質素であることは、自由であること | キャリアカウンセラー 工藤 倫子のブログ ~RINKO KUDO~

キャリアカウンセラー 工藤 倫子のブログ ~RINKO KUDO~

「夢をカタチに!」 私と一緒に夢を探しませんか?

皆様こんにちは。
キャリアカウンセラー工藤倫子です。
 
 
昨日届いたばかりのこちらの本。
一気に読んでしまいました。
 
 
 
{9BF752FE-ED78-454E-8916-20E6A7958D6A}
 

 
「世界で一番質素な大統領」と呼ばれていた
ウルグアイの第四十代大統領(2010〜2015年)
ホセ・ムヒカ氏。
 
 
その妻であるルシア・トポランスキー上院議員に
作家の有川真由美さんがインタビューをして
書かれた本です。
 
 
ホセ・ムヒカ前大統領は、2012年6月、ブラジルのリオデジャネイロで開催された国連の
「持続可能な開発会議(Rio+20)のスピーチで一躍有名に
なりました。
 
 
スピーチの動画はインターネットで全世界に拡散され、
人びとを感動と共感の渦に巻き込みました。
 
 
その時の映像がこちらです → 
 
全文はこちら → 
 
 
ムヒカ前大統領は、大統領の報酬の約9割を社会福祉基金と
所属する政党に寄付して、郊外の農場で畑仕事をしながら
質素に暮らしていたこと、全財産は中古のフォルクスワーゲン
だけだということも、人びとをおどろかせました。
 
 
ムヒカ前大統領は波瀾万丈な人生を送っている方で
かつて南米最強といわれたゲリラ組織トゥパマロスで活動して
いて、何度も逮捕され、軍事政権が終わるまで13年近く
収監されていたという経歴もあります。
 
 
そのムヒカ前大統領の妻であるルシアさんもまた
ゲリラ組織トゥパマロスで活動していた同志であり
同じく13年近く収監されていました。
 
 
ルシアさんは元々裕福な家庭で育ったお嬢様でした。
そこからゲリラ組織→刑務所→国会議員→ファーストレディ
という、ジェットコースターの様な人生を送っている方なのです。
 
 
そのルシアさんに「どうしても会いたい!」と思い
インタビューをしに行った有川さん。
 
 
彼女もまた過去に50以上の仕事を経験している
波瀾万丈な人生を生きている方です → 
 
 
有川さんの生き方も
とても強くて美しいと思います。
 
 
そんな有川さんが強く惹かれた女性
ルシア・トポランスキー。
 
 
彼女の言葉は
強い信念と優しさに溢れています。
 
 
そして、私たち日本人が忘れてしまった大切なことを
思い出させてくれます。
 
 
ルシアさんはこの本の中で
 
「生きる意味を持ちなさい」
 
と、繰り返し繰り返しおっしゃっています。
 
 
「生きる意味」
 
 
ルシアさんの生きる意味は
「困っている人が、少しでもよくなるように」と
行動すること。
 
 
ルシアさんは「生きる意味」というのは
それぞれ自分で探さなければいけない。
それぞれの環境でそれぞれの生きる目的があるはず。
どんな人でも、どんな場所でも必ず生きる意味は
見つけられる。
 
 
とおっしゃっています。
 
 
「生きる意味」を考えるって
 
 
何か辛いことがあった時
人生の転機にある時
誰かに問いかけれた時
 
 
そんな時ではないかと思います。
 
 
人生順調、上手くいっている時って
 
 
「生きる意味」
 
 
を考えることってあまり無い気がします。
 
 
私が生きる意味を考える様になったのは
子ども二人を連れて離婚してからです。
 
 
辛くて悲しい日々。
 
 
子ども達を育てていかなくてはならないのに
自分に出来ることは何もない
自分は価値のない人間だと
思っていました。
 
 
私には何ができるのか
何ができるのか
何ができるのか
 
 
毎日考えました。
 
 
すると「今できること」をするしかないんだと
いう結論に達しました。
 
 
今、子ども達にご飯をつくること
今、目の前にいる人の話を聴くこと
今、自分の気持ちをブログに書くこと
 
 
私が「今」できることを丁寧に積み重ねていくこと。
できることしかできないから
そうやって生きていくしかないと思いました。
 
 
大きなことはできないけれど
それが私が存在する意味だろうと
今までずっと思って生きてきました。
 
 
それは今も変わりません。
 
 
 
近所の人と協力しあって
譲り合って
モノを大切にして質素に
家族を大切にして
生きること。
 
 
自分ができることを提供しあって
問題から逃げずに
自分が通る道に小さな種をまき
後から通る人がその花をみて笑顔になれるように
生きていくこと。
 
 
そんなことを語りかけてくれるルシアさん。
 
 
これらは全て
日本人が大切にしてきたことなのではないかと
思いました。
 
 
日本人が大切にしてきた日本人らしさ
いつから私たちは忘れてしまったのでしょう。
 
 
 
「自分さえ良ければいい」
 
 
だから
隣に住んでいる人も知らないし
面倒なことには巻き込まれたくないから
余計なことは言わないでおく。
 
 
良い面だけみて
悪い面にはフタをして見てみぬふり。
事なかれ主義で・・・
 
 
そんな生き方をしている人
増えている様に感じませんか?
 
 
今こそ日本人の良いところを思い出して
「忙しい、忙しい」
を見直して
 
 
愛のある幸せな生き方を
していきたいと
思わせてくれる本でした。
 
 
 
 
個人的に一番刺さった言葉が・・・
 
 
「一人じゃないということは、すばらしい」
 
「男と女は、一緒にいなきゃいけないのよ」
 
 
ということ。
 
 
出所してから30年。
片時もムヒカさんと離れずに
協力しあって尊重しあって生きてきたルシアさんだからこそ
言える一言で、本当にそうだよねと思うのです。
 
 
私もがんばろう。
 
 
もう少しゆっくり生き方を見直してみようと
思います!!
 
 
 
 
 
今日もあなたの幸せを願っています。
 
 
今日はこの曲で → 
 
 
 
 
 

ライン@はじめました。

色々なご質問にお答えしていきます。

 

そして、私はブログにレビューを書いていない本も実は

沢山あります。

そんな本のご紹介も時々したいと思います^^

 


友だち追加

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

中学・高校におけるキャリア教育を考える

「キャリア教育支援者養成講座」 基礎編

 

日時:9月2日(土)12:30-16:30

場所:台場フロンティアビル2階会議室

対象:どなたでも

料金:10,800円

 

お申込みはこちら → 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

中学・高校におけるキャリア教育を考える

「キャリア教育支援者養成講座」 応用編

 

日時:9月3日(日)12:30-17:30

場所:台場フロンティアビル2階会議室

対象:どなたでも

料金:21,600円

 

お申込みはこちら → 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

100年生きて60年働く時代をどう生きる?
「これからの人生をワクワク生きるために
知っておきたい10のこと」 in 岐阜


日時:9月10日(日) 13:00-16:00
場所:岐阜県可児市文化創造センター
http://www.kpac.or.jp/access/
料金:8,000円(メルマガ読者の方は6,000円)
   ※当日現金にてお支払い下さい
対象:どなたでも
 
お申込みはこちら →   満席

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

また会いたい!と思わせる「セルフプロデュース」講座 in 青森

日時:9月17日(日)18日(月祝)10:00-16:00
   ※2日間連続講座です
場所:リンクステーション青森 小会議室4
対象:女性限定
料金:40,000円
※通常54,000円のところ青森特別価格

 

お申込みはこちら → 





◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

Office Rinko メールマガジン → 


インスタはこちら → Instagramの