H30年11月27日、日吉小学校4年生、約30人の子どもたちが、ペットボトル作業の見学会に来てくれました。

ペットボトルは、どうやってリサイクルされるのか、リサイクルされたものは、どんな形になっていくのかなど、当社の説明に、子どもたちは熱心に聞いてくれました。

ペットボトルを破砕機で、フレークしたものを、実際に手に触れてもらいました。とても、興味津々な子どもたち。

最終的に、ペットボトルが製品になったものを見てもらい、子どもたちは、びっくりした様子で、一生懸命にメモをとっていました。未来の子どもたちに、リサイクル、環境についての学習に、少しでもいかしていくことができればと思います。