三昧の~一水四見ブログ

見慣れると、見ているようで見ていない。
そんなことが気になる、今日このごろ。

人の成長で欠かせないのは、劣等性と補償。
誰でも、小さな頃は「できないこと」があり
そのことで劣等コンプレックスを抱えます。


つまり、その補償行為によって、成長する
という面があります。
「できなかったこと」が、できるようになる。
自分の成長を実感する。それが喜びとなる。


そこから、劣等性を乗り越えていこうという「勇気」が
また育まれていくのです。
そして「勇気」を育むのは、共同体感覚です。
共同体感覚は人が健全に成長するための根本。
そこに世界に対する信頼が生まれてくるのです。


あなたの

世界は愛すべきものですか
世界は怖れるべきものですか


テーマ:

政権の支持率が下がっている

ということで、はやしたてている
・・・のは、マスコミ。

というか。低下しているとしたいのかもね。

 

人は「こういわれている」みたいなことに

弱いからね。。何も考えないで、「つられる」

 

どうなの?と聞いても

テレビで言ってた。新聞に書いてあった。

で・・・オシマイ。

思考停止。。それ前提から話が始まる。

 

まあ。どうやって調査されるのは知らないし
その調査が事実を映し出しているのかも知らない。

大きな川が
ゆっくりと
流れている

あることは、あるべきこと。
起きることは、起きるべくして起きる。

どうですか。
その大きな流れを遠くから見ていると、

誰が、どう動かしたがっていて
動くのか、動かないのか。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みんなが騒ぐ、みんなが怒る

 

「うん、それは悲惨だ」

 

「誰かが、どうにかしろ」

 

「だから、こうでなければ・・」

 

と、みんな人ゴト。

 

だから、すぐに忘れて

 

つぎに起きたコトゴトに

 

心を奪われる。

 

つい、この間は、あれで騒いでいたのに

 

五年も十年も、前のことのように忘れる。

 

 

みんなが騒ぐ、みんなが怒る

 

な時は、他の大事なことから

 

目をそらさせられている

 

の、かも知れない。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

人から受けた傷、痛みと言うのは、

忘れることでは終わらないものですね。。

 

痛み。。傷。。

それは、自己防衛から生じます。

 

「わたしは悪くない」

「わたしは正しい」

・・・それなのに。

 

相手がどうして、そうなのか、が

理解できたとき、わだかまりは

消えるんじゃないかしら。

 

私らは、人に対して現象に対して

「こうでなければならない」があって、

そうならないと傷つく、

んじゃないかな?

 

相手には相手のルールがある。

意識していない制約の中で、

みんな生きているなぁ~と、

思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

自分のまわりの日常は

過剰な変化は無く、流れていく。

 

ってのは、幸せなことなのかな。

 

今日が、そのまま明日に続く。

今の先に続く、未来がある。

ほとんどの日本人は、そう思ってる。

 

世界の中の日本。

的感覚なんて・・・ないね。

日本人が意識するのは天災、程度。

これも、ある意味、日常の崩壊につながるけど

それも一瞬のことで、終われば、

何事もなかったように・・・

とくに、自分に遠い地域のことであれば

あったことも忘れてしまう。

 

なーんか、ほんとに、危機感の薄い

わたしたち、なのである。

 

 

政治家を職業とする人士に求められる資質は「情熱・責任感・判断力」であるとマックス・ヴェーバーは言っています。情熱とは現実問題への情熱的献身であり、「不毛な興奮」をもたらす精神態度ではない・・。

 

 

現実にある危機や、問題に対して

なにをしているのか、日本の政治家。

 

最近ねぇ。国会中継なんかを見ていると

この人たちのポイントのズレは、

いったいなんなのか~と感じる。

 

のだが、もしかしたら、その姿勢は

わたしたち国民の、社会に対する

無関心さの象徴なのかも知れない。

 

なんだかわかんないけど。

信頼できる任せたいと思える

政治家が・・・ひとりもいないのは・・・。

 

不幸なのか・・・幸運なのか・・・。

こんなでも、国は何千年もここに続いていく。

と、思ってもいい?

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。