【1週間ダイジェスト】令和6年6月17日〜6月23日 | 神奈川県議会議員 永井まさと オフィシャルブログ

【1週間ダイジェスト】令和6年6月17日〜6月23日

このブログの【1週間ダイジェスト】は、永井まさと【公式】LINEでお届けした活動内容・県政情報を一週間ごとにダイジェストでお届けするものです。永井まさと【公式】LINEにご登録いただくと、活動報告・県政情報にいち早く触れることができます。これを機にご登録ください。なお、【公式】LINE限定記事など、ダイジェストに反映されない記事もあります。

永井まさと【公式】メルマガ の購読申し込みはこちら

 

友だち追加

 

6月17日(月)

 【伝統技術を次世代へ】 

先日インバウンドで賑わう鎌倉に行ってきました。 私は神主修行時代に鶴岡八幡宮に通っていたので、その後もしばしば訪れています。 鎌倉は伝統文化の宝庫。神社仏閣に収められている宝物の数々は、神社仏閣でなければ失われていたのではないかと常々思っています。 それは歴史の中で、その時代時代で為政者が神社仏閣を大事にし、庇護してきたからに他なりません。 伝統宗教を他の新興宗教と一緒くたにして、社会全体で守っていく機運が失われてしまえば、神社仏閣が守ってきた伝統文化や伝統芸能、仏像などの伝統技術といった、私たち日本人にとってかけがえのない宝を次世代に繋いでいくことは難しくなるでしょう。

さて、今回は鎌倉にアトリエがある仏像製作の会社「鎌彫」を訪問。そこで伺ったのは驚くべきプロジェクトでした。 仏教の六道を表した大型の仏像群を20年で作るプロジェクトに加えて、巨大彫刻建造物を1000年かけて建築するミレニアムプロジェクトです。 まさに日本のサグラダ・ファミリア‼️ 神社仏閣が一宗教法人となり、人口が減少しているこの現代においては、新たな方法で多くの人の理解を得る努力が必要不可欠となります。 新たな技術や方法で伝統技術を守り、現代でしかできない手法が将来において令和時代の技術として伝えられていくということかもしれません。いつの時代もアイデアこそ最強の武器。 詳しくはこちらをご覧ください。 

https://community.camp-fire.jp/projects/view/716918

 

 

友だち追加

 

6月18日(火)

【豊かな自然を堪能する】 

三浦半島は都心に近く豊かな自然が楽しめる住環境の良い土地柄であるとはよく言われますが、まさにその豊かな自然を味わうことのできるスポットに行ってきました。 ここは大楠山入口付近にある「SYOKU-YABO農園」。以前から存在は知っていたものの、足を踏み入れたのは初めてでした。 農園で栽培された無農薬・無化学肥料の野菜がいただける農園レストランで、里山の中で地産地消の食事ができる、まさに三浦半島の豊かな自然を満喫できる最高のおすすめスポットです。 雨の日はお休みとのことなので、お気をつけください。 

公式サイトはこちら 

https://syoku-yabo.com/

WEBマガジン「湘南人」に農園の様子がよくわかる記事が掲載されています。 

https://shonanjin.com/news/feelfivesence-enjoycreativitybasedoneating-farmrestaurantinmiurapeninsula/

 

 

友だち追加

6月19日(水)

【かながわ未来 代表質問】 

本日我が会派かながわ未来県議団より、石川裕憲議員が代表質問に立ちます。 13時からです。現地での傍聴、インターネット傍聴もできますので、お時間ある方はぜひご覧ください。 

質問項目はこちら 

https://www.pref.kanagawa.jp/gikai/r06dai2_shitumonnkoumoku.html

インターネット議会中継はこちら 

https://kanagawa-pref.stream.jfit.co.jp/

 

 

 

 

 

友だち追加

 

6月20日(木)

【横須賀の中のフランス🇫🇷】 

横須賀で外国というとアメリカを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。 確かに米軍基地があって、数多くのアメリカ人が横須賀中央を闊歩しています。 朝8時になると横須賀中央ではアメリカの国歌と日本の国歌が基地から聞こえてきます。 しかし、横須賀は実は歴史的にフランスと切っても切れない縁があるのをご存知でしたでしょうか。これは横須賀市のウェブサイトでも説明されています。 

横須賀の中の素晴らしきフランス 

https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/2120/french/index.html

ヴェルニー公園の名前の由来であるヴェルニーはフランス人で、横須賀製鉄所の所長でした。江戸幕府がフランスに造船所を建造することを依頼したのです。

横須賀には全国から優秀な人材が集められ、フランスから高度な技術を習得するため、フランス語学校もありました。 しかし現在では若い世代に横須賀とフランスの関係を学ぶ機会はほとんど与えられていないのではないでしょうか。 ちょうど今フランス月間なのですが、横浜では様々なイベントや取り組みがある一方で、横須賀ではその雰囲気はほとんど伝わってこないのです。 日仏関係の研究者などが集まるかながわ日仏協会の理事を昨年から務めています。横須賀とフランスとの関係を多くの人に知っていただくための活動にこれからも取り組んでいきたいと思っています。 写真はフランス大使館の駐在武官からもらったもの。日仏関係の行事の際に身につけるようにと渡してくれました。 

横浜フランス月間についてはこちらをご覧ください。 

https://news.yahoo.co.jp/articles/df11bb18529ac883c9298f7be93eccd4563e7d6e

 

 

 

友だち追加

 

6月21日(金)

【こんにちは県議会】 

神奈川県議会では、県議会の仕事やしくみ等を分かりやすく解説したパンフレット、こんにちは県議会(一般用)、県議会のおはなし(こども用)及び多言語パンフレットを作成しています。 各地域から誰が県議会議員で出てきているのか、誰がどの委員会に属しているのかがよくわかる冊子になっています。 私を探してみてください。 

パンフレット(PDFファイル)はこちらから。 

https://www.pref.kanagawa.jp/gikai/p80215.html

 

 

 

 

友だち追加

 

6月22日(土)

【障がいのある方を対象とした神奈川県職員採用】 

県では、障がいのある方の雇用を促進するため、本年も、障がいのある方を対象とした神奈川県職員採用の試験を実施します。 実施区分は、行政、公立小中学校等事務、警察事務となります。 詳しい案内はこちらをご覧ください。 

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/s3u/prs/r4946607.html

 

 

 

 

 

友だち追加

 

6月23日(日)

【避難所ボランティア登録制度】 

避難所ボランティアとは、震災時避難所において、支援が必要な方へ、専門知識・経験等を活かしたサポートを行っていただくボランティアです。 地震などの自然災害はいつ起こるかわかりません。そして、発災直後の避難所は大変混乱します。 そのような中、避難所には困っている人がたくさん避難してきます。市では職員の派遣も計画されていますが、計画通りに人員が配置されるかどうかは全て発災時の被災状況など時と場合によります。 横須賀市では、そうした事態を少しでも改善する手段として避難者のサポートが出来る知識やスキルをお持ちの方を募集し登録をお願いしています。 ご自身や、ご家族の安全が確認できてからで構いません。 登録方法など詳しい内容についてはこちらをご覧ください。 

https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/0525/20240523.html

 

友だち追加