マウイ島も9月15日から

レストランに入るときにはワクチンパスポートが必要になりました。

 

それを意識したわけではないのですが、

たまたま先日、お友達と、レストランでのランチを約束していました。

 

わたしもお友達も、ワクチンを打つ予定はないので、もしかしたらしばらくマウイのレストランはお預けになります。

(マウイは30日間の期間限定でのワクパス導入みたいです)

 

もともと、滅多にレストランで食事しないので

(外食より、うちのご飯と、持ち寄りホームパーティのポットラック料理がが一番美味しいニコ

 

対象がレストランやスポーツジムなどに限定されるのであれば、

わたしにとってはいまのところ ほぼ生活への影響はないだろうな・・というところです。

 

 

ランチの場所は

 

 

南マウイ

ナディア村オンザビーチのご近所 KIHEIエリア

 

オーシャンフロントの絶景のテーブルでした。

 

 

image

 

テーブルの真横の大きな窓からは

こんな景色です。

 

 

最高の立地ですよね

KIHEIエリアでこの立地は貴重で

さらにリーズナブルラブ

 

 

穴場のレストランです。

 

 

オープンと同時に入ったので、貸切でした。

 

窓も全開で、風も通って解放感ばっちり

 

一番景色がいい特等席のテーブルに着いたら

 

メニューをひらきもせずにいきなりおしゃべり全開爆笑

 

やっとメニューを開いても

オーダーもしないまま 近況報告

 

 

それぞれ持ち寄った お野菜などの物々交換 が はじまりました。

 

 

 

image

 

別に物々交換を約束していたわけでもないのに爆  笑

 

わたしはお庭でとれたゴーヤを持っていき

 

とっても甘いトマトと リリコイ(パッションフルーツ)や 紫蘇の葉をいただきました♪

 

写真↑ レストランのテーブルがこんなことに・・

これがローカルスタイル😆音譜

 

でも全然嫌な顔もされず

ウェイトレスさんもわたしたちのテーブルを覗き込んで、それなあに?? って 紫蘇をみて 興味津々

匂いを嗅がせてあげました。

 

 

image

 

さて これはなんでしょう↑

 

 

 

実はこれ、オーラソーマボトルです

お友達がボトルをオーダーしてくれたので、

ティーリーフで包んでお渡ししましたラブラブ

 

Tiは 祈りや儀式によく使われる植物の葉で神聖なエネルギーがあると言われ

大事にされています。

 

わたしも仙骨びらきなどのワークによく使用しています。

 

これは、そのなかでも、

前回の満月の日の集まりで、祈りの祭壇に飾っていた ティの葉です。

 

image

 

 

その後 それを

 

ワク(わく)共感サークルの時のグリッドに使いました。

 

祈りを引きつぐようなイメージでした。

 

その、祈りをさらに引き継いで

こちらのボトルのお包みに・・・

 

 

image

 

 

ナディアでも 本当は 梱包材をなるべく使いたくないし

わたしは、お買い物しても、梱包材や包装紙はなるべくもらいたくない。

 

こんな風に 葉っぱで巻いて、どうぞって

 

そういうのができたらいいのにな・・・ 

 

(これを読んでいるナディアのお客様で、包装不要だよっていう方は

ぜひスタッフに声かけてくださいね

 

もちろんすでに、オーラソーマボトルやクリスタルを購入される予定でいらっしゃる方の多くは

ご自分でハンドタオルやポーチなどをご持参くださって、「これに包んで帰るからプチプチいらないよ〜」って

言ってくださる方もたくさんです💖)

 

 

話がそれちゃいましたが

 

お渡ししたボトルはB67マジェンタ/マジェンタ 「神聖なる愛」というタイトルのボトルです。

 

日本人の精神性や魂性を象徴すると言われるマジェンタ

 

「見えているものの背後にあるものを感じ取る感性」と関連しています。

 

一杯のお茶にも神が宿る・・という言葉が わたしは大好きなのです。

 

神聖な意識をもって入れられたお茶は

それが当たり前のお茶っぱだとしても

 

エネルギーに満ちた生薬にもなるし

癒しに満ちたエッセンスにもなるし

神の露(アムリタ)にもなり得ると思うからです。

 

 

 

何をするか、ではなく、どのように(どんな意識で)それをするのか・・

 

そこに意識を置くことが大切なのだと

教えてくれるようです。

 

いま、人間社会で起きている出来事や選択に対しても、

いま一番必要なことは、わたしたちがそこに意識を起き続けることなのではないか?

そんな風にも思っています。

 

 

 

マジェンタの話から

日本の歴史や

縄文についてのあれこれまで 話題は広がり

 

 

レストランのオープン11時と同時に入店して

解散したのが15時半でした

 

途中、目の前の海で スティングレイ(えい)が やってきて

パタパタしてるな〜〜って思ったら

 

なんと 交尾中ラブ

 

けっこう長い間 わたしたちのテーブルの前のすぐ近くまでやってきていました。

 

image

 

 

まわりのテーブルで食事していた人たちも気がついて

 

窓から、乗り越えて外に出てわいわい見物も

 

観光でいらしてるらしいグループが多かったですが

きゃーきゃースティングレイ? すごーい アメージング!みたいな感じで

感動してる 若いグループが可愛かったドキドキ

 

 

 

長閑で、ゆるゆるモードのマウイらしい時間でした。

 

 

こんな感じで、マウイでもほんとに始まるのかなワクチンパスポートはてなマーク

 

ジタバタしている人間と

いつもとかわらない自然のいとなみ・・・・

 

 

わたしたちはどんな現実を生きようとしているのでしょうか。

正念場だなあという気がしています。

 

 

 

日本帰国が近づいてきました。

いろんな企画をたてています。

レムリア瞑想会や深く濃密なワークができる対面でのワークショップもやりたいです。

本当は旅を含めたリトリートもしたい。(できるといいな)

 

最新情報は

こちらに掲載していきますので、

ぜひ、チェックをお願いします。