パット実戦(1)パットの距離感はスタンス幅とテークバック幅で出す! | ゴルフを科学する★理系のための理論的ゴルフの勧め!

ゴルフを科学する★理系のための理論的ゴルフの勧め!

ゴルフのスイング理論を中心に、ゴルフルールからツアー情報に至るまで、ゴルフについて幅広く語ります。上級者、あるいは理系の方向きの内容です。屁理屈が多いのはご容赦下さい。


テーマ:
「パットの距離感は勘だ!」と豪語する人もいますが、私はその意見には反対です。

いつも同じゴルフ場で、同じグリーンコンディションでプレーするなら勘だけでも良いでしょうが、色んなゴルフ場で色んなグリーンコンディションに対応するためには、何らかの基準が必要です。

私はテークバックの大きさで転がる距離を機械的にコントロールするようにしています。

「パットの物理学」で、「パターの加速度が一定ならば、グリーンで転がる距離はテークバック量に比例する」と結論しました。

2倍転がすには2倍のテークバックをすれば良いのです(私は「2倍2倍のルール」と呼んでいます)
半分転がすには半分のテークバックで良いのです。

そのために、私はスタンス幅でテークバックの幅を決めています。

下図に、スティンプメーター9フィート前後の平坦なグリーンで、5ヤード転がす時のアドレスを示しました。

{416C5276-17C9-4670-B339-557A2E18DE41:01}

パターフェイスから、足の幅ひとつ分のところに右足のつま先を置き、右足つま先のところまでテークバックします。

10ヤードの時は足の幅二つ分↓
{4CCEEEA3-A709-4041-80BF-094F615161EC:01}
15ヤードは三つ↓
{32CC3A78-17DA-4012-867D-E30A760C3116:01}
20ヤードは4つ分↓
{1A541927-49AC-46B4-B283-6C3AA3CD7C69:01}

ピン型パターでは思うところに止めることができますが、フェースバランスのパターでは慣性モーメントが大きく、止めたいところで止まらず、どうしてもテークバックが大きくなりがちです。

「微妙な距離感を出すにはピン型」と言われるのは、ピン型の方がテークバックを制御しやすいからです。

フェイスバランスパターでは、テークバック幅のコントロールが多少アバウトになるのは致し方ないでしょう。

さて、決めたところまで引いたら、ゆっくり切り返し、インパクトまで一定の加速度で加速します。

車のアクセルをゆっくり踏み込み、ゆっくり加速させるイメージでパターに力を加えます。

急加速はダメですが、減速は論外です。

そして、5ヤード転がす時も、20ヤード転がす時も、同じ加速度でパターをボールに向かわせます。

テークバックの幅以外の要素は全て一定にしておきます。

ロングパットだからと言って、ことさら強く打とうとしてはいけません。
ショートパットもロングパットも同じ加速度で打ちます。
同じリズム、同じテンポと言い換えても良いかも知れません。

そうすれば、同じ場所から打ったボールは必ず「2倍、2倍のルール」に従います。

同じ距離を転がすためのテークバック幅は、個人個人やパターの種類で異なることは言うまでもありません。

松山秀樹のようにゆっくりパターを打つ(加速度が遅い)タイプではテークバックとスタンス幅は大きくなります。

また、パターが重くなると同じパタースピードでもボール初速は速くなるので、重いパターではテークバック幅は小さくて済みます。

また、フェイスバランスパターよりもピン型パターの方がテークバックは小さくて済みます。

さて、ラウンド前の練習グリーンでは、距離感、つまりテークバックの振幅をキャリブレートすることに専念します。

穴に入れる練習をしても意味はありませんハートブレイク

人がいない隅の方で、比較的平坦なライを選び、歩速して10ヤードのところにティを刺すかボールを置き、そこでボールを止めるためのテークバックの幅を決めます。

もし、いつものテークバック幅でオーバーするようなら、右足をいつもよりボールに近付け、スタンスを狭くします。

それがその日の基本となるスタンス幅です。
ファーストパットは10ヤード前後が多いですからね。

最近ではグリーン速度(スティンプメーターの値)を表示しているところが多いので、その値も参考にします。

人のパットの時は、ラインだけでなく、パットの振幅とパターのスピードを見ておいて自分のパットの参考にします。

グリーン速度が速い程、上りと下りの差が大きくなることは知っておいた方が良いでしょう。

8フィート位の遅いグリーンでは、上りも下りも同じように打って構いません。

以上が私の勧めるパットの方法です。

もちろん、同じスタンスでテークバックの振幅を自由に操れる人はこの方法は必要ありません。

勘やインパクトの強さで転がる距離をコントロールするよりは、テークバックの振幅でコントロールした方が再現性も高く、緊張感にも左右されず、速いグリーンでも落ち着いてパットできるでしょう。

是非試してみてください!



Nagano MACさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス