林大地選手が初出場した日のブログを久々に読み返していて、最近鳥栖サポの方に沢山Twitterをフォローしていただいたこともあり、超絶久々にブログ書いております。



コメント沢山お待ちしております!!!!笑



vsFC東京
@駅前不動産スタジアム

FC東京といえば、脅威のブラジル人トリオ(レアンドロ選手、アダウイトン選手、ディエゴ・オリベイラ選手)を擁する最恐アタッカー陣に加え、日本代表クラスの選手が揃う、
なんかずっと強いチーム(最後だけ急にざっくり笑)

元鳥栖のジョアン・オマリ選手と、田川亨介選手(サガン鳥栖ユース出身)、も所属しています!


FC東京は育成からも良い選手が上がってきていて、僕の注目選手はバングーナガンデ佳史扶。

左サイドバックでプレーしていて、テクニックがあってアグレッシブな選手。

(元)鳥栖の松岡選手や本田選手、大畑選手と同じく今年二十歳になる2001年生まれの選手で、来年あたりには止められない選手に化けそうな予感も。。。

そんなFC東京さんになんと鳥栖は4連勝中!

しかし、FC東京は直近6試合で4勝2分と勢いもあるので飲まれる可能性も。

我が軍は負けんバイ。



ということでキックオフ!!



前半7分
相手のビルドアップに対して鳥栖は前線からプレス、F東は前線にパスを繋ぐも大畑選手がブロック。
セカンドボールを仙頭選手→小屋松選手→酒井選手と流れるように左サイドに展開。
折り返したボールをゴール前に走り込んだ仙頭選手がゴール!!

奪ってから全てダイレクトパス!
素晴らしい先制点!!!!

酒井選手がゴツいのに器用で前線での存在感が凄い!まさにノリノリ!鳥栖にきてからの覚醒がすごいです!



鳥栖のビルドアップに対して、F東はレアンドロ選手からハイプレスのスイッチを入れるも、ワイドに開いた鳥栖のビルドアップに苦戦。

敵ながら沢山走らされてきつそう。
僕がF東のFWだったら前半10分でバテてます!(聞いてない)

F東はサイドバックも使って嵌めていくも、鳥栖はロングボールを蹴ってトップの酒井選手が収めるのでなかなかうまくいかない様子。



それにしても、鳥栖は低い位置で少しでもパスミスをするとブラジル人トリオに確実に点を取られそうなので、本当に怖い。

ジェンガの終盤くらいのソワソワ感が試合を通してずっとありました。



今日の鳥栖は松岡選手が担っていたアンカーに樋口選手を起用。

プレーに強度もあり、低い位置からバイタルに上がってのミドルシュートはかなりの武器!

今シーズンますます怖い選手へと進化した樋口選手。鳥栖の10番がとても似合います!

そして樋口選手のいつものポジションには、鳥栖ユースから2種登録されている17歳の福井太智選手が初スタメンに抜擢。

本当にすごいよ鳥栖ユース。

福井選手はアンカーのポジションでキックやキープ力、ポジショニングは一級品。しかし、ユースで自分のプレーの幅を広げ怖い選手になるべく、左ウイングにコンバートされ個人でも打開できるようになった。と何かの記事で読んだことがあります。

最近アオアシというJクラブのユースを舞台にした漫画を読んでいるのですが、ユースが強い鳥栖の未来は本当に明るい!(話が逸れそう)

福井選手、とても落ち着いてプレーしている様にも見えましたが、途中交代。
松岡選手も沢山ミスをして鳥栖の心臓と呼ばれるくらいの選手へ成長したので、これからの福井選手にも期待しています!!



57分
待ってました!ファンソッコ選手を投入。

試合後の片渕さんも言ってましたが、
C大阪戦でオープンな展開になって追いつかれてしまったところを、今日の試合で修正。
2度も同じミスをしない!頼もしい!

僕は最近2度もトイレットペーパーを買い忘れました!(ドヤ顔)

ファンソッコ選手が入ることで運動量が落ちてくる後半もコンパクトに守って堅守を牽引。

ファンソッコ選手とエドゥアルド選手そして朴選手がいる鳥栖のディフェンスはかなり堅い。

終盤押し込まれて危ないシーンもありましたが、
なんとか1-0で試合終了!!!



林大地選手が鳥栖を離れることもあって、
今日勝てたのは本当に嬉しい!

鳥栖から世界へ!

ありがとう大地!!!



ここ最近鳥栖は色々とありましたが、、、
そんな事も前向きに考えようと思わせてくれる勝利でもありました。

逆境にいつも連れて行ってくれますが、笑
必ず跳ね返してくれる鳥栖。



今日の試合で3位浮上!!

正直なところ、ACLに行くと今の選手層じゃ来シーズンの日程的にも厳しいところがあるのかなと思う反面、J2にいた頃から考えると夢のような事で、明輝さんがまた新加入選手を融合させて今以上にいいチームなって是非ACL出場してほしいと僕は思います!

佐賀県鳥栖市にあるサガン鳥栖が、日本のJクラブを代表して国外のチームと戦える。
こんなに夢があることはない。

ちょっとまだACLのことを話すのは早いですが、
折れかけた鳥栖サポのメンタルを1試合で立て直されましたというお話でした。(単純)

これだから鳥栖はやめられない。

拙い文章でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました!



P.S.
松岡選手も清水で早速ベテラン級の落ち着いた強度のあるプレー。日本にいるうちに沢山見とく!