今回は準防火地域と建築基準法22条区域の違いを説明します。



準防火地域は廻りへの延焼・類焼を防ぐ目的で行政より指定されています。


岐阜市では住宅密集地などは準防火地域に指定されています。


(中心市街地は防火地域に指定)


長森地域も準防火地域に指定されている範囲は広く


準防火地域に指定されていない地域は22条区域となります。


岐阜市では長良川北の一部を除き、すべて22条区域に指定されていますので


長森近郊は準防火地域か22条区域のどちらかに指定されています。



では準防火地域と22条区域の違いは何なのか?



一番の違いは準防火地域は開口部(住宅だとサッシ)は


防火戸等を使用しなければなりません。


22条区域は開口部の規制がありませんので


準防火地域は22条区域に比べて


サッシだけで概ね70万円程、建築費がUPします。

(建物規模や開口部の数・面積により違いますよ)



あと準防火地域は雨戸のない開口部は網入りガラスにするなど


準防火地域の方が規制が厳しくなっています。



違いがよく分かる図は以下からどうぞ↓

http://www.matsubarafudousan.com/22jyoukuiki.pdf










岐阜市 長森 岐南 各務原の土地 不動産は


松原不動産販売㈱



http://www.matsubarafudousan.com/?blo