なっちゅらるんのナチュラルイラストdays★

なっちゅらるんのナチュラルイラストdays★

イラストレーター/イラストルポライター/フェルトマスコット作家の岡本なつ美の、日々の創作です。


テーマ:

毎年恒例で、今年の新年も、門前仲町の、深川不動堂へ行ってきました。

昨年はいろいろ、大きな行事のあった、節目の一年でした。

なのでちょっと背筋をピンと伸ばしながら、今年はお詣り。

少し深川不動堂を散策すると、すてきな木の入れ物に入っている、開運福豆なるものを発見☆

毎年来ていても、いつも買ったことが無かったので、今年は買ってみようかと、購入(*^▽^*)

節分に豆まきはしなかったけど、美味しくいただきました。

この木の入れ物って、お酒飲む時に使うよね…お酒飲めないんだよね、私(笑)ふふふ。


via ナッチュラリスト
Your own website,
Ameba Ownd

テーマ:

2018年10月6日(土)~11月11日(日)まで開催されていた、日暮里・ひぐらしガーデンでの、

絵本作家・つぼいじゅりさんの絵本「いもむしパン」とのコラボ、「いもむしパンフェア」。

 

今回は、お待たせしました照れ星ラブラブ

ひぐらしガーデン内の「ひぐらしベーカリー」(ベーカリーカフェ)での、絵本「いもむしパン」コラボの主役パンラブラブキラキラ

食べられる、リアル「いもむしパン」「ちょうちょパン」のご紹介ですガーベラちょうちょ

 

こんな感じで、ひぐらしベーカリーさんの売り場に、パンたちが置かれていました。

補充されても、すぐ売り切れてしまい、お店の人もうれしい悲鳴(!)だったみたいです猫チューリップラブラブ

実際の形になった、いもむしパンや、ちょうちょパンを手で持つと…ずっしり感!!(笑)

その重さが、またリアルを感じましたコアララブラブ

絵本で描いたパンのキャラクターが、現実にホカホカで食べられる、かわいいパンに出来上がるなんて、ステキです。


テーマ:

2018年10月6日(土)~11月11日(日)まで開催されていた、日暮里・ひぐらしガーデンでの、

絵本作家・つぼいじゅりさんの絵本「いもむしパン」とのコラボ、「いもむしパンフェア」。

 
今回は、日暮里・ひぐらしガーデン内の、
「ひぐらしベーカリー」(ベーカリーカフェ)という、「パン屋の本屋」(書店)さんに隣接する、お店が、
絵本「いもむしパン」とコラボしている様子を描きました。
「ひぐらしベーカリー」さんの外観も絵にしました。雰囲気が伝わればいいな~と思いますチューキラキラ
 
 
ドリンクを渡すコーナーの台のところに、いもむしパン(レーズンいもむしパンですねピンク薔薇)と
おはなパンの絵が飾ってありました。
 
本物のパン屋さんに、絵本のパンの絵が飾られていると、すごくピッタリ合わさっている感がありますパンハート
しっくりきて、その上、可愛いラブラブラブ
 
絵本の中で、こんがり焼けていた、おはなパンの焼きたても、
こういう、「ひぐらしベーカリー」さんの店内の、パンのいいにおいがするのかなチューリップガーベライエローハーツと、
飾られている絵を見て、ふと思いました猫ガーベラ
 
店内の本物のパンたちにまけじと、つぼいさんの描いたおはなパンの色彩も、美味しそうでこんがりに表現されてて、
「ひぐらしベーカリー」さんのお店の雰囲気も、つぼいさんの描いた絵本のパンも、お互いを引き立て合っているみたいに思えて、
よいなぁ、いいなぁと思いました照れラブラブ
 
次回は、「ひぐらしベーカリー」さんのパン職人さんが、「いもむしパンフェア」期間中、こねこね作った、
絵本「いもむしパン」とのコラボパンをご紹介します星ラブラブ
 

テーマ:

2018年10月6日(土)~11月11日(日)まで開催されていた、日暮里・ひぐらしガーデンでの、

絵本作家・つぼいじゅりさんの絵本「いもむしパン」とのコラボ、「いもむしパンフェア」。

 

今回は、「パン屋の本屋」さんのほうで、飾られていた、フェルトマスコットをご紹介します。

 

羊毛フェルトなど、手作りマスコットは、さわれないように展示している場合も、それぞれ作家さんによって、あるのですが、

(さわらないようにして、きれいな状態を保てるメリットがあります)

つぼいさんは、むしろ、こどもたちに、マスコットをさわって、楽しんでくれたらいいな、と話していました。

 

そうしたら、やっぱり、興味を持って、かわいい~~ラブラブとなでていたり、

なんだなんだ?と触れていく、ちいさなこどもさんもいっぱいいて、

母親さん、大人の方も、かわいいー!!とさわっていったり、写真を撮っていく方などが

いろいろいました。

ピッタリ、つぼいさんの思いが届きましたOK流れ星

 

羊毛フェルトは、ふわふわしていて、でもかたいような、独特な手ざわり感。

見た目は、やさしく柔らかで、あたたかいイメージです。

そういう生地感が、ホカホカ、やさしく、美味しそうで、あたたかなパンを表現するのには、もってこいなアイテムだと思います。

いろんな複数の色を加えられるのも、羊毛フェルトならではですチューキラキラ

 

通常のフェルトのマスコットは、ぎゅっラブラブと締まった、手ざわり。

小さい頃に、手芸をする時に、一番身近に使っていた材料でもあるから、親近感が持てていいですよね。

 

次回は「ひぐらしベーカリー」さん(隣接する、パン屋さん)の、

絵本「いもむしパン」とのコラボの様子を載せていきます。


テーマ:

2018年10月6日(土)~11月11日(日)まで行われていた、日暮里・ひぐらしガーデンでの、

絵本作家・つぼいじゅりさんの絵本「いもむしパン」」とのコラボ、いもむしパンフェア。

 

今回は、つぼいじゅりさんの、自ら彫り彫りした、消しゴムはんこのスタンプを紹介します。

大きめサイズの消しゴムに、器用に彫ってあります。

 

小さい子どもさんは、スタンプを押すのに夢中でした。

私も、幼稚園、小学校の時に、やっぱり、スタンプ押すのが好きだったなぁーというのを、見てて思い出しました。

私の場合は、その時は市販のスタンプだったけどびっくりアセアセ

 

なので、つぼいじゅりさんが、「子どもたちが喜んでくれると思ってニコニコ」と、消しゴムはんこスタンプを彫ったことを聞いた時は、

やっぱり子どもさんを喜ばせるツボを心得てるんだなぁ、ほほうーーと思いましたチュー

 

手作りの紙粘土立体も、丸みのある形がちゃんと再現されていて、リアルいもむしパン&ちょうちょパンを

現実世界でも見れたキラキラキラキラ色も、温かみのある、美味しそうなキレイな色使い。

小さい鉄板まで用意して、パンらしく表現することもしっかり!

 

次回はいもむしパンマスコットをご紹介します~~ハートピンク薔薇

Ameba人気のブログ