永田真耶オフィシャルブログ

スフィーダ世田谷FC#11永田真耶


テーマ:

更新が大変遅くなりました。
お待ちいただいた方がいらっしゃったらごめんなさい🙏

1月いっぱいスフィーダでの勤務もあるのでなんだかまだ長いオフの気分で…と、それもありますが、書きたい気持ちになるまで待とう…と思っていました。その方がしっかりした文を思い残さずに書けると思ったからです。
そろそろタイムリミットだと思うので、渋々更新しますニヒヒ

こんなブログをこれまで見ていただいたみなさま本当にありがとうございました!


あ、2月号の100%スフィーダにも出演させてもらいます。そちらの方が伝わりやすいと思いますので、合わせてそちらもご覧になってくださいね🙇

さてと、これが7年間続いたブログの最後となります滝汗
{CB612109-378E-4774-8FB7-9040BCB4510A}
わたしがスフィーダに出会ったのは8年前、大学を卒業した時でした。

そんな、わたしでしたが、1部リーグで思うように出場ができず、再びスフィーダ世田谷の門を叩かせていただきました。
監督によく言われます、今あの時の状態だったら絶対加入できてないよ?と。笑

外部から大人の選手が加入するのは初めてだったようですが、チームは全力で私をサポートしてくれました。
しかも、まだなでしこジャパンが世界一になる前でしたので女子サッカーの知名度も低いものでした。
今思うと、少しおかしな話ですが、監督がバイトの面接について来てくれました。2人でスーツを着て…笑。とても感謝しています。
そこから、女子サッカーの環境が変化して仕事もさまざまな業種の物をしました。今のように仕事を選ぶこともできないので、少しでもサッカーに集中できる環境があれば転職という形でした。仕事面は中々大変だったと振り返っています。
サッカーを理解してくれる職場もあれば、全く理解されず、「給与はでないんでしょ?じゃぁサッカーはボランティアでやってるの?」なんて、なでしこジャパンが世界一になった後も言われる事がありました。
女子サッカーが文化になり、社会に認められるのは簡単ではないと改めて実感しました。

初の外部からの大人の入団選手という事で、クラブも手探りのなかではあったと思もいますが、そのお陰でチームのあたたかさを直接的に感じる事ができました。チームで働かないかと言う話があった時はすごく嬉しく思った事を覚えています。

入団し感じた事は"青い血"が入っていない事でした。スフィーダっ子や川邊チルドレンという俗語があるように、まだ若かった私は劣等感を強く感じていました。でも、今振り返れば、だからこそ、スフィーダの人間だと認めてもらいたくて、チームの為になんでもしようと思ったのだと思います。自分で言うのもなんですが、その点には力を入れてきたつもりでした。それがあったからここまで頑張ってこれたと思うので、最終的には私にプラスに働いたように思っています。

そこからたくさんの経験をさせていただきました。


長くなる為、割愛…笑


同じ世代の選手が退団する中、続けた人しか見れない景色を見たい!と思い続けてきました。30歳までサッカーをする予定はありませんでした。笑。昇格したら辞める。と決めていたのですが、叶わずまま終わってしまいました。
チームは若返る一方で、育ってきた時代や環境が違う為、戸惑う事も多くありました。忘れてはいけない事と変えなくてはいけない所。何年もかけてやっと整理できたのがつい最近だったように思います。

私は24歳ぐらいからスフィーダで最年長をしてきました。
どちらかというと、先輩を頼って生きてきたタイプなので違和感と手探りの中で最年長をしてきました。それは、プレッシャーとの戦いでした。

多くの人の応援を直接感じ、胸を張って応援してください!

という為にも、チームメイトに厳しい事をたくさん言ってきました。勝つ為に、その選手が「まやさんクソ〜」と思って奮闘してくれるように。
言うだけ、やらなきゃいけないですし、言うことはまあ、ストレスでした。そんなプレッシャーで練習に行きたくないなーなんて思う日も少しですがありました。
それでも、プライドもありますし、強く振舞うことで自分を成り立たせていました。
たぶん、私はすごく弱い人間なので、強くなる為に、強く見せる為に、頑張ってきたんだと思います。

スフィーダに加入し驚くほど上達したと自負しています!笑
監督に感謝しています!
サッカーをわかってきた、という感覚も持てましたし、自分を知り大崩れせずプレーできるようになったので、試合でもなんの恐怖心や緊張もなくプレーする事ができました!年齢を重ねる度にサッカーが楽しくなりました!監督ありがとうございます!


引退が決まりみんなからメッセージをもらいました。
そこには、
「厳しい事を言ってくれありがとうございました」
「言葉でも引っ張ってくれてありがとうございました」
「かっこいいサッカー選手でした」
「まやさんみたいに愛される選手になりたいです」

と、涙がでるぐらい嬉しい言葉ありました。
私が伝えたかった事がみんなに少し伝わっていたのを感じる事ができて、伝えてきて良かったなぁ。

と思いました。



最後に私がスフィーダを退団する理由です。

何が理由という事はありません。
体も動きました。サッカーも楽しかった。
最後のシーズンサイドバックでのプレーがほとんどでしたが、得点をする快感も蘇りました。

年齢的な事の不安。一般女子が経験できないことを経験させてもらいましたが、一般女子が経験している事を経験できていない事への不安。セカンドキャリアの不安。
また、自分が求めている自分になれているかの不安。チームにとって必要であるかの不安。若い選手に託すべきタイミングはいつかという苦悩。7年間最年長としピッチに立ち続け昇格をさせる事が出来ていないという苦悩と責任。チームをどう引っ張ればいいのかという苦悩。自分の形が正しいのかという苦悩。

そんな、いろんな不安や苦悩があり引退を決断しました。

求めていた、環境へ大きく変化する中。それを選手として感じる事が出来ず本当に残念ですが、土台をつくる人も絶対に必要なので貴重な役割を果たしたんだと思っています。笑


きっと、私の限界はここで、最大限のところがここだったのだと思います。


本当に多くの方々にメッセージをいただき感謝しております。

スポンサーの皆様には仕事柄お会いすることが多く、直接パワーをもらう事ができ、恩返しがしたい。その一心でした。昔から変わらず応援いただき、また、新しい力となっていただき本当に感謝しております。これからもスフィーダをよろしくお願いします!

私はスフィーダのファン、サポーターの方々が大好きです。スフィーダらしさはそこにもあると感じています。どんな時も、励まし、共に戦ってくれた事。私を気遣ってくれた事。
1度でも足を運び、声を出して応援して下さった皆様にも心からありがとうございますを伝えたいです!
頑張って!応援してます!の一言って選手にとってすごく大切な言葉で、その一言で本当に力をもらいます。へこたれてる選手がいたらそんな一言をかけてあげて下さい!よろしくお願いします!
私にとってスフィーダのサポーターは最高のサポーターです!

そして、下部組織のみんなにも本当に感謝しています。いつも、私達のサポートをありがとう!昇格という形でかっこいい姿を見せることはできませんでしたが、みんなのおかげで最高の舞台でプレーする事ができました。ありがとう!

そして、スフィーダスタッフの皆様にも大変お世話になりました。私にとってかけがいのない場所を作っていただいた事に感謝しております!
特に、監督、山田コーチ、ひろしコーチには長くお世話になりました。
監督は私の母のような存在です。(父ではありません。笑)私の事をよく理解してくれていました。デスクが少しでも荒れるとよく注意されました。母です。笑
山田コーチは私にとって1番上の兄といった感じでした。私がやばそうな時にぼそっと声をかけてくれます。笑
ひろしコーチは私にとっての2番目の兄といった感じでした。面倒見が良くて、なんでも聞いてくれて、なんでも知っててなんでもやってくれる。私を甘やかしてくれました。笑
3人は私にとって家族のような存在です!
かけがえのない時間を本当にありがとうございました!

そして、やはり最後に1番感謝すべきは両親です。
長い間最高サポートを本当にありがとう!



これからも、私はスフィーダ世田谷を応援します!
みなさま、スフィーダ世田谷をよろしくお願いします!


長い間、ありがとうございました!


スフィーダだったから輝く事ができました。
スフィーダに出会えて本当に良かったです。

やっぱり、ユニフォーム姿が1番ですね!
でわ、永田ユニフォーム集でお別れです↓笑

{26218D8B-4C3F-4F21-AAB9-F856A663C100}

{E4FE5606-848A-4532-998F-FDB8421468DA}

{E511A5D7-88AB-4DEC-9CAD-6FC14A494069}

{17CCABEF-D48F-41CA-9273-0E5E671E0803}

{03EC9805-E27E-444C-AD07-3C4902B7B40E}

{9A0D256E-4FE4-4224-8370-BC61C823C45A}

{F8A13FFB-E120-435B-8EAE-4485EC128E66}

{13905E5E-2879-4513-92DB-10D089CB30A1}

{B6097205-3522-4992-A3E1-665C2CAB317D}

{FC8DB066-F6AB-4F31-8EA0-A7F2C51E6E08}

p.s
今後はsnsで永田を見守って下さい!

AD
いいね!した人  |  リブログ(2)

永田 真耶さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。