農地法 第5条 農地転用

テーマ:

農地法第5条


土地(農地)を購入する際には


農地法第5条の農地転用を要することは


先日、ご説明しました。


では


農地転用の際に気を付けることは?



・岐阜市の長森近郊では羽島用水や各務用水の


 決済金が発生する場所があります。


 決済金を売主・買主のどちらが負担するのか


 決めておきましょう。



・地域の用排水組合への排水承諾をいただく際に


 一時金が発生することがあります。


 こちらは買主の負担とすることが多いでしょう。



・農地転用は買主の費用負担にて


 申請することが多いですが どちらが負担するのか


 決まりはありません。



・農地転用が受理されないと所有権移転登記が出来ません。


 農地転用書類に記載された持分と


 実際の所有権移転登記の持分に


 変更等があると再申請となるケースもありますので


 持分登記される際には農地転用を申請する時期までに


 持分をしっかり決めておきましょう。



・農地転用が受理され、所有権移転登記が完了しても


 法務局の登記地目は宅地へ変更されません。


 建物が完成して現況が宅地になってから


 土地家屋調査士に地目変更登記を依頼することになります。


 その際、地目変更登記の費用が発生します。





不明な点は当社までお問い合わせください。





岐阜市 長森 岐南 各務原の土地 不動産は


松原不動産販売㈱



http://www.matsubarafudousan.com/?blo