毎日別に気にしたり悩んだりしてないことを

疲れてるときは真剣に考えてしまって

ネガティブになったりする。


私の場合それは「彼氏」だ。


欲しいと思ったことは最近ない。

最近っていっても本当にここ1年以上ない。

人と付き合うってのがすっごく面倒くさく感じていたからだ。


しかし、昨日は本当にいろいろ疲れていて

でもゼミの本買わなきゃいけなくて一人ふらふらブックファーストに行った。


新書コーナーで本を探してた。

新書って沢山面白そうな本がある。読みたいものが沢山ある。

ぼーっと探してたら、目にとまった本があった


「女はすべからく結婚すべし」


はぁ!?って思ってパラパラ読んだ。パラパラっていうか30分くらい立ち読みしてしまった。


そこにはこんなことが書いてあった

「女の幸せは結婚にある」「恋愛氷河期から抜け出せ」だのなんだの・・・・

でも、ずっと読んでたら凄い不安に襲われた。


今自分は一人が最高に楽しい→彼氏とかめんどい→就職して仕事にはまる

→ますます一人が最高になる→あれ・・・?


みたいな。


こんなこと思ってる私の話を聞いて

「どうせ彼氏ができないから強がってんでしょ?」

みたいに思う人は当然いると思うが、

本当にいらないのだ。


彼氏がいるということは、つまりデートをしなくてはいけないのだ。

仲いい男友達と「久々に飲んで語ろうか~」みたいな感じじゃない。

デートを「しなければ」いけないのだ。

非常に面倒くさい。

金も使うし気も遣う。

デートで喧嘩したら悩むだろう。それでまた疲れる。

どう修復するかを考え、他のことが手につかなくなる

それで失うもののリスクは高かったりする。。。


やっぱりめんどくさい。


一人だと、まず金を自由に使える。

会いたいときに会いたい人に会える。

普通に生活していれば大した人間関係の悩みもないだろう。


っていうことを考えてて、

今日授業中に男友達にその話をしてみた。

そしたら

「お前のその考えは非常に危険だ」

って言われた。


彼も、女の幸せは結婚にあると思っているらしい。

女は恋をすれば綺麗になるから(まぁ確かに)、恋をした方がいいらしい。


でも、ちょっとまじめに思うんだけど、

「女の幸せは結婚にある」ってよくいうけど、

ほんとにそうなんだろうか。


何かの本で読んだことがある。

「欧米はなんでも夫婦単位で動くが、日本はそうではない」と。

その通りではないだろうか。


欧米は夫婦で夜一緒に出掛けたり、とにかく何でも夫婦単位。

日本は結婚すると嫁はほっとかれるイメージが強い。

事実結婚後悩んでる人って結構多くないだろうか。

わざわざ悩むために結婚なんてしたくないのだ。


また、超愛読誌「anan」にはこんなことが書かれてあった

「下手な男に彼女として認められるよりも、仕事で得られる快感の方が強かったりする」って。


フェミニズムとかそういう難しい話じゃないけど、

別に結婚しないのもありなんじゃないって思う。


でも、彼氏いて最高潮に幸せな人もいると思う。

そういう人の話を聞いてみたい。

何が楽しいのか、素直に参考にしたい。

「普通」はみんな大学時代、彼氏とかいて楽しい女子大生を満喫してんのかな、とかも思う。


雑誌とかメディアで「恋愛力が落ちている女性の治し方」

みたいのやってるから、不安になる。

疲れてると、本気で悩む。

このblog書いてる今も、寝不足で疲れてるからまた悩み始めた。


今度、齋藤孝氏著の「恋愛力」を読んでみようと思う。






AD

語学愛

テーマ:

TOEFLの点数を取れたから、

夏どうするかまた悩み始めた。

 

英語の先生や、友達に沢山相談して

やはり語学留学はやめることにした。

 

UCSDのsummer sessionに行くことになりそうだ。

5週間だし、UCLAより短いから安くて

治安もいいし、9月始めに帰ってこれるから都合がいい。

頑張ってバイトしなきゃと感じる今日この頃。

 

UCSDには、essayを提出しなきゃらしい。

御題は「なんでこのプログラムを受けたいんですか?」みたいな感じ。

 

これまでたまによく考えてたし、

勉強で行き詰った時、友達が

「なんで英語を勉強したいの?英語を使って何したいの?」って

また英語をやる気にさせたりしてくれた。初心に返らせてくれた。

だからちょくちょく考えてたんだけど、

今日は今んとこまとまってる考えを少し書こうと思う。

 

元々、語学を好きになるきっかけっていうのは小さい頃からあった。

小学生の時からお母さんが地元の英語教室みたいなとこに通わせてくれた。

だから、中学にあがったとき、周りより英語の成績がよかった。

 

誰でも出来る教科は好きになるもので、

私も自然と英語が好きになってた。

 

そして、エスカレーター式の中学にいたから、

高校受験もなく、夏休みは凄く暇だった。

中3のとき、これまたお母さんが

「時間があるなら、ホームステイとかしてみたら?」って提言してくれた。

 

そこで、私は3週間だけアメリカのユタ州にホームステイしに行った。

そのプログラムは英語研修と観光の他に

現地の高校生と一緒に高校の授業を受けてみるというものだった。

 

初めて親元離れて

初めてアメリカっていう大きい国に行って、

何もかもが新鮮だった。

シリアルばかりの朝食も、隣の家に行くまでチャリを使わなくてはいけなかったことも、

コンビニすら近くになくて自然だらけだったことも。

 

アメリカの学校が凄く自由で、

トイレとかもめっちゃ広くて

みんな車で通学してたこと。

 

夜地元のみんなとおしゃれしてダンスパーティーに行ったり。

 

でも、何より普段と違ったのは、

「英語で話す」ってことだった。

 

始めはホストファミリーとほとんど話せなかった。

ホームシックになって、日本に電話して

お母さんとお父さんの声聞いたら安心して泣いてしまったこともあった。

 

でもだんだん慣れてきて

自分が話した英語が相手に伝わったとき

物凄い喜びを感じた。

 

この経験が私を語学好きにしたんだと思う。

 

何で語学が好きかって、

まず、自分が勉強した言葉が相手に通じたときの喜びは格別だから。

そして、外国語が話せると、

世界中に話を出来る人がいっぱい増えるからだ。

 

日本にいれば、外国人と接する機会はあまり無い。

だから、別に英語とかスペイン語とかやっても

使わないから意味ないかもしれない。

 

そう思ったときもあったけど、

もう一つ私の考えを変えた事件があった。

 

高校のとき、イーオンに行ってた。

グループレッスンで50代のおじちゃんが居た。

失礼だけど、出来る風のサラリーマンとかじゃなくて

いっつもジャージだった。

でも、英語はめっちゃぺらぺらだった。

先生もびっくりして

「外国で働いてたんですか?」とか聞いてたくらい。

でも、そのおじちゃんは生まれてこの方日本を出たことがないって言ってた。

 

「いつかは行ってみたいんだ」

って言ってた。

 

まじで頭が下がった。

 

そして、語学を勉強するってこういうことなんだなって思った。


言葉っていうのは、その国の文化とか人の生活とか

全てを反映しているものだって思う。

 

例えば、日本語には「あそび」って言葉がある

"room"って訳せるけど、日本人の心情とか、日本ならではの粋な意味合いは

英語にすると消えてしまう。 

 

そのおじちゃんも、「いつか行きたいから、そのとき困らないように」

っていう理由だけで50年以上日本を一歩も出ずに勉強を続けられたのではないと思う。


何かに役に立つとかじゃなくて

恋愛でいえば「見返りを求めない愛」みたいな気持ちが

語学を勉強する上で私にはある。

たぶんそのおじちゃんにはもっとある。

 

私は大学生になってから

旅行する機会が多かったからなお更

その国の言を話せる大切さっていうのを知った気がする。

 

言葉が分かって

自分とは全く違うバックグラウンドを持つ人たちとコミュニケーションが取れるということは

もし今自分に一本の木の幹しかなくても、

いろんな考えを取り入れることで

何本も枝分かれしてく。

自分が行き詰まったり困ったりしても

解決策のヒントを探しやすいし、何より物事を多角度から見ることが出来る。

物事のいろんな面を見れるって凄くいいことだ


私は世界中みたことがあるわけじゃないから

一概には言えないけど、

クリスチャンの国は道徳心豊かな国民が多い。

イスラム国は、他宗教と比べて敬虔な人がとても多く、

一つのことを一心に信じる力っていうのが物凄い。


日本にはないそういう宗教・文化からくる考え方を

その土地の人と実際コミュニケーションをとることで

実感もって知ることができたりする。

世界中にはいろんな人がいて

いろんな考え方があるんだって改めて感じる。

他人の気持ちを汲み取ることができるっていうのも本当に大切だと思う。

 

語学を使った仕事がしたいか、と聞かれたらそうだと思う。

もっといろんな人とコミュニケーションが取れたらいいなって漠然とは思ってる。

 

なんの為に語学やってるかは、

一言では言えないということにこのblogを書いていて気付いた。

とにかくいっぱいある。

 

でも、

メキシコのお店のおばちゃんに「ありがとう」って言ったら笑顔で返してくれたり

アメリカの大道芸人が漫才喋ってることわかって、凄く楽しい気分になれたり

スペインのストリートミュージシャンに「上手でした」って言ってあげられたり

そういう一瞬一瞬の喜びがあるから、やめられないし、勉強したくなるんだと思う。

 

もっと勉強してもっと話せるようになれば

もっともっとその喜びが倍増するんじゃないかって思うからやってるんだと思う。

 

・・・・・読み返したら長い。長すぎて意味がわからなくなってる。

でも、徒然書いたから全部本心だと思う。

 

これからも日々精進しなくてはと思うこのごろ。

AD

「かりゆし」な最近

テーマ:

今日TOEFLのスコアが届いた。


怖くて恐る恐る見た。

まず、essay rateが4以上なら目標点数超えてるはずだから、

そこだけチラッと見た。


そしたら4.5だった。


びっっっっくりして

total score見たら223点!目標を10点も越えてた。

嬉しすぎて若干泣きそうだった。

すぐ親に報告したら、二人とも一緒に喜んでくれた。


私は大学受験も第一志望に入れなくて

なんか、努力して(っていうか十分にがんばってなうういんだけど)

夢叶えるなんてこと自分には無理って思ってたから

なんだか、今回のTOEFLは特別な感じだった


まぁ、それはおいといて

実は昨日までまた沖縄に行ってきたんだ。

今回も2泊3日。

沖縄は梅雨だったけど、なんとか海水浴を楽しむことが出来た。


また、ゴーヤチャンプルーを食べまくって

泡盛飲んで、泳いで、日焼けして、ホテルでエステして

買い物して、とにかく楽しんだ。


今回は前回とは違って本島の真ん中らへんの

リゾートホテルに泊まった。


リゾートホテルってすごい!

なんか、そのホテルだけで全てまかなえるようになってる。

十分楽しめるように作られてるんだ。


ライブラリーがあってパソコン夜0時までやり放題。

人気小説もあって貸し出しOK

ハンモックもあってのんびり昼寝できたり

コインランドリーもあったりする。


他のホテルも行ったけど、

そこはホテル内にお店が4つ、

バーが2つ、レストランが5つもあった。

ここもインターネットやれるし、ネイルサロン、エステ、温泉が完備されている。


お店っていってもいわゆるお土産やさんじゃなくて

キーホルダーから沖縄名産の食品、洋服、アクセサリー、日用品、

沖縄産の家具なども売られていて

どこかショッピングセンターにいった感じ。


那覇市内まで行かなくても

ここで海に入ったり、のんびりショッピングしたり、

長期滞在の人はライブラリーでゆっくり仕事も出来る。


こういうホテル業界ってなんか面白いと思った。


ただのホテル内の道も、

とてもきれいに芝が植えられて

タイマツみたいのもあって、そこだけで立派な散歩道になる。

のんびり散歩してベンチ座って景色眺めだけで

かなりの時間が過ごせる。

もう、ホテルにいる感じじゃない。

街にいるみたいだった。


美ら海水族館に行ったり、名護のきれいなビーチに行ったりもした。


印象的だったのは、

沖縄ではアロハシャツがスーツ代わりになってることだった。


高速道路の料金所の人も、

街行くサラリーマンもみんなアロハシャツだった。


凄く涼し気で、見ているこっちは、「あ、沖縄に来たんだな」って感じる。

現実的なこといっちゃえば、

沖縄人も観光に貢献してんだなって思った。


でも、アロハシャツを制服にしちゃうなんて

さすがスローライフ県だ。


というわけで

どうしてもアロハがほしくなって

那覇市内に浮島通りっていう裏原みたいなとこがあるんだけど、

そこのショップで買ってみた。


店員さんが「アロハは『かりゆし』の服なんですよ~」って教えてくれた。

かりゆしっていうのは、沖縄の方言で「めでたい、幸福」って意味らしい。


でも、このシャツ着たら

沖縄のスローな感じとか

沖縄にいるとき感じる心のゆとり、幸福感みたいのを

東京に帰っても感じるかもってちょっと思ったりした。


みんなにちんすこうのお土産買って帰った。


アロハ早くきたいなぁ




AD

ダメ人間

テーマ:

前から薄薄気付いてたけど、

今日やはり自分が「ダメ人間なんだ」ということを確信した。


今日はとにかく最悪だった


1.寝坊してまた授業に出れず

2.友達に出席表お願いしたら、私の分かいているところを先生にみられたらしい

3.ゼミの課題と教科書を忘れる

4.お父さんに電話して添付で課題送ってもらったけど、友人にきつい言い方だったと指摘され

  非常に後悔する

5.授業のグループワークで役立たず的なことを言われ書記に回される


といった感じだ。


ゼミも、何もかも忘れたから何しに来たのか自分でも分からず、

非常に肩身が狭い時を3時間も過ごし、気分が悪くなった。


「ダメ人間」というレッテルを自分で自分に貼り、

とにかく気分が落ち込みまくり、

先生の話もまともに入ってこなかった。


先生は今日「一般常識力を今から身につける為にやること」を

ツラツラと述べていた。

しかし、今、この現時点で私は周りよりもきっとやるべきことをやってなくて

だらしなくて終わってるから、新たな課題を与えられてもやる気にならず、

向上心も全く沸かず、「一般常識力つけたから、だから何?」って感じで

とにかく心の中では反抗期になっていた。


「そんなにいろいろやれないよ~

もう勘弁してよ。そんないろんな知識のある人間になったからって

だからなんだっていうわけ?

なんかどっか田舎でスローに生活したいなぁ。

そうすりゃこんな頑張らなくていいもんね。

てか、立派な人間になったからって何がどうだっていうわけ?」


みたいな感じ。


全く意欲がわかず、

その場ですぐ机から転がり落ちて寝たかった。


とぼとぼ帰った。


家に帰った。


物を頼んでるのにきつい言い方をしてしまい、

悲しませてしまったはずのお父さんが

「おかえり~」

って笑顔で迎えてくれた。


そのとき思った。


ああ、頑張らなきゃな、と。

私はいろんな人に迷惑かけて、傷付けてるけど、

みんな寛容。私より大人で優しくて、

自分がすごく情けなくなった。

自分がダメだからってすぐ放棄する自分が子供だと思った。


知識があって一般常識があるから、なんなの?ってやつも、

夜みた「曲がり角の彼女」ってドラマ見て少し考えが変わった。

主人公の稲森いずみが、会社で主任を任され、

親と喧嘩したり彼氏いなくて嘆いたり、落ち込みながらも

生き生きと仕事を頑張っている姿を見て、

かっこいいなって思ったし、充実して楽しそうだなとも思った。


むしろ今日は自分がダメ人間だということが分かってよかった。

わからなければ、ずっとこのままなはずだ。

明日からは、本当にきちんとした生活を送ろうと思う。

責任感あって周りに優しい人になりたいと思った。


まず、明日の準備は今日中にやる。

言葉遣い、話し方に気をつける。

1日を充実させるために、体力が必要だから、前の日きちんと早めに寝る。


時間がないって嘆いてパンクしてしまうのも、

朝起きるのが遅いから。遅刻もしちゃうしうっかり授業もさぼってしまう。

だから早めに寝て、朝早く起きてゆっくりワイドショーとか見たい


とりあえず、こうした小さいことから始めて

ダメ人間脱却を目指そうと思う。









ジェットスキー

テーマ:

今日はお父さんと一緒にジェットスキーしに行った。


朝早く家を出て、昼くらいにはもう海の上をがんがん走ってた。

物凄いスピードで波の振動に揺れて、海水をたんまり浴びて

ずいぶん浜辺から離れて、人気のない浜辺まで行った。


そこで1時間くらい横たわって寝てた。


すっごい気持ちよかった。

晴れたけど、日焼けとかも気にしないで

太陽の方向いて寝てた。


ふと空を見たらトンビが羽を広げて優雅に飛んでいた。

私も広い海と、誰もいない浜辺に横たわって物凄い開放感で

トンビの仲間くらいの勢いだった。

糞が落ちてこないか若干不安だった


砂をよく観察したら塩っぽい物質も混じってた。

乾いてるとこ掘ったら水が出てきた。

海で冷えた体を、太陽で熱せられた砂で温めた。

砂風呂みたいにしたらすごくあったかい。

足元に打ち寄せる波がひんやりで気持ちいい。


潮風のにおいも新鮮で沢山吸い込んだ。


今日、ウェットスーツ着たりシャワー浴びたりするのが

面倒だから、浜辺でお父さんを待ってるつもりだったけど、

やってよかった。


こないだのTOEFLのwritingの御題が

「休日があったら、あなたはアウトドア派かインドア派か」

みたいなやつだったんだけど

今日やっとアウトドアの良さに気づいた気がする。


自然の小さなことに気づいたり

自然の中でしか感じられないにおい、感触

太陽の熱さと海の冷たさ。

そういう五感を改めて実感することが大事なんだと思う。


程よくおなかもすいて、

そのあと大量にバイキングで食べた。


家帰ったらすっごい疲れてたけど、

気持ちのいい疲れだった。


また連れてってもらおう