バス遠足★国立科学博物館 | なかよしの森保育園

なかよしの森保育園

中野区にある認可保育園です
屋上にある畑や園の活動の様子をおしらせしていきます


テーマ:

9月6日はバス遠足第2弾!!国立科学博物館に行ってきました。

行きのバスでは、朝の渋滞に巻き込まれ長旅となってしまいましたが、「まだつかないの~?」「ながーい!!」と口にしながらもお友だちとの会話を楽しみ賑やかな車内。中には「サッカーせんしゅになる!」「おれは、はくぶつかんのはかせ!」「わたしけいさつかん!」と将来の夢を聞かせてくれました。

 

上野公園に到着するとシートを広げ、みんなが楽しみにしていたお弁当の時間♪

自慢のお弁当を見せ合いっこしながらモリモリ食べ、みんな完食していましたよ!

 

そしていよいよ博物館へ。

子ども達がまず目にしたのは大きな恐竜の骨。

「うわー!おっきいー!せんせい、これほんもの?!」と驚いていました。

解説員の方に説明を受けると、「じゃあこっちはなに?」「これは?」と積極的に聞く子もいましたよ。

 

動物の剥製コーナーでは「いきてるの?」「いきてるけどかたまってるの?」と不思議そうに動物をじっと見つめ、疑問をぶつける子ども達。

カメラを手渡すと「かわいいのがいいなー」などと自分で動物を選んで撮り、子ども達が自主的に順番でカメラを使う姿も見られました!

 

化石コーナーでは「みてー!かせきだよ!!きてきてー!」と思わず走り出す子ども達。

恐竜が人気かと思っていた私たちでしたが、意外にも化石や隕石の方が人気でした。

 

最後は描写をする時間。

お友だちと一緒ではなくそれぞれが描きたいものの所へ行き、真剣に描いている姿がとてもたくましく、成長を感じました。

今回行けなかったフロアにも興味を示しており、「ママとパパとまたいきたい!」と好奇心旺盛な子ども達でした。

                                                                             保育士 鳥海

 

なかよしの森の住人たちさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス