8月前半、三田警察署、生活安全課に過去の私への扱いと、現在の私への疑いを不服とする書類を提出した。

郵送でも良かったのだが、六本木に仕事で行く事があったので、深夜の帰り道に受付職員に直接渡した。
深夜なので不在の生活安全課、鹿島巡査部長へ渡すように伝えた。

私は現在、T子さんの代理人、U弁護士に逮捕予告をされ、鹿島巡査部長に理不尽に疑われている状態だ。

過去のブログに記した通り、3月に納得のいかない脅迫罪で逮捕され、3泊4日を留置場で過ごしている。

その後、7月前半になって、なぜかまた疑われているのである。。。



提出した書類の主な内容↓↓↓

過去、具体的な内容と証拠を私に開示できないにも関わらず、出張先の遠方(静岡、神奈川)から東京まで、至急で呼び出されている事への不服。
その際、私が拒むと鹿島巡査部長から怒鳴りつけられ、強引に呼び出されてる事への不服。
過去の鹿島巡査部長の行為により、疑われている身のままだと、私は呼び出しに備え、出張も家族旅行も行けない状態である事も記した。

現に夏休みの家族旅行をキャンセルしたのだ。。。







↑↑↑これら過去の出来事を2名の弁護士が判断したところ、鹿島巡査部長は脅迫罪、強要罪、侮辱罪、業務妨害罪などにあたるとも記した。(全て録音あり)

主に私が疑われている件は、【私の関係者によるT子さんへ脅迫】、【私の部下がインターネット上でT子さんの裸写真を拡散】である。
私が【反社会的勢力と思われる人物と繋がっていて、その人物から私の会社へ入金がある】とも疑われている。
そして、その【松◯ク◯スという人物がT子さんに脅迫】しているらしいのだ。

T子さんと鹿島巡査部長が合作した、この素晴らしいストーリーをブログに記していたら笑えてきた。。。

脅迫内容と、脅迫の連絡ツール(電話、メールLINEなど)は、なぜか頑なに教えてもらえないので不明。

インターネットの嫌がらせの件は、私の負担で良いから発信者情報開示請求をするように、以前から伝えている。
反社会的勢力との繋がりと脅迫の件は、警察が希望する時期の会社の法人口座、出納帳を提出すると、以前から伝えている。

だが、改めて私の意思表示が書類として残るように、弁護士、冤罪支援団体のアドバイスを受けて書類で提出したのである。

疑われている以上は鹿島巡査部長の独断で、私はいつ至急で呼び出されるかわからない状態だ。
鹿島巡査部長だけではなく、生活安全課で書類を共有するようにも記した。

私は仕事で出張に行けなくて金銭的損害もあるし、夏休みに家族と長期旅行にも行けなくなった…
精神的にも参って、体重を7キロも落としてる…

私としては、ここまで打撃を受けている事を三田警警察署に理解して頂き、早く潔白を晴らして、永遠に関わらないでほしいのである。

三田警察署、生活安全課が私の平穏な生活を壊している訳だ…
そして、また突然、刑事課の半田警部補ら刑事達が自宅へ逮捕に来たらたまったもんじゃない…

書類提出後2週間、三田警察署からの連絡はない…
なので一昨日、書類を受け取っているか、念のため生活安全課に確認の電話をした。
確認して折り返しの電話をくれると職員伝えられたが、未だに連絡はない…

何なのこの扱い。。。

あとさー、生活安全課の電話に出る人、おれの事を知ってみたいだけど、露骨に感じ悪すぎだよ。

三田警察署生活安全課