流じゅーざの『日韓・朝韓』

流じゅーざの『日韓・朝韓』

「にっかん・ちょーかん」ペースで朝鮮関連とオレの住んでいる「タイ」の話題そして女の子の話題を発信します♪
前ブログ「☆正面からぶち当たって見る韓国☆」が閉鎖されたのでこちらで再開です♪

NEW !
テーマ:

読者登録してね

「いいね」、「リブログ」、「ペタ」大歓迎です( `ー´)ノ

 

 


バンコク在住のじゅーざです。

 

以下、本題です。

 

  宮古島市議の発想と韓国人の発想がそっくりだった…((゜Д゜))ガタブル

 

・AFP「イエメン難民流入に反発する韓国世論」

 

「内戦下の中東イエメンからの亡命希望者数百人が、韓国南部の済州(Jeju)島に到着している。この事態を受けて、民族的にごく均質的な韓国社会で、かつてない外国人嫌悪が起きている。欧州を席巻し、米国でドナルド・トランプ(Donald Trump)氏を大統領に押し上げた反移民感情の高まりが、韓国でも繰り返されている。

 

2015年以降、多くは紛争を逃れた100万人以上が到着したドイツでは、受け入れの是非をめぐって国内外で亀裂が生じた。米国では、トランプ氏が壁をつくるといったメキシコとの国境で毎月数千人の不法移民が拘束されている。

 

だが、韓国では、過去数か月で550人のイエメン人が到着しただけで強烈な反発が起きている。韓国のポータルサイト「ネイバー(Naver)」に投稿された「政府は狂っているのか?やつらは私たちの娘をレイプするイスラム教徒だぞ」というコメントには、数千人が賛同を示した。

 

ソウルでは先月、「偽の難民」の追放を当局に求めるデモに数百人が参加。大統領府のウェブサイトでは、もともと世界でも厳しい部類の難民法のさらなる厳格化を求めて、記録的な70万人分に近い署名が集まっている。「(旧植民地の)欧州には歴史的な重荷があるかもしれないが、韓国にはそうした倫理的義務はない」とこの署名は主張している。

 

人口のうち外国人はわずか4%程度で、それも中国や近隣の東南アジア諸国からの人々が大半の韓国では、難民という概念自体になじみが薄い。

 

2015年のある政府調査では、外国人は近所に住んでほしくないという回答が32%だった。これは米国の14%、中国の12.2%などを大きく上回っている。

 

済州島に到着しているイエメン人たちは、この島ではリゾート観光促進のために査証(ビザ)が不要とされていた点を利用した。この抜け穴は現在、すでにふさがれている。

 

最新の世論調査では、亡命を希望しているイエメン人の受け入れに約半数が反対。賛成は39%、どちらでもないが12%だった。

 

中部・大田(Daejeon)出身の学生パク・セヨンさん(20)も、受け入れに反対している。「イエメンは女性の人権状況が非常に悪いと聞いた。済州島が前よりも危険になったり、犯罪率が上がったりするのが怖い」とAFPに語った。別の学生ハン・ウィミさんも口をそろえる。「近くに他の国がたくさんあるというのに、なぜこんな遠くの韓国まで来るのか」 

 

■そこかしこに遺体

一方、イエメン人のモハマド・サレム・ドゥハイシュさん(33)は妻と生後8か月の息子と共に、済州島の地元の一家に宿泊させてもらっている。イエメンの首都サヌアの国際空港の職員だったドゥハイシュさんは、サウジアラビア主導の連合軍と戦っているイスラム教シーア派(Shiite)系の反政府武装組織「フーシ派(Huthi)」が近くの空軍基地を爆破した後に逃げた。「自分の周りのそこかしこに遺体が散乱し、戦闘、銃声、爆弾だらけだった」とAFPに語る。

 

ドゥハイシュさんは仲介業者に600ドル(約6万7000円)を払ってビザを入手し、オマーンへ行き、そこからマレーシアへ渡って3年間、不法就労していた。一時は親せきが数人いる米国へ行くことを希望していたが、反移民を掲げるトランプ氏が大統領になったためにその考えをあきらめた。

 

韓国のことは、アジア全域で人気のある韓国ドラマで学んだという。「韓国政府と韓国国民には、私たちを受け入れ、助けを必要としている人間として扱ってほしい」

 

韓国の京郷新聞(Kyunghyang Sinmun)は、ドゥハイシュさんのような人をどう扱うかは、韓国の人権状況にとって試金石になると論じた。韓国でも日本による1910~45年の植民地時代と1950~53年の朝鮮戦争中に、数百万人が半島から脱出したとされている。

 

同紙は「近代史に起こったすべての悲劇のたびに数えきれない人々が、自分たちの意思に反して自国を後にし、他の国の誰かの善意に頼らざるを得ない状況に陥ってきた」「これらの難民を受け入れることは、わが国が国際社会に負っている借りを返す機会だ」と述べている。」

 

 

韓国のポータルサイト「ネイバー(Naver)」に投稿された「政府は狂っているのか?やつらは私たちの娘をレイプするイスラム教徒だぞ」というコメントには、数千人が賛同を示した。

 

うーむ、

 

  まんまヘルメット女こと石嶺香織元宮古島市議(福島みずほの手下)の「自衛隊が駐屯すると婦女暴行がー」って発言とそっくりだよね。

 

しかし、

 

>(一応)民族的にごく均質的な韓国社会

 

では

 

  性差別、地域差別、階級差別、学歴差別、と社会の中に「差別」がてんこもり…

 

特に国内の女性差別の問題は最近も新聞が取り上げているんじゃないの???

 

・中央日報「「女性嫌悪が蔓延した世の中だから男性を嫌悪する」…過激化する韓国のジェンダー葛藤」

 

同質性の高いはずの韓国人の中でも

 

  普通に女性差別、盗撮、セクハラなんでもありなのに…

 

  イエメン人が来たからこれってどーよ???

 

一方で、政府や自治体のイエメン人に対する対応も

 

  後手後手後手後手後手後手ェェエエエエエエエ!!!

 

収入のないイエメン人に対して漁師の職を紹介してるらしいけど

 

  言葉も通じない、習慣も全く違う…

 

せめてまずは

 

  語学教育など、基礎教育を施さなければどうにもならないのに…

 

  中央政府も地方政府に放り投げ、地方政府は無為無策…

 

>「近代史に起こったすべての悲劇のたびに数えきれない人々が、自分たちの意思に反して自国を後にし、他の国の誰かの善意に頼らざるを得ない状況に陥ってきた」「これらの難民を受け入れることは、わが国が国際社会に負っている借りを返す機会だ」

 

次は…

 

  お得意の奴隷労働にイエメン人を投入か???((゜Д゜))ガタブル

 

  今どき障碍者に奴隷労働させている自称先進国もだいんだけどねえ…

 

お後がよろしい様で…

 

 

ブログランキング参加中♪クリックしてね☆

韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

 


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

NEW !
テーマ:

読者登録してね

「いいね」、「リブログ」、「ペタ」大歓迎です( `ー´)ノ

 

 


バンコク在住のじゅーざです。

 

以下、本題です。

 

  小沢も自自連立政権の時までで終わった政治家だよね…

 

  小泉シニアについては言わずもがな…

 


 

老害ジジイどもは…

 

 

結果だけ見れば

 

  小沢には「壊し屋」としての才能しかなかった、ってことなんだよね…

 

  小泉もそういう意味では同類か…

 

まあ小沢は自民党時代に

 

  偉そうに次の首相候補者の面接してた時点で「うさんくささ100%」だったけどねえ…

 

新生党をぶっ壊して以降の小沢って、縮小均衡オンリーだったしね。

 

今じゃ

 

  地元岩手での力もがた落ち…

 

さっさと

 

  政治家を隠退すればいいのにねえ…

 

お後がよろしい様で…

 

 

ブログランキング参加中♪クリックしてね☆

韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

 


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

NEW !
テーマ:

読者登録してね

「いいね」、「リブログ」、「ペタ」大歓迎です( `ー´)ノ

 

バンコク在住のじゅーざです。

 

この新シリーズ(またか)では東京では見られない、

 

  大阪のぶっちゃけ系テレビ番組

 

として、

 

  『そこまで言って委員会NP』旧称『たかじんのそこまで言って委員会』)

 

と、関東でも放送されている辛口番組

 

  『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日)

 

をご紹介します。

 

(各ビデオは消される場合が多々あるので早めにご覧ください。)

 

 


7月15日放送の『そこまで言って委員会NP』

 

 

そして

 

 

7月15日放送の『TVタックル』


 

  今後も週一で映像をご紹介しますねえ♪

 

こんかい終わり

 

 

ブログランキング参加中♪クリックしてね☆

韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

 


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

 

そこまで言って委員会 そこまで言って委員会NP 正義のミカタ TVタックル ビートたけし 東野幸治 辛坊治郎

NEW !
テーマ:

読者登録してね

「いいね」、「リブログ」、「ペタ」大歓迎です( `ー´)ノ

 

 


バンコク在住のじゅーざです。

 

以下、本題です。

 

  有名人の義援金は宣伝になっていいと思うけどね、オレも。

 

ああ、それと

 

  こういう災害の時に「自粛」は不要!こういう時こそお金を使って経済を盛り上げないと( `ー´)ノ

 

 

 

 

いやいやいやいや

 

  台無しにはならんですよ。

 

有名人の寄付が注目を集めて呼び水になればいい。

 

  お金が集まった方が被災地は助かるのは間違いないんだから。

 

  なんで非難しなきゃいけないのかさっぱりわからない。

 

  (゜Д゜)<金持ちなんだから出せや!!!ってだけ(おいおい)

 

 

ついでに言うと、こういう災害の時に

 

  亡くなった方が出たから自粛しよう…

 

っていうのはおかしいと思う。

 

ただでさえ、

 

  経済に大打撃を与えた事象なのだから

 

  ここは経済を活発化させなければ景気は悪化します(´・ω・`)

 

こういう時だからこそ

 

  みんなで金を使おう( `Д´)ノ!!!

 

そして政府は持ちろん

 

  復興増税なんて禁止!!!

 

  復興国債でお金をばらまいて景気をアップ( ̄∀ ̄)

 

皆さんも

 

  声を大にして…

 

  (゜Д゜)<官民で支出増加じゃあああ!!!

 

お後がよろしい様で…

 

 

ブログランキング参加中♪クリックしてね☆

韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

 


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

NEW !
テーマ:

読者登録してね

「いいね」、「リブログ」、「ペタ」大歓迎です( `ー´)ノ

 

 


バンコク在住のじゅーざです。

 

以下、本題です。

 

  軍政のあとの民主政治の中で政権分断になるのはアジアでよく見られる傾向で、韓国だけの問題じゃないです。

 


 

韓国も、タイもそうなんだけど、

 

  戦後の政治の中で軍政が国を握っていた訳だけど…

 

その

 

  軍事独裁政権を支えていたのは冷戦下で共産勢力と対峙していたアメリカなど西側の国…

 

結局

 

  自由主義諸国=西側=軍政=反共産<ー>旧ソ連など=東側=反軍政=民主化を唱えた勢力…

 

韓国も、タイも、

 

  「民主主義を抑圧する軍政」がアメリカなどと結びついていた

 

以上、

 

  それに敵対するには共産主義勢力の力を借りることが多かった訳

 

ですな。

 

タイのラマ9世プミポン国王だって元々は

 

  タイの軍事政権が共産主義反勢力勢力を抑え込むための「旗頭」として軍政に祭り上げられた存在だったんです。

 

今のタイはそのポスト軍政システムと、それに虐げられてきた勢力=タクシン派の抗争が長く続いている状態です。

 

韓国で言えば、

 

  李承晩、朴正煕を代表とする軍事独裁政権がアメリカの支援を受けていた以上、反軍事独裁の際に頼りになるのは…

 

  共産主義国だったソ連、中国その下にいた「北朝鮮」だった訳で。

 

結果として軍政崩壊による民主化後に

 

  北朝鮮の息のかかった勢力が強くなったのは当たり前…

 

この点について、

 

  韓国国民を責めることは誰も出来ないんだよね…

 

だから特に金大中左派政権の成立以降、

 

  北朝鮮シンパが大統領府を含めて世間に広くはびこってしまった…

 

ただこれは結果論だけど上にのべた歴史の流れを考えれば当然なんだよね…

 

もし北朝鮮が「悪い国」だったとしても

 

  軍政による息も詰まるような政治が行われていた社会を

 

  変革するために手を差し伸べてくれたのが北朝鮮くらいしか無ければ…

 

  こうなっちゃうよね…

 

この辺の

 

  長かった旧「冷戦構造」を引きずっているアジアの国々の事情を考えないときちんとした韓国の分析は出来ないでしょうね…

 

お後がよろしい様で…

 

 

ブログランキング参加中♪クリックしてね☆

韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

 


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.