最近はセラピスト活動もするようになったため、

コスメを自分の顔だけでなく、お客様やモニターさんのお顔にも使わせていただきます。

コスメ記事のライティングでは、自分の顔はある意味、実験台で、次から次に新製品を試さねばなりません。

しかしお客様のお顔は違います。

色々な肌質の方がいらっしゃることを痛感しています。

 

特に肌が敏感な方に施術を受けて頂く場合には、本当に気を使います。

フェイスマップリフレクソロジーのツボ押しは、けっこうな圧なので赤みも出る可能性があります。赤みが残りそうだなと思ったら、必ず使うのがこのヨンカのクリーム。

クレーム ポ ルジール

http://yonka.jp/news/sensitive/

 

かなりインパクトのある天然色素の緑色のクリームなのですが、赤みの鎮静効果はすごい!

 

IMG_4622.jpg

これからの花粉症の時期にもいいと思います。

抗炎症のツボクサ葉エキス、赤みのカバーには天然緑色素(マイカ/酸化チタン/二酸化スズ)、肌の鎮静・修復にはビサボロール。
赤みが気になる肌のCCクリームとしても使えます。

 

 

ニキビが出来ている肌の人には、このTSUDAコスメバームを使っております。赤みや炎症がすぐに治まってくれるのでとても重宝。

 

IMG_4702.jpg

こちらは塗ると白くなるため、寝る前にたっぷりめにつけて寝るという使い方をご案内しています。

ニキビができている方は、この白さが逆にカバーになっていいんですよね。

スキンバリアバームはこちら。

https://www.tsuda-cosme.com/sp/balm/

 

 

 

IMG_4674.jpg

最近、こんなことを考えています。

自分の葬儀で、どんなことを言われたいか?

考えたことがある人はどれくらいいるのでしょうか?

 

私は「節目節目で会いたい人」だったと言われたいです。

今まで人から言われて一番嬉しかったので。

節目って区切りとか転機とか、そういうニュアンス。

普段はそんなに会っていなくても、何か変化があったときにふと思い出してもらえるような存在でありたいな、と。

 

会社をやめるときに連絡をしてくれると、嬉しい!

先日、とある大手企業の高いポジションにいる方から、こっそり「実は会社やめるんです」と早々打ち明けていただけて

死ぬまで飲み友でいましょうと話し合いました。

 

先週末は、会社をやめて新たな人生をリスタートさせた友人の門出を祝う会を行いました!

こじんまり私を入れて5人。ちょうどいい人数です。

(うちの事務所でやったのでそれ以上入れない・・・・)

 

彼女の大切な節目をお祝いできて良かった。

 

 

今、古代食アイテムが気になっています。砂糖も油もなかった頃から人々が食べてきた食材は100%天然で低GI、食物繊維や栄養価が豊富なものが多いんですよね。

ハワイ在住の医師でダイエット専門医、テリー・シンタニ先生は古代食をもとにした食事指導で糖尿病患者をダイエット成功に導いていますし。

最近は紀元前から食されてきた中東の古代食、フリーカが人メジャーになりつつあります。これは青いころに収穫した小麦をバーナーで焼いたもの。雑穀のような感覚でお米に混ぜたりリゾットにしたり、スープに入れて食べるのが主流で、お鍋で12-13分で炊けてしまう簡単さも人気の理由。

 

玄米の何倍もの食物繊維を含んでいて低GIで、ダイエット食として脚光をあびましたね。

特にここのメーカーのフリーカは香ばしくて、オリーブオイルと塩をかければまるでおつまみ! 糖質オフダイエット中の主食としてもおすすめです。

 

カレーにも合うし、糖質オフダイエット中ならすごく満足度の高い食材だと思います。