流じゅーざの『日韓・朝韓』

「にっかん・ちょーかん」ペースで朝鮮関連とオレの住んでいる「タイ」の話題そして女の子の話題を発信します♪
前ブログ「☆正面からぶち当たって見る韓国☆」が閉鎖されたのでこちらで再開です♪


テーマ:

読者登録してね

「いいね」、「リブログ」、「ペタ」大歓迎です( `ー´)ノ

 

【本ブログでは基本「青い文字・文章」は引用です。ご注意を。】

 

【八重山版】http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

【沖縄本島版】http://www.shimbunonline.com/latest/yaeyamahontoban.html

 

『新聞オンライン』アプリ配信開始!

スマートフォン・タブレット端末で閲覧できます! 

   〈 iOS版  App Store      〈 Android版  Play store 〉

 

 

バンコク在住のじゅーざです。

 

以下、本題です。

 

昨日行われた将棋の「電王戦」で、

 

  将棋の現役名人である佐藤天彦名人

 

 

  コンピュータソフトのPONANZA

 

に敗れ、

 

  電王戦はプロ棋士側の2連敗で終了しました。

 

・IT Media News 「最後の「電王戦」、将棋ソフトの勝利で幕 佐藤名人は雪辱ならず」

 

「将棋ソフト「PONANZA」とプロ棋士・佐藤天彦名人が対局する「第2期 電王戦」の第2局が5月20日に姫路城(兵庫県)で行われ、PONANZAが勝利した。2番勝負は、PONANZAが2連勝で幕を閉じた。

 

電王戦は、今回の第2期が最後の開催。昨年に「叡王戦」で優勝した佐藤名人が、「電王トーナメント」を勝ち抜いたPONANZAと激突した。ルールは2番勝負で、4月1日の第1局はPONANZAが勝利していた。

  第2局は、後手のPONANZAが2手目で「4二玉」という奇抜な手を指したが、その後は落ち着いた展開に。だが、PONANZAが70手前後から大きくリードし、94手で佐藤名人を破った。

終局後、佐藤名人は「どこが徹底的に悪かったかは分からないが、形勢を損ねていったのかもしれない」と振り返る。「(対局前から)勝つのは相当厳しいとは思っていた。ただ、名人として指すということで、ファンの応援に応えられなかったのは残念」(佐藤名人)。

PONANZAを開発する山本一成さんは「序盤の50手近くは苦しい状況が続いていた」と話す。「名人に勝つというのは、将棋ソフト関係者の全員が願ってきた未来。私1人だけでなく先人の知恵、人工知能の研究理論などがあってできたのがPONANZA。この場に立てたことを、さまざまな人に感謝したい」(山本さん)。

電王戦シリーズの最終成績は、将棋ソフトが14勝5敗1引き分けと、プロ棋士に大きく差をつけた。」

 

 

以前書いたけども、将棋ソフトに詳しいプロ棋士に言わせると

 

  すでにソフトの棋力は人間より上に行っている

 

という話でしたが、現役プロ棋士の

 

  最高峰である名人が敗れた

 

ということで、ソフトの実力が証明される形になりましたね。

 

まあ中には、過去に将棋の7冠制覇を達成した羽生元名人ならば…という声もありましたが、すでに全盛期はすぎていますし、今回もプロ棋士側で行われたトーナメントではこの佐藤名人に敗れていますからね。

 

まあこれによって人間同士が知能と人間力を総動員して戦う将棋の魅力が失せる訳ではありませんが、パソコンのハードの進歩とソフトウェアの進化によって

 

  人間がコンピューターに勝てる可能性が限りなく低くなったのは間違いありません。

 

現在はコンピューターソフトを使った研究を行っているプロ棋士も増え、中には過去の定石にこだわらない

 

  コンピューターソフトの発見した新しい手がプロ棋士の実戦でも用いられる

 

 

ようなことも出ていますしね。

 

まあコンピューターの活用が行き過ぎてプロ棋士が自分の頭で考える

 

  真の棋力

 

まで落ちないようにしてほしいですけどねえ…

 

  ( ̄へ ̄;)うーん

 

こんかい終わり

 

 

ブログランキング参加中♪クリックしてね☆

韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

 


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(3)

流じゅーざさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。