GO TO 乗り鉄! | なるようになるさ ~34歳胚細胞腫瘍の経過と鉄道・旅行記~
新型コロナウイルスに関する情報について

なるようになるさ ~34歳胚細胞腫瘍の経過と鉄道・旅行記~

宝くじ並にレアな【性線外縦隔原発胚細胞腫瘍】罹患(驚)
2014年8月8日 末広がりの日に入院(涙)
キツクも楽しい約半年に亘る抗がん剤治療を受け 2015年3月11日腫瘍摘出手術(痛)
無事退院して社会復帰(楽)
現在SLやまぐち号を中心に鉄道活動中(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鉄友にカメラ地下鉄

 

 

 

 

誘われてグッド!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乗り鉄ツアーに参加新幹線

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひっさびっさの

岡山駅キラキラ

 

 

列車で

岡山に来たのは

2002の引退直前に

乗り納めて以来照れ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツアーは

申込みの段階から

すべて鉄友に

任せていたので

旅程は

はっきり知らずニヤリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラ・マル・ド・ボァで

早速四国島へ

帰るようであります(笑)爆  笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新型コロナウイルスなるものが

世に出回りだし、

以降で初めて乗る

観光列車は

なんの縁あってか

ラ・マル・ド・ボァとなりましたウインク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、

列車のコンセプトが

鞄をもって

瀬戸内の旅に出かけよう!音譜

というものなので、

乗り鉄再開の

一番列車として

マッチしていると思いますニヤリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出発時に鳴らされる鐘を

ワクワクしながら

待っていたところ、、、ベル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お見送りの

駅員さんの視線が

2000系南風へ・・・目

 

 

少し前に

異常ランプがついていたので

心配していましたが

車両に不具合があるようです。

 

 

結局、

5分ほど遅れて

出ていきましたが

高知着後

2700が代走で入っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、

南風の後を追って

我々の

ラ・マル・ことひらも

出発ですグー

ラ・マル・ド・ボァは

自転車もそのまま搭載できる

(要事前予約)

カジュアルな観光列車キラキラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肩の凝らない

気軽に乗れる

観光列車と

いえるでしょうウインク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もんげ~w

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中の茶屋町駅コーヒー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マリンを先に通し

アンパンマンと交換グッド!

 

 

ラ・マル・・・

「回送」表示とは笑い泣き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、

車内探訪を終えると

小腹が減って

まいりますチーン

 

 

 

 

そこで音譜

取り出しましたるは

旅するせとうち

スイーツBOXウエディングケーキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャーン酔っ払い

お昼を前に、

空っぽになった胃壁に

岡山スイーツが

染みわたります照れ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車窓からは

瀬戸の島々おねがい

 

 

嗚呼、

しあわせさん

ラ・マル・こんぴらさん乙女のトキメキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特急停車駅の

宇多津・丸亀を通過し

土讃線に入り

善通寺へパー

 

 

次駅は

終点の琴平なのに

なんとここでラ・マルを降り

4231Dへ乗り換えビックリマーク

 

 

変わった旅程ですね~びっくり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実りを迎えた

土讃線沿線の

稲穂を眺めおにぎり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中駅では

駅撮りを楽しみカメラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終点の

阿波池田に到着グッ

 

 

ここで

昼の軽食を

とるそうですピザ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ

続くそうです鉛筆ニヤリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほな、また