重要なお知らせです

テーマ:

いつも温かい応援ありがとうございます、NAADAボーカルRECOです。

本日は、2018年のワンマンライブについて皆様に大変重要なお詫びとご説明がございます。

長文になりますが、誠心誠意責任を持って綴らせていただきますので、よろしければ最後までお付き合い下さい。

 

既に動画ではご説明いたしましたが、結論から申し上げますと今年のワンマン「ライブ」は中止とさせていただくこととなりました。(開催自体はございます。本文続きでご確認下さい。)

理由は、ピアノCOARIの首から背中にかけての痛みが急激に悪化したことです。

 

動画内で本人が少しお話しておりますが、彼女は去年の年末頃から背中を痛めており、たくさんの病院や整体などに通い調べたり対処療法を施したりしておりました。

ですが、明確な原因にまで辿り着けずもどかしい思いを抱えながらも、日々の生活や音楽活動の中で背中に負担のかからないよう本人も周りの人間も細心の注意をはらいケアをし続けておりました。

毎週更新しているカバー動画についても決して無理はせず、それぞれが調子の良い日にレコーディングをしたり、急げばすぐに完成させることも可能な作品であっても、メンバー各々のコンディションを最優先して見送った作品や延期した作品なども、水面下では山のようにございます。

 

NAADAはワンマンライブを開催し始めてから、基本的にライブが年に一度のワンマンのみというスタイルになりました。

毎週の動画制作以外にも、メンバー全員がしっかりと仕事も抱え、生活もあり、そして今年はオリジナル曲のレコーディングに向けたリアレンジやプリプロもありましたのでとてつもなく多忙な中、この「年に一度のライブ」に一年分の想い、成長、楽曲のすべてを込めてお届けするべく、時間をしっかりとかけて構成を練ったり準備を進めたりしておりました。

 

NAADAは私も含め、全員が「自分が無理をしていることに気づかない」タイプであり、自らの意思で休んだり手を抜いたりすることが基本的にとても苦手です。

それをお互いわかっているので、誰かが調子の悪い時・忙しすぎる時などは、残る二人が悪役をかって出てでも止めるという形で統制をとっていると言っても過言ではありません。

 

コアリの背中につきましても、ピアノ演奏だけではなく撮影やリハーサルの搬入・設営・片付けはもちろん、普段の生活の中における家事や買い物に至るまで、背中に負担のかかる作業は一切やらせないよう、今振り返っても後悔のないケアをし続けていたと自負しております。

そして彼女自身もその気持ちを無駄にすることのないよう、頑張ってアレコレと良くなる方法を調べては実践し、病院でもしっかりと検査をし、薬の服用、寝具、姿勢、あらゆる方向性で改善をはかり続けていました。

 

ですが、先週あたりから急激に痛みが増したようで、昨朝ついに一曲弾ききれないほどの痛みまで悪化してしまいました。

急激に寒くなったせいなのか、咳喘息も併発していた為の負担なのか、それとも練習のしすぎなのか、たまたまどうすることもできない原因が他にあったのか、それら全部なのか。

明確な原因も、はっきりとした病名も、改善策も、現段階ではわかりません。

もちろん痛みが出てすぐに再度別の病院にも行き、検査もした上でのお話です。

 

とは言え、私個人の気持ちとしては、一番心配していた神経や頚椎の損傷ではないということだけでもハッキリとわかったことが不幸中の幸いだと思っております。

皆様の楽しみにしてくださっていたお気持ちを考えると、「良かった」などとは決して言えず思えずではありますが、ピアニスト・コアリのこれからの人生、活動を考えると、やはりそういった致命的な損傷ではなかったことについてだけは心からの安堵を真っ先に感じました。

 

明け方レコーディングをしていたスタジオから出てきて、真っ先に私に「一曲弾ききれないくらい痛い」と話してくれたことを、本当にありがたいと思っています。

そこで無理をして弾き続けたり、明け方だからと遠慮して黙っていたり、ライブ前だからと怖気づいて隠したり、そういった可能性を考えると恐ろしい。

私やマツボに対し、心から安心と信頼をもって報告してくれたことをメンバーとして誇りに思います。

 

そして、そこからすぐに全員で会議をしました。

本番まで残り一ヶ月あります。

良くなるかもしれない。

でも、今の構成のままお金をいただいて演奏をするのなら、引き続き相応の練習は必須だし「痛いから適当に弾きます」というワケにはいきません。

そうなると、きっと、「良くならなかったらどうしよう」「間に合わなかったらどうしよう」と、本番までの一ヶ月間コアリがずっと不安と戦うことが目に見えていました。

私も喘息の状態が一進一退でライブを迎えたことがある身なので、その不安や焦りは痛いほどわかります。

私自身の喘息も現在はコントロールが出来ていても、去年同様本番でどうなるか不安がないと言えば嘘になります。

 

その精神状態で本番を迎えさせることが果たして正解なのか。

しかも、その上結局良くならず弾けなかったら、それが直前に判断された場合のことを考えたら。

でも、お客様のこと、サポートしてくれる充くんのこと、多角的な意味で準備を進めてきたという事実、何度も重ねてきたリハーサルや打ち合わせ、色々な現実を考えてコアリ自身には下せないであろう『一切演奏しない』という決断を、私とマツボから提案させて頂きました。


そして、元々ギターとボーカルのユニットから始まったNAADAが、ピアノが弾けないだけでなぜ『ライブ中止』という表現になるのか。

この点についてもご説明しようと思います。


正直なところ、今回のイベントは、ピアノ以外の3人は演奏をする気でおります。

ピアノ主体の曲は大幅にアレンジから考える必要があるし、物理的にギターやベースでは弾くことの出来ないフレーズや曲も沢山あります。

だけど、全編トークイベントにする気も、握手会やサイン会のような形をとることも考えていません。

私達には、残念ながらアイドルのような魅力はございませんので(笑、会えるだけで満足してもらえるとは考えておりません。

音楽を演奏してナンボだと思っています。


もちろん、コアリと出逢う前からギターとベースだけで今まで数えきれない場数のライブをしてきましたし、作品としてもギターと歌だけで完成型の楽曲も存在します。

そういった曲については、コアリ加入後の今でも自信も誇りも萎むことなく演奏出来ますし、する予定です。


だとしても、長い時間をかけて何度もリハを積み重ねて練っていた今回のセットリストをピアノ無しでそのまま再現することは出来ない。

コアリのピアノソロや予定していたインスト楽曲を代わりに弾いてあげることは出来ない。

今ある企画としての『ワンマンライブ』は、コアリのピアノもあるというのが前提での構成であり、誰が欠けても無理です。


ほかのピアニストをサポートに迎えて演奏する選択肢も世間的にはあるのかもしれませんが、うちにはありません。

『コアリの』ピアノと『マツボの』ギターがあってのNAADAとして、活動・制作してきましたので、今から新しい方を迎えてライブをしても、それはNAADAのステージにはならない。

それなら、充くんと力を合わせて、残ったメンバーで"NAADAのステージ"をやります。

コアリにも、ステージに立ちいつもと同じく共にNAADAの世界を作ることに全力を注がせます。

彼女自身が一番その想いは熱いと思います。


それでもね、事実、編成は欠け、それによってこれから一カ月弱で組み直した未熟な構成やアレンジも覚悟の上でのライブになります。

なので、そういった意味で、『チケット料金を予定通りいただくライブ』は『中止』としました。


ですが、ステージにはNAADAとして立ちます。

なのでもし、ご来場下さった皆様がその演奏やステージを楽しむことが出来たら、お気持ちに応じた投げ銭で応援していただけると嬉しいです。

最低額も、支払う義務もまったくありません。

本当に、お気持ちに沿ってのご支援で結構です。

払わないのは気まずいから行くのやめようとは思わないで下さい。


もう今回は派手~に赤字です!笑

そんなことはとっくに腹くくってますし、コアリの健康と比べたら屁でもないことです。

だから、そこにがめつい気持ちは誰一人として微塵もありません。


ただ、充くんというプロのベーシストも加え、NAADAも全員ミュージシャンとして本番のステージに立ちます。

なので、そのステージ自体に対しては卑屈になるつもりもありません。

満足してもらえる演奏が出来るよう、残りの時間で全力で企画、練習をします。

だから、もし楽しんでいただけたら投げ銭して下さい☺️


そして、コアリには、本人が気にせず心から安心して休めるよう、逆にピアノ以外の体に負担のない方法でたっぷりお仕事を与えようと思ってます 笑。

必死で頑張るコアリと、これから目を炎にして取り組む残りの3人に、もし少しでも興味を持っていただけるなら、当日ぜひ会場にお越しください。


気負いすぎて共倒れしていては意味がないので、適度に(笑、でも頭をたくさん費やして企画しますので、ぜひ一緒に楽しんでください!

むしろ、この機会です。

やってほしいことがあったら、どんどんアイデア下さい☺️


最後になりましたが、この度の決断につきまして、楽しみにして下さっていた皆様には心からお詫び申し上げます。

そんな中、既に方々の皆様から、コアリに対する温かいご理解やお言葉をいただいており、メンバーとしても感謝しかございません。

本当にありがとうございます。

そのお気持ちに少しでも応えるべく、ワンマンイベントの内容を最高に楽しいものに仕上げられるよう全力で取り組みたいと思います!!


NAADAワンマンイベント

2018.12.08 土曜日

西新宿 ガルバホール

開場 15:00

開演 16:00

出演 NAADA全員、ベース充

料金 無料(お気持ちに沿ってご満足いただけた場合のみ投げ銭をいただければ幸いです)

物販 先行CDは発売中止のため、現在は未定

実演時間 企画中のため未定

その他、ご質問などありましたらメンバーの各種SNSアカウント、及びオフィシャルメールなどをご活用下さい

既にご購入下さったワンマンライブチケットのご返金につきましては、決まり次第追ってご案内させて頂きます。

naada.jp