GoogleがHuaweiへのAndroidのライセンス提供停止を発表して、Huaweiの独自OS HongMeng についていろんな憶測が飛び交っています。

 

・Kirin OSとは別物

・Androidをベースにしているか、またはLinuxベースでもAndroidに似ている

2019年秋までに登場

・Androidアプリが動作するよう互換性はある

 

Google Playは利用できなくなっても、Androidの場合マーケットは無数に存在してapkファイルさえあればインストールできるので問題はないようです。

ですが、私もHuaweiのMediaPad M3を使っているのですが、Androidでないと次は買わないかな。

(MediaPad M3は音質が良いので選んだのですが)

 

HongMeng OSの開発環境はわからないし、公開されないでしょうから。

Android Studioは開発環境として完成度が高いのでこれを超えるものを1社で作るのは難しいと思います。

 

良い開発環境がなければ良いアプリは作れないですし、しかも最近はAndroid Studioとクラウド環境は連携しています。

AWSやAzureがHongMeng OSをサポートすることはないでしょう。

 

次の記事、Huawei (ファーウェイ) 開発者サイトのHongMeng (ホンメン) OS対応状況 に続く。