ぐい呑み

 

ご存知ですか?

 

オレの推計によると知ってる人は30%。

 

これならどうです。

 

お猪口(おちょこ)

 

正答率は70%を超えましたね。

 

ぐい呑みは日本酒をいただくときに使う酒器です。

お猪口とほぼ同じ役割の、

ようは器です。

 

百聞は一見に如かず。

これです。

内側金メッキもあります。

 

価格。

ナガオ 燕三条 18-8ステンレス二重構造 ぐい呑み 桜鋼 2700円

ナガオ 燕三条 18-8ステンレス二重構造 ぐい呑み 桜金 2949円

いずれもAmazon.co.jp 2018/11/7時点

 

ナガオ 燕三条 18-8ステンレス二重構造 ぐい呑み 桜鋼 2138円

ナガオ 燕三条 18-8ステンレス二重構造 ぐい呑み 桜金 2376円

いずれもキッチンラボ楽天市場店 2019/05/13時点

 

へぇ。けっこうするね。

 

そんな声が聞こえてきましたね。

ええ、そうです。陶器や磁器、ガラスのお猪口は

物によっは数百円から買えます。

オレもそっちを買います。この写真だけなら。

 

もったいぶるな。と。

はい。

じゃーん。

散りゆく、桜です。

 

あなたは花見ってしたことありますか?

オレは毎年見ます。

燕市の消防署の所の土手がライトアップされて

車で通るとキレイなんですよ。

 

え、それは花見とは呼ばない?

失礼しました。

 

座ってサクラを見上げながら日本酒の杯を傾け、

時折散る桜が酒器の中にはらりと落ちる。

そう、それです。

それが、家の中で味わえます。

 

散りゆく桜を愛でながら、家の中で酒を呑む

 

どうです?

やってみたくありません?

 

オレも、酒はたしなむ程度やります。

その経験から思う事は、酒は酒でしかない。

 

が、TPO(時刻・箱・箱の内側の状況)

によって酒は摩訶不思議と変わります。

 

だから、環境が大事なんです。

だから、酒器にもこだわる必要があるんです。

 

鋼桜の内側

 

いいですねぇ。

こちらはよりシックで大人な雰囲気があります。

これで呑む時に感傷を想うかどうかが子供と大人の違いな気もします。

当然、異論があってもしかり。

 

『ぐい呑み ステンレス』でGoogle画像検索にかけても

内側の紋様はなかなか見当たりません。

 

もし、このブログをここまで読んでくれたのならば、

あなたにも一押しな日本酒銘柄がある事でしょう。

オレにはこれです。

〆張鶴 純 純米吟醸 15度 1800ml(宮尾酒造)(新潟)

 

わかります、わかります。

矢と鉄砲が飛んできました。

辛口淡麗すぎるって言いたいんでしょう?

削り過ぎで不純物無さ過ぎで米ワインみたいだって言いたいんでしょう?

あとは、ただ有名だから避けているとか?

 

酒は酒でしかなく、その上嗜好品です。

オレは嗜好品に関して人には強くおススメしません。

オレは良いと思うから、よければどうぞ。位。

 

思い切り脱線しましたね。

戻ります。

 

ただの酒器、猪口、ぐい呑みと

散りゆく櫻の紋様が描かれているぐい呑みとでは

その体験の差によって、酒が違います。

味が違うとは言いません。

酒が、違います。

 

 

酒の日の金土を待ち望み

越後商人 長尾隆史

 

 

 

 

キッチンラボ 楽天市場店

キッチンラボ Twitter

Amazon.co.jp ナガオ キッチンサイト

有限会社 ナガオ