が出たそうです。
 
 
 
睡眠時間が最も長かった色は
 
青色、黄色、緑色で、
 
 
 
逆に最も短かった色は
 
紫色、茶色、灰色
 
 
だったそうです。
 
 
カラーセラピーの専門家によると、
 
 
紫色は、
「創造性や無意識の思考を刺激する」
 
 
色だそうなので、
 
 
気持ちをリラックスさせることに関しては、難しいのかもしれません。
 
 
 
想像していただけると分かると思うのですが、
 
紫色の寝室と青色の寝室を比べた場合、
 
 
 
青色の方が寝やすいイメージがありますよね。
 
 
このように、
眠りが浅いと感じている方は、
 
 
もしかしたら睡眠に向かない色の寝具を選択してしまっている可能性が高いです。
 
 
しっかりとあなたに合った色を調整して選び、
 
 
より快眠ができるよう、気をつけていきましょう!
 
 
 
 
 
 
今回は、
「何色の寝具を利用すればよく眠れるか?」
についてご紹介しました。
 
本記事は以上になります。
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました!
 
 

安眠について、

より深く、詳しい情報を知りたい方は、

是非、こちらのメルマガに登録をお願いします!

 

https://form.os7.biz/f/0b844b48/

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス