もうすぐ夏休みも終わります。
もうすでに終わってるところもあるんかな?

この時期
いろいろな想いが出てくるよね(  ̄▽ ̄)


学校に行きたくない
そんな子どもたちが
たくさんいます。

24時間TVがあるこの時期は
もうすぐ夏休みが終わってしまう…
と、すごく憂鬱になりながらも
TV観ながら徹夜して
マジメに宿題やってた自分を思い出します。


学校かぁ…

私、大嫌いでした。
なんとなく、嫌いでした。

なのでしょっちゅう
たいした理由もなく休んでました。

高校時代は、留年ギリギリまで休んでました。

一応高校卒業だけはしたかったんでがんばったけど
高校卒業した日のあのうれしさは
忘れられません。

もう学校行かなくていい!
ヽ( ̄▽ ̄)ノ


おかげで学歴はなく
いろいろ不便はあったけど
大人になって勉強好きになって
お金出してたくさん勉強して
今、好きな仕事をできていて
それなりに稼いでもいるから

まあ、結果オーライやったんかも。


学校は
行きたくないなら行かなくていいとこだよね。

勉強は、いつでもどこでもできるし
学歴欲しかったら
学校行かなくても勉強すれば大学には入れる。

人間関係は
学校で培わなくても
どんな場所でもできていく。

自分の居心地よくない場所に
無理矢理連れていかれて
心を疲弊して
最悪死を選ぶなんて

どんだけ虐待だよ

って思う。


学校が楽しい人もいるし
学校楽しくなくても行ける人もいる。

うちの息子は後者のタイプでした。
人付き合い悪くて
クラスに必ず一人はいる
休み時間に読書ばかりしてるタイプ。

なのに学校ほとんど休まず行ってたから
聞いたことがあります。

「なんで楽しくもない学校に行けてるん?」

こんな答えが返ってきました。

「周りのこと気にしてないけん。
人のことはどうでもいいし
どう思われてもいい。
そう思っとかんと
あんなところまともにおられん。
ただ、勉強する場所、って思っとる」

ここまで割り切らないと
行けない場所である学校ってどうよ(  ̄▽ ̄)

でもこの考え方はある意味いいなぁ
社会に出ても強く生きられるかも
と思った次第。


でも、どうしても周りが気になって
割り切れない人もたくさんいます。

どうしてもどうしても
行くのがつらくて苦しいなら

学校行かなくていいやん。

その子の立ち上がる力を信じて
行かない選択をさせてあげて欲しい。

不登校そのものは問題ではなく
不登校を問題にする親が問題なのです。

これ読んで欲しい。
この記事の中のリブログも。

たしかにね
マジメに学校行って
勉強して
学歴持っていれば
便利なことたくさんあります。

でも、それができない人もたくさんいるのです。

それができなかったら
別のできることが必ずあるから

できないこと、やりたくないこと
(この場合は学校に行くこと)
をやらせることに力を入れるんじゃなく

学校に行くこと以外の
できること、やりたいこと
それを見つけることに
力を入れてほしい。


中学までは義務教育っていうけど
義務教育のほんとうの意味は

教育を受けなければいけない
という強制的な意味ではなく

すべての子どもに
教育を受ける権利を与えることが
義務
なのです。

教育を受ける場所は
学校でなくてもいいのです。


学校が居心地いい場所であれば
いちばん簡単ではあるけど
その場所が違うからといって
ひけめに感じることはない。

居場所はたくさんあるよ。

居心地いい場所を
ゆっくりゆっくり
見つけていこうね(* ̄∇ ̄*)

そして
どんな人にも
しあわせに生きる可能性が
無限大にあるからね。


不登校OK!
子どもが不登校でもOK!

まずはそこからスタートやけんね(* ̄∇ ̄)ノ


今日は一日研修(  ̄▽ ̄)

1コマ2時間ぶっ続け。
それが3コマ。
机もないホールで
数100人すし詰め状態。

くたばったわ(丿 ̄ο ̄)丿

そんな日は、やっぱりこれで(* ̄∇ ̄*)

今日の研修は
久しぶりに話し方がめっちゃ上手!
って人の話を聴けました。

逆に
つっかかりもっかかりで
聴くに耐えない人もいて残念でしたが(  ̄▽ ̄)

慣れもあるのでしょうが
流暢な話し方
通る声
適度な強弱や間のある、感情を込めた話し方。

こんな話のできる講師に憧れます♡
(女性でした)

私も人前で研修をやる機会が
今後出てくるし
司会業もやりたくて
先月からMC講座を受けています。
発声練習と腹筋鍛えること
たまにサボりますがやってます。
特に車運転してるときは
かなり大声出してるので
側から見ると変なヤツ、です(  ̄▽ ̄)

課題だった「外郎売」も
やっと全文暗記できました。
でも、つっかかりもっかかりで
早口言葉は勸玄くんに負けてます…


人が聴いて心地よい声を出したい。
わかりやすい、理解しやすい話し方をしたい。
それだけで
人に与える印象は格段に上がるし
人に受け入れられやすくなれます。

人前で話す機会のある人はもちろん
人と接するすべての人に
必要な技術だと思います。

そして、人前で話す時の
内容の理解と暗記。
それができれば最強です。
原稿があると
どうしても棒読みになってしまうので。

まだまだ修行が足りませぬ(  ̄▽ ̄)

もっともっと、自分を高めていきたいです(* ̄∇ ̄)ノ
ここ最近、お金の勉強を始めました。

ずっとお金なかったし(  ̄▽ ̄)
興味もなかった。

株とか
FXとか
外貨とか
投資信託とか
債権とか
にーさとかいでことか

言葉は知ってても

何それ?
美味しいと?(  ̄▽ ̄)

みたいな感じで。

日本はお金の教育をしないから
必要な教育なのにしないから
いろんな部分で立ち遅れています。
もう
自分でやるしかないのです。

最近になって勉強してきて
やっとほんの少し
なんとなくわかってきて

今まで知らなかったことが
ほんっとに悔やまれます。

と同時に

もっともっと稼いで
お金と仲良くなりたい気持ちが
どんどん湧いてきています。


勉強してると
なんだかお金がある気持ちになってきて
実際、今までより若干回ってきてるのです。

今までほんっとお金には苦労してきて
貧困ギリギリの状態やったのが
今は仕事してる時間は変わらないどころか
減ってるのに

以前よりは収入も増えて
以前よりは貯金も増えて
ほんの少し
気持ちに余裕ができてきました。

でもでも
老後にせんまんえんには程遠いっすよ(  ̄▽ ̄)


お金増やしたいなら

まずお金に興味を持って
お金を好きになって
大好きなお金を増やすために
知識を積むこと。

それは
単に貯蓄とか投資とかだけではなく
どうやって稼いで生み出すか
の方が重要かも。

これからも学び続けて
お金を増やして流していくことをやってみたい。

余生を
大好きなお金に囲まれて暮らすのが
私のいちばんの夢です(* ̄∇ ̄*)

宝くじ当たるのが夢です

最近はキャッシュレス決済にもハマってます。
これもいろんなやり方があって
知って使うと面白いし
ポイント付加やキャッシュバックがあるので
かなりお得です(* ̄∇ ̄*)

こないだこれで決済したら
買った商品タダになったわヽ( ̄▽ ̄)ノ
(※1000円上限らしい)

使った分はきちんと記録してれば
使いすぎることも防げます。

消費税も上がるし
これからこういうサービスを
使えると使えないとじゃ
かなりの差が出てくると思います。

要はなんでも

使い方を学んで
きちんと管理して使う

ですわヘ( ̄∇ ̄ ヘ)

私もまだまだこれから勉強ですΨ( ̄∇ ̄)Ψ


あとね

お札は
丁寧に扱おうね。

お金がなくてほんっとに困ってる人って

財布が汚かったり
いらんものばかり入ってパンパンやったり
財布すら持ってなくて
お札無造作に折り曲げて
テキトーな封筒やビニールに入れたり
挙げ句の果てはポケットに突っ込んだり。

見てていつも、叫びたくなります。

あー( ̄▽ ̄;)
お金がかわいそう。

そりゃお金も寄り付きたくなくなるわな
と思うわけです。

100均の財布でもいいから
お札を丁寧に揃えて
いらないレシートやポイントカードは処分して
きちんと収納して
大切に大切に扱うことで
お金を大切に思えて
お金をほんとに大好きになれて
お金の使い方などの意識が変わって
お金の巡りが違ってくるのです。

30代になっても
40代になっても
50代になっても

働けなかったり
借金してたり
ギャンブルやアルコールに依存してたり

ひきこもってたり


そんな人がほんとに多いなぁ
と実感してます。


その親の苦悩は
そりゃあ並大抵のものではないやろうなぁ
と想像できます。

子育て間違った
って、思っちゃうんだろうなぁ
と。


それ、違う。


子育て間違ったんやなくて
自分育てを間違ったんよ。

子どもに尽くして尽くし過ぎて
自分の楽しみや時間やお金を犠牲にして。


子どもの前で
笑ってなかったでしょ?

自分が笑顔でいられるなら
どんどん手をかけていいし
どんどんお金使っていいけど

そこに
曇りがあるなら

それはやめた方がいい。


子どもの生きる力を信頼して
子どもを手離す

それは
手やお金をかけるより
怖いことやから

だからつい
自分の思うように子どもを動かそうとして

子どもは当然思うように動かないから
自分が追い詰められる。

なんで、あんたはこうなの!って

そりゃあ
子どもを信頼してないから
子どもも拗ねるよね。

子どもが求めているのは
親の笑顔。

そして、自分を信じてくれること。


過保護って
子どもの生きる力を
奪う行為やと思うよ。

親も自分を心地いいように育てよう。

親も子も
自分のやりたいことやって
生きたいように生きられたらいいね(* ̄∇ ̄*)



昔、長いことうつやってた時

一人で過ごすのがたまらなくさみしくて
常に誰かにかまってもらいたかったから

いつも悩んでいて
いつも落ち込んでいて
いつもかわいそうな自分で

そうやっていたら
誰かが慰めて励まして
助けてくれていた。

決して演じていたわけじゃなかった

と、当時は信じていたけど

今思えば

演じてたよね(  ̄▽ ̄)


恐ろしい子

当時相手してくれてた人、ごめんね。
ありがとう。


誰かに助けてもらうことによって
一人じゃないことを自覚できて
寂しさが一時的にやわらいだけど

結局根本の

寂しいかわいそうな自分
かまって

が治ってないから

また寂しさがやってくる。

相手する方もたまったもんやない。

時に相手してくれなくなったり
冷たい態度とられるから

そんな時に
どん底まで落ち込む。


死にたい


なんてすぐ言う。


勝手に死ねば

って、今の私なら当時の私に言いそうやけど。


その繰り返しがしんどくなったから


私を守ってくれる人を
自ら手放した。


そりゃあ苦しかった。
でも、どん底まで落ち込むことがなくなってきて
落ち込み幅が狭くなって
気づいたら
落ち込むことが少なくなってた。


かわいそうな自分を
演じる必要がなくなって

いつのまにか
かわいそうな自分はいなくなってた。


今、当時のように相手してくれる人はいないけど
特に寂しさを感じることもなく
一人でいることが平気になって
一人で過ごす時間を楽しむことができるようになった。


かわいそうな自分は
自分自身が作り出してる。

それを自覚した方がいいよ。

かわいそうな人だと見られて相手されるより

しあわせそうな人だと見られて
人が寄ってくる方が
絶対しあわせやない?(* ̄∇ ̄)ノ

かわいそうな自分の押し売りは
みっともないわ(  ̄▽ ̄)

その押し売りを買う必要も全くないわけで。


本当の優しさは
慰めでも励ましでもなく
その人自身の生きる力を
引き出す手伝いをすること。

かまいすぎてたら
一旦離れるのも
優しさだったりするのです。


足をくじいてかわいそうな私よヘ( ̄∇ ̄ ヘ)

いや、結構軽傷で
もうだいぶ治ったよ(  ̄▽ ̄)
昨日から
また日田の山奥に行ってました(* ̄∇ ̄*)
(最近ちょくちょく行ってる)
10月に、仲間と一緒に開催する
トレイルランニングイベント。
これから準備等で忙しくなります。

ブルーベリー狩りしながら
かわいいワンコと戯れる🐕
(作業せんでほとんど遊んでる)

そして夕方からは
奥日田オーバーナイトリレーへ(* ̄∇ ̄)ノ

夕方6時から、朝の6時まで12時間
タスキを繋いで走り続けます。

中には
ウルトラマラソンの練習として
一人で12時間走り続けるおバカさんツワモノも
結構います。

一昨年も出ていたので
2回目の参加になるのですが
私は先週、足をくじきましたので(  ̄▽ ̄)
おさんどんの方に回りました。

ただひたすら応援と
夜食作りや片付け等々

それでも
キレイな夕焼けと
幻想的な月明かりと
美しい朝焼けと
珍しい朝の虹🌈
雨は降ってなかったけど
霧が出て湿気がすごかったせいか。


颯爽と走り続けるランナーを見ながら
山の景色と空気を堪能しました。

選手に出る鹿肉カレーも堪能しました(  ̄▽ ̄)

めっちゃ疲れて朝方帰宅。

昼に息子が関西に戻るので
一緒にごはん食べに行き
帰ってから寝て
起きたの17時(  ̄▽ ̄)

今夜もふつーに眠れそうですzzzz

登山も走りもしなかった
お山の二日間。

そろそろ足の腫れもひいて
痛みも和らいできたので
明日、ウォーキングから始めます。


さー
サザエさん症候群の皆さま
明日からまた仕事がんばりましょうね(  ̄▽ ̄)
昔、すごいニキビ肌で
今でもその名残があって
ランニングするようになってから
シミソバカスが増えて
加齢とともに、目の下のクマや小じわが増えて

顔の肌の悩みは
もう40年くらいの長きにわたっています。

でも
自分でいうのもなんやけど
顔以外の肌は、わりと自信あるのです。
(脱いだらすごいんです)


その違いはなんだろう?
と考えて出た結論は


顔以外の肌は
手入れをしてないからキレイなんだ(* ̄∇ ̄*)
自然のままがいいんだ

と。

お風呂に入っても
2日に1回しか石けんを使って洗いません。
石けんを使う際も
タオルなど使わず、手で洗います。
石けんは、昔ながらのふつーの固形石鹸。
風呂上がりの肌に
なにか塗ることもせず、ほったらかし。

それに引き換え顔は

朝晩きっちり洗顔料で洗い
夜はクレンジング使って化粧を落とし
化粧水、乳液かクリーム、美容液など
塗りたくってました。

それでもたいして改善されない。

何かやってるのにダメなら
それをやめた方がいいんじゃない?

という結論に達して
大きく手入れの仕方を変えました。


まず朝は、水かぬるま湯だけで顔を洗います。
その後、合成界面活性剤完全不使用の
クリームを塗るだけ。
一応ファンデーションは塗るけど
できるだけ薄く。

そして夜は
クレンジングを使わず
天然成分100パーセントの
アレッポの石けんで2度洗い。

この量で顔だけ洗うと1年以上持ちそうなので
全身、髪の毛にも使いたいです(  ̄▽ ̄)
それだけで化粧は落ちるのです。

洗顔後もクリームを塗るだけ。

今のところ
なんとなく肌に透明感でてきたかも
って感じるくらいで
大きな変化はないけれど
変化がない、むしろ良くなりつつある
ということは

クレンジングも洗顔フォームも
化粧水も乳液もその他もろもろの美容液も
必要なかった、ということ。

クリームはちょいお高めやけど
ほかの化粧品やめたから
あんまり経済的負担は変わりません。


化学物質にまみれた現代は
そこから完全に切り離すことはできないけど
できる限り自然のものを取り入れることで
人間本来の姿、心身の健康を
取り戻せるのかもしれません。

自然がいちばんなんだな(* ̄∇ ̄*)


最近の親は、子どもを叱らない

とよく言われますが


別に


叱らないなら叱らなくてもいいっちゃない?

と、私は思います(  ̄▽ ̄)


叱るって、パワーいるしね。
疲れるやん。
ただでさえ、子育て大変っちゃけん。


したらいかんことはいかん、
そのしたらいかんことは
命に関わることや
人を故意に傷つけることだけ。
それを
伝え続けるだけでいいっちゃない?
いつかわかるまで。

乳飲み子や幼児に
すべてをわかってもらおうなんて
思うから疲れるんであって
大人になってもわかんないんやから
伝え続けるだけでいいんだよ。


今日、こんな話を聞きました。
とある幼児を預かっていたおばちゃん。
おもちゃを自分に向かって投げてきたから
まあ、当然怒ります。
叱ります。

でも、子どもは謝らなかったらしい。

そこでそのおばちゃんは
子どもの両手を握りしめ
子どもの目をじっとにらみ続け
「謝りなさい」
と言い続けたらしい。

ひたすらそれを続け
子どもが根負けして謝ったらしい。

それを自慢げに話し

「最近の若いおかあさんは
全然叱らないのよねー。
だからそんな子になるのよ」

それを聞いたとき
背筋がゾクっとしました。

もうそれは
してはいけないことを伝えることはどっかにいつて

謝る

ということの強制にしかなってない。

「おもちゃを投げたらダメ。
人に当たったら痛い」

それを伝えるだけじゃあかんかったんかい。

もちろん、幼児にそれがすぐ理解できるかはわからない。
でも、ダメ、を伝え続けたら、いつかわかる。

私は逆に
なにかやらかした時に
すぐに謝る子どもの方が心配。

謝ればいい
謝ればなにやってもいい
その場を逃れられる。

そう認識してる場合があるから。

自然に謝れるならいいけど。


人それぞれの子育てがある。
子育てに正解はないから
これはあくまでも私の考えやけど

「ごめんなさい」
を強制的に言わせることだけは
違う!と力いっぱい思います。

ごめんなさいを言えない子どもの親が
普段叱ってないからでは
決してないと思うのです。

その子なりの理由や感情、
こだわりがあって
たぶん納得いかない部分があるから
単純に
「ごめんなさい」を言って
その場逃れができないんじゃないかな。

怒って投げた
ならどうして怒った?

それをできるだけ理解しようとするのが
大人の役目です。

叱ることだけが
大人の役目ではないのです。


叱って、怒って
怒鳴りつけて
時に平手打ちしてきた

暴君な母だった私が偉そうに言います(  ̄▽ ̄)

そんな母に
かわいい息子はお土産買ってきますけんね(~ ̄▽ ̄)~
(半分くらい息子が飲んだ)


お盆はうちの職場はふつーに仕事なので
交代で休みを取っています。

私は今日明日が仕事。
(明日いけるのか?🌀)

息子も元気に帰ってきたし
お山行ったり
足捻挫したり
お墓まいりしたり
外食ざんまいしたり
まあなんとか
ゆったりとした、いいお盆を過ごせています。


息子ははじめての一人暮らしを堪能してるっぽい。
社員寮に入ってたけど
安いだけでメリットがなく
息子曰く劣悪な環境だったそうで
すぐに引っ越した。

仕事はいろいろあって大変そうやけど
淡々とこなしてる様子で。

まだまだ収入も乏しいながらも
自分でやりくりしながら生活しているようです。


子どものことは
いくつになっても心配ではあるけど
とにかくほったらかして
見守っていきさえすれば
勝手に学んで、自立していくみたい。

私は決してできた親ではなく
反面教師的な親やけど
それでも勝手に育っていく。


たぶん、子どもに必要なのは

お金でも
教育でも
手作りの料理でも
片付けの行き届いた部屋でもなく


親の笑顔
心からの笑顔


それだけなんです。


…それすらできてなかった私が言うのもなんですが( ̄▽ ̄;)


お金注ぎ込まなくても
教育、勉学を無理にさせなくても
惣菜ばっかり買ってきても
家の中散らかってても
(生ゴミだけは捨てようね)

親が笑顔なら
子どもも笑顔になる。

笑顔でいればいるほど
まっすぐに育つ。

言葉がけと笑顔

それだけ忘れなければ
あとはどうにでもなる。


ついつい忘れるけどね(  ̄▽ ̄)

意識して、笑おう。
わざとでも、笑おう。

それだけで
うまくいくことは計り知れないから。



11日の山の日は
当然お山に。
めっちゃ暑かったし
めっちゃ登りきつかったけど

山頂の景色の素晴らしいこと。
こんな岩にものぼり
山頂で…
(良い子は真似してはいけません)

そして今日も
急に思い立って
近所のお山へトレイルラン。
だ〜れもいなくて
蜘蛛の巣かき分けながら登り
山頂でちょっとくつろいだ後
軽快に下りを走ってると

右脚をグキッとひねり
そのままコケて左膝擦りむき
このザマ
右足首がポッコリ~( ̄▽ ̄~)


アイシングしてシップして
家にあったサポーターして
病院も開いてないので
とりあえず様子見。

歩けるし、運転もできるけど
結構な腫れと痛み。

あぁ( ̄▽ ̄;)

10数年山ガールしてて
脚をひねるのはちょくちょくあるけど
ここまでの捻挫は初めてです。

走ってても
ケガしないし、足も傷めない
(そもそもそんなに走ってない)
のが自慢やったのに。


とりあえず
しばらくは
おとなしくしとけってことで(  ̄▽ ̄)


堂々とサボれる!ヽ( ̄▽ ̄)ノ