メガバンク不動産鑑定士の6か月で月100万円のキャッシュフローを稼ぐ不動産投資術

メガバンク不動産鑑定士の6か月で月100万円のキャッシュフローを稼ぐ不動産投資術

メガバンク出身不動産鑑定士が明かす貯金なし、知識なしでも不動産投資で月100万円以上の収入をうむお金を増やすしくみの秘訣。100人規模の会員制不動産投資コミュニティ「インベスターズギルド」のブログ

お金の使い方について正しい考え方を身につけましょう。
お金の使い方には3つのパターンがあります。


それは「投資」「消費」「浪費」です。
それぞれを簡単に説明すると、   

  
投資 自分にプラスの価値を与えてくれるお金の使い方
   
消費 生きていく上で必要なもの、最低限必要なものに対する支払い

浪費 「なくてもよかったのに」と後になって思うようなお金の使い方

です。


ただ、ここで間違ってはいけないのは浪費イコール消費
を切り詰めることが節約になるのではないということです。
 
生きる上で不要なものを全部省けばいいということでは
ありません。


例えば、趣味。アイドルが大好きでDVDを買ったり
コンサートに出かけたりすることは、それによって幸せな
気持ちになれたり前向きな気持ちになれたりしている
としたら、それはとても大切な自己投資です。

世の中にはお金では測れない価値というものも確かに
存在しています。


美味しいものを食べると幸せ、美しくなるために高価な
化粧品を買うことで元気になれる……そういうことは
あるものですし、それを無駄という言葉で否定する
つもりはありません。

ただ、お金を貯めていこうと思うのであれば、
きちんと上限を決めることが大事です。

どこまでなら使っていい、というラインを明確に
しましょう。  

時々、「お金を貯めるためにトイレの水まで節約してい
 ます」という人がいるのですが、消費を控えるというのは
そういうことではありません。

いい気分になれないこと、幸せにつながらない行動は
結局長続きもしないはずです。
 

それよりは、振り返ったときに「これいらなかったよね」
「なくてもよかったな」と思うものをどれだけカットして
いくかのほうが大切です。

購入当時は「投資」だと思っていたものが、
見直してみると浪費だったということはよく
あることです。


定期的に見直して学習し、二度と同じ失敗
を繰り返さないようにしましょう。
 


「なぜお金が増えないのか?」
 
これまでにそんなことを考えたことはありませんか。着
実に貯金をして資産を増やしている人もいるのに、自分は
どうしてもお金とは縁がない。貯めようにも貯め方がわか
らないし、それどころか財布のお金も銀行残高もみるみる
なくなっていく……。
 
その原因はいったいなんなのでしょうか。
 
実は、お金が増えない理由は2つあります。それをまず
知ってもらうことがお金を貯めるための最初のステップです。
 
今、2つの理由といいましたが、言い方を変えると「2
つの壁」があるということです。ひとつ目の壁は皆さん自
身の中にある「お金についての考え方の壁」です。これは
簡単に言うと、お金について何も知らないということです。
日常の中で頻繁に使っているのに、お金がいったい何物な
のかを実は知らないのです。  では、お金とは何物なのか?
 まずはその役割から学び ましょう。
 
お金には3つの役割があります。「価値尺度」「交換手段」
そして「貯蔵」の3つです。
 
価値尺度は、お金に換算することによってものの価値が
判断できるということです。もの同士の比較にも使えます。
どちらの方が価値があるかを、お金を尺度にして決められ
るということです。現代社会においては、ほとんどすべて
のものに値段がつけられているので、私たちにはすべてを
金額で判断してしまうという癖が身についてしまいました。
本来は、お金では測れない価値というものもあるはずなの
ですが。

「交換手段」は、お金という概念が生まれる前の生活を考
えてみるとわかりやすいと思います。お金がない社会にお
いては、ものはもので交換されていました。いわゆる物々
交換です。山の住民は果実を、浜の住民は魚を持って集ま
り、互いに交換します。ただ、この場合、互いのニーズが
合致していればいいのですが、必ずしもそうとは限りませ
ん。その点、お金があればどんなものとでも交換が可能で
す。
 
3つ目の「貯蔵」は、使いたい時に使う自由を可能にし
ました。魚や野菜の場合は傷んだり腐ったりしてしまいま
すが、お金はその心配が要りません。
 
これら3つの役割を備えたお金は非常に便利であると認
められ、人類の長い歴史の中で発展を遂げてきました。
お金は今や人間社会と切っても切れない関係であると言って
も過言ではないでしょう。

不動産投資家育成協会では
「不動産投資で安定した暮らし
を実現し、未来の人生を創る」
という理念を掲げています。


これは、年収や資産背景に
かかわらず、全ての人を応援する
ことを意味しています。

むしろ、こう言った社会的には
弱い立場の方

例えば
年収が低い若いサラリーマン・・・

共働きで子供が作れない若夫婦・・・

小さい子供を抱えるシングルマザー・・・

のような方にこそ
大家を副業にしていただき
経済的、時間的余裕を作って
いただきたいと考えています。


そのために、どんな人でも参加できる
コミュニティを7年前に立上げ、
3年前の法人化し、協会を設立し
6月からは「非営利法人」として
活動を始めているのです。


もっと、安心して、一般の人でも
副業として大家業をはじめる
環境を作りたい!


どうしたら、不動産会社や銀行
だけの利益誘導にならず
「かぼちゃの馬車」の被害者の
ように、騙される人を少なく
できるか?


お金を誰かから奪うのではなく
不動産を通じてやさしさの共感を
伝えることで感謝され、
その対価として「お金」を
受け取れるような世の中にしたい!


そんな想いで、どんな人でも再現できる
方法は何か日々実践しています。



不動産投資家育成協会では
「不動産投資家養成講座」というスクールを
教育事業として行っています。



この教育事業で得られた収益の70%は
講座を運営している認定講師へ還元しています。



○○協会という団体は世の中に
たくさんありますが、
講師に、これだけの割合で利益を還元する団体は
ほとんどないです。


私の考えとしては、
この協会は「講師ファースト」にしたい
と思っています。


なぜ、「講師ファースト」にするかというと
講師を大事にする協会であれば、
講師は協会のために頑張って活動してくれます。


講師が頑張ってくれれば、
講師から教わる生徒は、成果が上がりやすくなり
賃貸経営で成功するでしょう。


「自分も賃貸経営でうまくいき、他の人にも
その成功を応援できる大家」が会員の中に
ふえれば、この大家業界はもっとよくなるに
違いありません。


だから、協会としては講師ファーストの団体に
したいと思っているのです。



しかも、協会の本部に残る利益30%のうち
10%は、協会の会員及び不動産投資で
困窮している人を支援する基金として運営して
います。



去年は、カボチャの馬車
今年の年初は、レオパレス
最近では、大東建託のランドセット
が社会的に問題になっています。



今後も、このような、大手不動産会社が
消費者に詐欺的行為を行う事件は起こるでしょう。
その際に、実際に被害にあった方に支援できる
そんな団体にしたいからです。


まだ、設立して3年しかたっておらず、
協会の会員数も800名、
協会としての売り上げも1億円を超えて
いないので支援できる基金の原資も
まだまだ少ないです。



しかし、「大家の立場から不動産投資、賃貸経営
の正しい情報を発信する」団体は、
この不動産業界には皆無なので、
その取り組みの価値は、より一層高まっている
のを感じています。


そんな草の根活動をしているのですが、
最近では、夫婦や親子、兄弟で講座に
参加してくれる方が多くなりました。


私としては大家業はファミリービジネス
だと思っているので、
家族で大家業を一緒の取り組むのは
とてもいいことだなと思っています。


なので、実際に息子さんが講座で学んでいる
成田勉さんの声を紹介します。

++++++++++++++++++++++
【息子も学ばせてます】
不動産投資家育成協会の東京スクールに息子を
入れました。
協会の身内wだけど、きっちり代金払って学んで
もらいます。
   
すっごく大切なことに
「自分の家族にも勧められるか?」
という視点も大切だと思います。
   
赤の他人には、売りつけても家族には
買わせられない。
そんなサービスは嘘んこだと思うのです。
 
息子がどんな物件を探してくるのか楽しみです。
      
実はさー
お父さんも2棟24戸の新築を
やろうかと思っているので
息子の援護射撃は限られるかもw

動いた人から続々成果が出ています。
++++++++++++++++++++++


不動産投資家育成協会について、
少しでも興味を持っていただけたら
私の言葉で協会への想いを語った動画がある
ので、よかったみていただけると嬉しいです。

不動産投資というと、
お金がかかるイメージがあると思います。


でも、そんなことはないんです。
奥さんからお金を借りて初めて不動産投資で
今では年収3億円になったスゴイ大家さんが
いるんです。

そのすごい大家さんとは、大阪在住の
松本光彦(まつもと みつひこ)さんなんです。


以下、松本光彦さんからのメッセージです。

++++++++++++++++++++++
みなさん、はじめまして!
私は、不動産投資家育成協会の松本光彦と
もうします。


僕は元サラリーマンだったのですが、
今から9年前、49歳の時に不動産投資を
はじめました。


それから、毎年物件を購入し続け、現在は
16棟、450室所有しています。

家賃はなんと、年間約3億円!!


そのお陰で2年前にサラリーマンをやめて、
現在は専業大家をやりながら
不動産投資を教える講師をしています。



ところで、みなさん!
不動産投資というとどんなことを連想される
でしょうか?


「怪しい、騙されそう、怖い」


そんなイメージがあるかと思います。


それは、不動産投資という、そのものの実態を
わからないまま、見えない姿に怯えている
ようなものなんです。


キチンと不動産投資の勉強をすれば
必ず不動産投資はあなたの強い味方に
なってくれるはずです。


「でも、不動産投資ってなんだか難しそう」


と思われるかもしれません。


大丈夫です。

こんな僕でもできたんですから、
あなたにできないはずがありません。


僕の実体験を交えて
詳しく、不動産投資について説明していきます。


「でも、不動産投資ってお金持ちがすることなんでしょ?」


そんな声が聞こえてきそうですけど、
僕も最初始めたときは
全くお金がなかったんです。


奥さんからお金を借りて物件の初期費用を
払ったぐらいですから。


お金がなくても大丈夫です。
こんな僕でも、不動産投資を始めた結果、
現在、時間の自由とお金の自由を
手に入れることができました。


そんな素晴らしい不動産投資の世界
ちょっと、のぞいてみませんか?
+++++++++++++++++++++++


松本さんの話は以上、ここまで。



松本さんの話を直接、聞いてみたいという方は
以下の動画をご覧になってみてください。

会社員の皆さん、楽しく働けているでしょうか?

「なんかイマイチ」という方は
現役サラリーマン大家の長政豊さんの
話を聞いてください。

サラリーマンの一番の楽しみは給料日。
でも、普通給料日は毎月1回だけですよね。


もっと、給料日がたくさんあったらいいのに・・
と思ったことはないでしょうか?


長政豊さんは、会社員を続けながら
給料日を増やす方法を教えてくれる
みたいなのです。


そんなことを言って

「怪しい・怖い・騙されそう」

と思いますよね?


でも、この方法は全然そんなことないんです。


だぶん、そう思うのは
お金のことを、学んでいないからなんです。


学校ではお金の授業はないですからね。



お金のことについて、
今まで教わらなかったから
「怪しい・怖い・騙されそう」
と思うのも当然です。


でも、もし、給料日を増やすことができたら
今よりも、仕事をやりがいと楽しみをもって
働けるようになりませんか?



長政豊さんは会社員を続けながら
副業で大家をしていて毎月不動産収入を
得ているそうです。


この物件が長政さんの物件です。
すごい素敵ですね~


長政さんは理系国立大学大学院修了後、
素材系メーカーに就職して、ずっと研究職の
お仕事をされています。


いわゆる特許の技術を研究開発するお仕事で、
とてもやりがいはあるのですが、
激しい開発競争とリーマンショックの
大規模リストラを生き残り、大変な思いをされた
そうです。

10年以上が経過した頃、
上司に別室に呼び出され


「君が開発した商品を海外で本格量産することに
決まった。ついては君がその工場の責任者と
なって立ち上げて来てほしい。」


と告げられ、現地に赴任してみると課題山積の
状態であったが、約2年後には目標の数値に
到達させてそうです。


そんなとき、知らぬ間に仕事の負荷が限界を超え、
体調を崩し休職することなってしまいました。


この出来事で、人生のこと、お金のこと、
仕事のことを真剣に見直すことになったそうです。
たまたま手に取った書籍をきっかけに
私に出会い、知識ゼロ・経験ゼロの状態から、
その教えを忠実に再現することで不動産投資を
開始しました。


8カ月間に3億5千万の融資を引き出し、
不動産投資のキャッシュフローが
サラリーマン給与を超えたそうです。


現在、不動産投資の素晴らしさを
特に理不尽な上司や会社に悩むサラリーマンに
伝えるべく、一般社団法人不動産投資家育成協会
の認定講師として活動を開始されています。


研究開発職サラリーマンとして身につけた
根気強さ・調査分析力、海外工場の責任者として
身につけたチームビルディング術や
コンフリクト解消術をベースに
「サラリーマン」「不動産投資家」「講師」
として活動の幅を広げていらっしゃいます。


だから、サラリーマンのみなさんに自分の経験を
伝えたいと思っているのですね。


長政さんはサラリーマンなので、顔出しすること
ができません。
でも、音声のみで、ご自身で不動産投資の
魅力を語った動画がありますので、
長政さんの話を聞いてみたいという方は
ご覧になってみてください。