節分 | なかよしの森保育園

なかよしの森保育園

中野区にある認可保育園です
屋上にある畑や園の活動の様子をおしらせしていきます


テーマ:

本日から2月になりました。

昨日は冷え込み、雨が雪に変わっていましたね。

 

2月3日、日曜日は節分ということで、保育園でも節分の行事を行いました。

朝には、節分にはなぜ豆をまくのか、どうして鬼は豆が苦手なのか、という話に興味津々で耳を傾ける子ども達。

その話の最中には、「ほいくえんにも、おにくるのかな…?」「おにはそと、ふくはうち!ってやるんだよね」と、鬼が来るのでは、とそわそわしている子がいましたよ。

 

お昼前になると、お部屋の扉の外に何やら怪しい影が……。

見つけた子ども達は、ハッとした顔をして「おにだ~!!」と大はしゃぎ。

怖がる子どももいれば、お部屋に入れまいと一生懸命豆を模した新聞紙を投げる子もいました。

 

 

 

 

急いで保育者に助けを求める子ども達…

 

 

 

 

負けじと鬼を追い返す子ども達…。

とても頼もしかったです。

 

お昼ご飯では、子ども達の年の数に合わせた大豆やポップコーンを提供しましたよ。

意外にも大豆を嫌がる子どもは少なく、おかわりを求める子もいました。

 

反応は様々でしたが、みんなの中の鬼を綺麗に退治できたのではないでしょうか。

これからも健やかに、子ども達が育ってくれますように!

 
保育士 山田

なかよしの森の住人たちさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス