*映画『君の名は。』の美しさ、爽やかさ、お薦めです | 劇映画 「長良川」
2016年09月05日 17時52分22秒

*映画『君の名は。』の美しさ、爽やかさ、お薦めです

テーマ:ブログ

好評のアニメ映画、観てきました。公開日に観て感激し、周りに「いいよ、いいよ」と薦めていたのですが、大作『シンゴジラ』より当たっているそうで、ニュースを聞いて地元映画のBLOG担当としてはうれしくなりご一報します。

 

↑角川文庫の表紙より

 

 じつはこの映画、東京と岐阜の飛騨が舞台になっていると聞いてBLOGネタにしようと思って出かけたのですが、そういう邪念を超えて久々に心洗われる素敵な作品でした。

 

 新海誠監督によれば、飛騨を選んだのは東京から程良い遠さにある地方だから、ということで、山や森の風景がジブリ映画とはまた味わいの違う美しさで迫ってきます。それだけでなく、東京の風景までが、また飛騨の風景に負けず劣らず美しいのです。

 

 二つの土地を行き交うひと組の男女…でもそれはただのラブストーリーというのではない、もっと大きな生きる夢や希望につながっていきます。飛騨伝統の組紐が、物語を彩る重要な小道具として生き生きと描かれ、彗星がドラマを盛り上げ、楽曲担当のRADWIMPS(ラッドウィンプス)の歌詞が胸に迫ります。

 

 アニメでここまで情感を豊かに表現できるというのは、日頃あまりアニメ映画に触れることのない担当者には、とても新鮮な発見でした。各地でロングランになっているようで、どうぞご覧ください。お薦めです(飛騨牛のユルキャラがチラと出てきますが、場所はどうやらJR飛騨古川駅らしい…そんなトリビアもお見逃しなく)─広報係T

nagaragawa1950さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス