前回のブログ記事で、過去に三田警察署生活安全課に言われた【スマホの名義】について記している↓↓↓

2019年3月、私は納得のいかない脅迫罪で逮捕され、3泊4日を三田警察署の留置場で過ごしている。
詳しくは、このブログの初期の記事を読んで頂きたい。
その後の2019年11月、警視庁と三田警察署の刑事ら10名により、名誉毀損の疑いで自宅と車2台のガサ入れをされている。

前回のブログ記事で記した通り、1年以上前に三田警察署生活安全課の職員に言われた【私が違法に他人名義のスマホを仕入れて使用している】という発言は意味不明だが、時を同じくして1年以上前にもっと意味不明な発言をされている。
その意味不明な発言というのは、私にとって生活安全課がまともに機能しているのか心配になるような発言だ。

それは【あなたの筆跡鑑定をするから覚悟してくださいね!】という馬鹿げた発言だ。。。

あのね…
この訳のわからんアホ発言なんだけどね…
何を疑われたら私の【筆跡鑑定】をしたくなるの…?
それをしっかり説明してくれないと困るでしょ…

三田警察署に21回も伺って9回もスマホを預けていれば様々な出来事があったけど、ある日突然、いきなり【筆跡鑑定】と言われても誰だって困惑するし、1年以上経過した今でもあの発言が何だったのか意味不明なんだけど…
生活安全課とは名ばかりで、不当逮捕を匂わすような不気味な発言をしないでほしいんだけど…
公務として発言していると思うんだけど、理由も教えられずに【筆跡鑑定】というワードだけ出されても、私と話している相手が本当に警察の人なのかすら疑う…

いくらなんでも三田警察署の署長は、警察の立場で感情的になって迷走している生活安全課職員だけで良いから、直ちに警察学校で再教育を受けさせるべきかと。。。

何のために私の【筆跡鑑定】をするのか教えてもらえなかったが、私としては「どうぞ、どうぞ。そんなに興奮しないで筆跡鑑定でも何でもご自由にどうぞ。」と言って感情的な生活安全課職員を落ち着かせてあげる事しかできない。
記憶喪失になってない限り、あの生活安全課職員は今も私に意味不明な発言をした事を覚えていると思うが、強気な事を言ったら言いっぱなしで【筆跡鑑定】は果たしてどうなったのだろうか(笑)

三田警察署には申し訳ないが、私としては馬鹿にしないと付き合いきれない出来事も多々ある。
馬鹿にして見下さないと、三田警察署が何らかの鑑定結果を捏造して、平気ででっち上げるのではないかと考え込んでしまう。
でっち上げた挙げ句に、また妻と子供達と同居する自宅から私を拐うのではないかと考え込んでしまう。
もしかしたら、生活安全課がお得意の【自白強要】をしているつもりかもしれないが、何の【自白強要】をしたいのかすらわからないから、強要すら成立しない【チンピラのいちゃもん】にすぎない。

こういう【チンピラ】みたいな人達って、家に帰ってその日の自分の仕事ぶりを、両親や兄弟や奥さんや子供に食卓で堂々と話せるのかなぁ。。。

1年半以上前からの全ての謎の発言を記したらキリがなくなるけど、生活安全課職員と直接話している私自身が意味不明な出来事というのは、このブログを読んでいる方がもっと意味不明になると思う。
まぁ、相変わらず生活安全課はヤクザまがいで感情的な発言をする集団なのが理解できたのと、私に対して【筆跡鑑定】をしたくなるようなおかしな通報が三田警察署に入り、何らかの事実無根な疑いを持たれている事を把握した瞬間だった。

もし私が三田警察署に勤務する優秀な署員の皆様を集め、署長に変わって指導させて頂けるとしたら言いたいのは、何を疑われているのかすら認識してない一般人を呼び出して、感情的な口調で一方的に「◯◯◯◯するから覚悟してくださいね!」と言っても相手を恐怖に追い込むだけだし、警察権力による【謎の脅迫発言】にしかならないという事だ。。。

P.S
そうそう、生活安全課に私が書いた文字を大量に提出してあげようとしたら、なぜか困った素振りで断られた事がある。
いろんな鑑定をするのが大好きな人達かと思ったのに(苦笑)