伝達手段はこれからどうなるか | 横須賀市議会議員 永井まさと オフィシャルブログ
2010-03-23 22:16:36

伝達手段はこれからどうなるか

テーマ:ブログ
パソコンが世に出て、ここ三十年くらいで世の中の伝達手段は飛躍的にそのバラエティーを増やしてきました。

今日もテレビでツイッターの特集をやっていましたが、個人がその伝達内容の重要性や必要性に全く関わらず、何げなく情報を多くの人たちに伝達することができるまでにコミュニケーション手段は広がりをみせています。

注目すべきはメールやツイッターなどのネットを用いた伝達手段はコストがほとんどかからない点でしょう。

これからも新聞や雑誌などの紙媒体はなくならないとおもいますし、現状のネット使用者の普及具合から見れば、行政などの全ての住民向けの情報に関してはネットではカバー出来ないでしょう。

ただ、ここ何年かで盛り上がってきているエコキャンペーンの流れからすれば、ネットでの情報伝達はさらに重要性を増して行くでしょう。

国会では選挙活動をネットでできるように公職選挙法を改正する動きがありますが私は賛成です。第三者によるなりすましの犯罪の懸念もありますが、情報伝達の手段としてこれだけの市民権を得ているネットでの選挙活動を解禁すれば政治の姿勢としてエコをもっと推し進めることも出来るはずです。

紙媒体が無くならなくてもネット時代に対応出来るようにしておく必要はありそうです。

iPhoneからの投稿

永井まさとさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス