1017

 

今回はこの数字に意味があるのかもしれません 

 

日本に帰ったら

レムリアの集まりをしたい

マウイにいる3ヶ月間

それをずっと願っていました。

 

前回の旅では

縄文とレムリアの深いつながりを感じ

日本国内のいろんな場所を尋ねさせてもらいました。

 

それがおそらく

今回の旅でさらに深まるだろう

という予感もありました。

 

これはわたしたちが

ソウルスターに携えてきたものであり

アーススターに刻まれた約束でもあります。

 

まずは帰国第一弾のイベントとして

レムリアギャザリングを行おうと思い

日程を決め、内容も決めて

HP作成もしてもらい、

 

そして公開前の校正をしている段階で・・

 

これでOKかな?って

洞察してみたら・・・

 

 

なんと

 

「アゼツライトミッション」という言葉と

一連の言葉がつらつらと降りてきて

 

自動書記のように記録しました。

 

そしてHPの文章も全部総とっかえとなり・・

 

結果、

タイトルから全部、日付以外丸々、変更し、今日から募集を開始しました。

 

(早速、どんどん、ご予約が入ってきています。ありがとうございます💖)

 

さきほど、facebookにその簡単な経緯とイベントページのリンクを貼らせていただきました。

 

レムリア瞑想会は

豊橋のベジカフェ ・ロータスさんでもぜひということで、

日程だけ決めさせていただいていたのですが、

 

そちらに興味を持たれていた近畿地方の方から

Facebookでコメントをいただきました。

 

その方に、返信を書いていて、気づいたのですが、

 

横浜での日程が、10月17日(1017)

豊橋での日程が 11月7日(1107)

 

同じ数字の組み合わせだということに気づきました

 

そしてこれは、

オーラソーマの新しいボトルB121のライムグリーン/オレンジ

プルトー(プルトン)のボトルとも関わる数字であると感じています。

 

image

(プルトンが誕生した日に、マウイのナディア村オンザビーチのテーブルに置いた

ペルセポネのボトル。ガラスのテーブルに映り込んだ(その日は庭師さんがきてくれて刈りたての)芝生の色が

ライムグリーン色に輝いていて、プルトーのアピールが早速届いていたことに、写真をアップしようとして気づきました。)

 

「レムリア」を掲げて発信をすると

本当にいろんなシンクロニシティが同時多発的に一気に動き出す感じがあります。

 

「アゼツライトミッション」という言葉も

内容も、いままでわたしのマインドのなかに影も形もなかったものなので

 

本当に潜在意識の闇のなかから

 

ぽん!!

 

と上がってきた、そんな感じがします。

 

「アゼツライトミッション」は、

おそらくここから、新しいウェイブを作っていく、そんな予感があります。

 

秋分明けで、滞っていたエネルギーも、動き出しましたね。

この秋は、コミュニケーションも人々の活動も、活気がありそうだということを

秋分のホロスコープチャートから、知りました。

 

わたしも、このところ閉じ込められていたような場所から

ふわっと抜けて、楽になったような

そんな感覚があります。

 

そして、アゼツライトミッションも、おそらく大きなウェイブにつながっていく象徴的な日になるような

気がしています。

 

みなさんと一緒に、探求していくのを

心から楽しみにしています。

 

 

公開ほやほやの詳細ページはこちらです。

 

 

 

 

 

プルトンの喋り倒し無料オンラインイベントもやります