レシピの向こう側のパンづくりテクニックが学べる! 石狩当別 長野妙子の「パン教室の先生育成プログラム」

レシピの向こう側のパンづくりテクニックが学べる! 石狩当別 長野妙子の「パン教室の先生育成プログラム」

石狩当別にて「生徒から愛され続けるパン教室」を実践している長野妙子の「プロのパン教室の先生を育てるプログラム」 粉の違いからの製法を考えられるプロとしての技術・ブリオッシュプラリネ・天然酵母のバゲットなど、ハードパンづくりのテクニックも学べます!


テーマ:
札幌近郊当別町パン教室:パン屋さんの本格的な技術が基礎から学べるパン教室を主宰する


長野妙子です。


物凄い吹雪が続いております。


電線が見えない位に吹雪いて、真っ白で


歩道も車道も区別がつかない状態です。


どうぞお車の方・歩行の方もお気をつけください。


そんな中、デニッシュ食パンのレッスンにおいで頂きました。


ありがとうございました。


このお二人、今日が初対面です。



私と良く似た生徒さんです。





いい感じに発酵してきました。




焼きあがりました。嬉しくてテンションマックスです。



生徒さんの感想です。

バターの香り、生地の層の美しさ感動します。
早く食べたいです。
主人から大絶賛でした。




楽しかった!
美味でした!



お二人ともありがとうございました。


ケースのふたを閉めて焼くパンはふたを開けるまでどきどきしますが


今日は私も嬉しさマックスでした。


詳しいことは
こちらから
お願いします
































































テーマ:
札幌近郊当別町パン教室:パン屋さんの本格的な技術が基礎から学べるパン教室を

主催長野妙子です。


今年のお教室目標・・毎年ですがお賑やかに


目標どおりに楽しくスタートできました^^



お一人がインフルエンザでお休みしましたが4名でのスタートです。


初級1回目は生地捏ね・丸パンです。







初級コースは当パン教室が最も力を入れているコースでもあります。


極端な話、初級コースレッスンをマスターされたら一人で


パンが焼けるようになります。


其の中でも丸パンはどのパンにも必要なテクニックでパンを綺麗に


見せるために必要なテクニックでもあります。



焼きあがり自然と喜びのポーズ!

生徒さんの感想です。

din
子供が小さいときは手作りパンを作ってました。

子供が育って独立したらパン屋さんのパンがどうしても臭くて食べられない。

送ってと頼まれて送ったら超まずいって言われて、お勉強のやり直しです!



と楽しそうにお話されていました。

この方の偉いところは、お子さんの小さいときにしっかり味覚を育てたところにあります。

この方のお嬢さんも又素敵なお母様になる事間違いなしですね。


もう一方



手捏ねでもこんなにふわふわ美味しいパンが。

器械なんていらないです。

旦那さんに自慢します。



こんなに感激していただけて講師冥利につきます。


ただ今満席のためにコースレッスンは5月まで募集はお休みしております。


フリーコースのみの募集になります。


2月は2月13日、強力粉で作るハードパン【セサミ・コンプレ】




強力粉で作るハードパンは生地の作り方や、扱いがとても扱いやすくクープ
の入れ方のコツをつかむのに適しております。

ハードパンが敷居が高いと思ってる方ココから始めてみませんか?



詳しいことは
こちらから
お願いします















テーマ:
札幌近郊当別:パン屋さんの本格的な技術が基礎から学べるパン教室・フリーコースキャン


セル出ました。




1月16日のフリーコースキャンセルが出ました。


デニッシュブレッド新バージョンです。




外側はサクサク、中はふわふわ、中はバターの風味がたっぷり。トーストするとさらに美味しくなります。

ちょっと危険ではありますが一度は味わっていただきたいパンです。

伸ばし方が良くわかってない方

バターがはみ出る方

美しいパンを作ってみたい方

是非ご一緒に作ってみませんか?


生徒さんの感想です。


単発教室を受けさせていただきました。

楽しい雰囲気の中で、「難しい!」と構えてしまう
バケットのレッスンでした。楽しさと緊張の中の教室でした。


改めて、捏ね、発酵の見極め、丸め、成形、はらせることなどの基礎的な技術が
パン作りのすべてと言う位大事だなと実感しました。


ついつい目先のレシピに走りがちですが、作っていく中で
「おいしそうに見えるパン」というのはどんな物なのかというのは


やはり正確な技術ありきの上に成り立っているのだなと思いました。


自己流にならないように、また参加させていただきます。


ありがとうございました。


ご感想ありがとうございます


私のレッスンでは、パンが美味しく焼ける理論を、混ぜる、捏ねる、見極めるなどのすべての工程においてなぜ、美味しく焼ける理由があるのか、きちんと解説するのが私のポリシー



ただ混ぜて、こねただけでは美味しいパンとは言えないし、写真を見だけでもその技術は見破ることができます



なぜならパンの焼き上がり仕上がりというの、嘘はつかないからです



素人には見極められない技術なので、うっかり知識がないのも実は私にはわかります。



ぜひ私のお教室でそんなプロからも認められる技術を学びにぜひいらしてください



詳しいことは
こちらから
お願いします







テーマ:
札幌近郊当別町パン教室:パン屋さんの本格的な技術が基礎から学べるパン教室を主宰する

長野妙子です。



あけましておめでとうございます。


すっかり松の内もあけてお正月も過ぎてしまいましたがご挨拶だけ


させて頂きます。^^




怒涛のような年末・年始をやり過ごし國枝シェフのレッスンを受けに


東京へ行ってきました。


ブリオッシュ生地でガトーデロワ







この生地を作るのは中々難しいのですが國枝シェフの場合は


卵黄だけではなく全卵を何%か使うだけで腰折れしない、


バターは必ず手でちぎるなど


材料を混ぜる順番も、シェフの経験に裏打ちされた明確な理論があり


今までブリオッシュ生地は何回も作ってはいたのですが、こんなに簡単に


失敗のないやり方は初めてでした。


りんごとくるみのルヴァン








良くハード系のパンは【捏ねない】と言いますが、シェフのパンは割りとしっかり


捏ねてました。


皆様もいろいろなお教室に参加して先生の仰っていることが【違う】と感じたころがある


と思いますが、それは間違いではなく解釈の違いなんです。




しつこく食い下がっているところをスクープされてしまいましたが


真摯にお答えくださるシェフに感謝でした。



詳しいことは
こちらから
お願いします












テーマ:
札幌近郊当別町パン教室:パン屋さんの本格的な技術が基礎から学べるパン教室を主宰する長野妙子です。

今日は。

テレビの天気予報通り北海道は一面真っ白で向こう側が見えません。


このお天気にお車を運転している方どうぞお気をつけください。


又年末・年始のご旅行の方楽しいご旅行でありますように。



先日1月のフリーコース、デニッシュ食パンキャンセルがありました。




寒い季節ならではのパンです。


折り込みパンの代表各のクロワッサン・デニッシュなど層をきちんと出させるのは憧れですよね?!


これは、なかなか難しいと嘆いていらっしゃる方がとても多いです。


このコツが身についたらすべてのパン作りがワンランクアップします。!!


そうです。層がきちんとできると言うことは麺棒使いが完成されたと言うこと


なんです。


パン生地の上で麺棒が転がりガスが抜けている事。


ただ力任せにガスを抜いては生地が傷むだけです。


麺棒を使う上でここが一番大切になりますが、なかなか言葉だけでは伝わらない


もどかしさがありますが今までとは格段の差が出るはずです。


①まずパン生地は必ず体の真下にあることです。


なぜ?


一番力が入りやすいところだからです。


②両腕が曲がってますか?


曲がっている両腕を伸ばして伸びきったところ(心の中でコロコロギュッ)一番麺棒が転がしやすく力が入ります。


ココを意識することでしっかりガスが抜けボリュームのあるパンができます。


ボリュームを出すためにガスを抜かないと言う方がいますがこれは間違いです。


お教室で【できた】・【理解できた】と言うあなたの喜びをご一緒できるのが私の


喜びです。


5月くらいまでは伸ばしを(麺棒)メインにしたフリーコースになります。


定員はいつもより少なく3名になりますが


一人ひとりの方の苦手を必ず解決へと思っております。



詳しいことは
こちらから
お願いします















Ameba人気のブログ

Amebaトピックス